2005/05/28

アヒル谷下段を歩く坪さん

 

最近野暮用を減らしたので、釣りに行ける機会が少し増えた事がうれしい。
減ったのではなく、意識的に減らしたのですよ。でも少し苦労したな。人に迷惑もかけたのだが、伸チャじゃないけれど、人生明日のことは分からないから。
 オイラ、釣りだけに限らず、音楽関係も含めてやりたいことが多すぎるんです。とかなんとか能書きが多いのは貧果の証。

 

5月28日() 「釣りに行ったら?」というありがたい女房の言葉にすぐさまライズして飛び出した。行き先は考えていなかったが、走りながらアヒルX谷の下段に決定した。


 現地到着は10時を過ぎていた。アヒル谷に入ってすぐに足跡を発見。ただ岩が濡れてはいないので、早朝かあるいはもう少し後だと希望的観測。最初の滝を高巻くともう後戻りは出来ない。すぐにアタックがあってアマゴが釣れた。20センチは超えていて天然らしくきれいな魚だった。これは期待できるかと釣り上がり、滝もいくつか超えていくがさっぱり反応がない。ただ緑と、滝の流れと、瀬音がすがすがしい。滝を3つほど高巻いたあたりか、続けて反応があり3尾ほど釣ったが、どれも15センチ以下のチビアマゴだった。

 更に滝をいくつか越えると見覚えのある景色になった。中段の少し下だ。
以前来た時はものすごく遠い気がしたが、今回は2回目でもあり、恐怖心も薄れたせいか意外とすんなり来てしまった気がする。
見慣れた中段も久しぶりに来たせいか、懐かしくも新鮮な風景だ。ここでイワナを一尾釣った。ヤマトらしい特徴を持っているが、背の白点が決定的に違っている。
時刻は午後1時半を回ったところで出渓地点まで来てしまった。この上を釣るという手もあるが、ものすごく腹が減っていて、ものすごく足が疲れていたので、
急坂をゼエゼエ言いながら上り、林道を30分以上も歩いて車へと戻った。

ここでやっと冷えたビールを飲むことが出来たが、いつもに増して「ンメー!」。

 

4時にはアヒル事務局へ帰り着き、オヤジさんとアヒル谷のあれこれを話しながらビールを飲んでいたのだが、睡魔が襲ってきたので家へ帰った。