2005/06/11

 

あくまでも滝を見に行くのが目的ですから・・・

 

6月11日() 予定では午前4時半に起きて午前5時半には、長良川で勝負。のはずだったけど、目覚ましを止めて30分寝てしまった。だって疲れているんだモン。

156号を走っていると、後続車はクリフさんだった。そのままポイントへ。と、そこには双子のパパさんの車がとまっていて、姿は見えないが、ラインが飛んでいるのが見えた。

 クリフさんは、これから高原川まで特急するらしい。事務局長は上のポイントを見て、単発だけどライズがあるので、勝負することにして、クリフさんと別れた。

 今日もフルラインの距離でライズしている。芝生でフルライン飛ばしても、現場では飛ばない。だいたい3割は落ちる。一番奥のライズは無理だけど、手前のヤツならなんとかなるかも・・。

 もう策は無く、気合だけでヤルしかない。と、今日は丸竹をやめてグラフアイトを持ち出しているのもその証拠だ。 ゆっくりと支度をしていると、土手をパパさんが手を振って通過していった。あちこち見てから、谷歩きへ行く。って言っていたね。

 雨が降ってきた。ライズは多少、増えてきて活発になったが、こっちの望みの近距離には来ない。

 魚が良型なんで、6Xで通すと決めていた。5Xが安心だけど・・・。とりあえず、前回、前々回の秘策フライを再度試すが全く駄目。たぶんうまく流れていないのが原因だろう。距離があるのでレーンをはずれているのが解らないんだと思う。見えないし・・・。フラットに見えてもヨレはある。

 そしてここのライズは7時半には終わってしまうのだ。それは前回、前々回も同じだった。

ナチュラルドリフトが困難なら、アトラクター的にちょっと追ってもらって・・・・をやるしかない。

 事務局長が一番信頼するのが、ブループロフェッサ。相性の問題だけだけど・・。なんかお助けフライになっている。それの14番のドライフックの巻いたのを、キャスト。しばらくは浮いていて位置が確認できる。修正しながら、一番近くでライズしたやつの近くへ持って行き、引っ張って、水面直下に入れて、鼻先を通過させる作戦。水面直下なんで、出ればライズもわかる。

 出た。6Xなんで、ズバッと合わせる。バシャバシャ・・・と水面で暴れて、ポンっと抜けて、さようなら・・・。3秒・・・。

 

バシャバシャ・ダンス

 

という新語ができてしまった・・・。トホホ。

 

  とまぁ、ここでプッツンして、もー、いいもんねー。近いうちに、なりふり構わず、7番か8番、いや、SHも持ってきて、とことん攻撃してやる。10番のダブルだって使うぞ。このやろー。ヘツドバッドもお見舞いしてやるぜ・・。といいつつロッドを片づけました。だってもう、ライズは終わったんだモン。

 

 今日の本当の目的は寒水の源流にある滝を見に行くこと。それは昨夜、オヤジ君と釣り場にある滝の話をしていて、オヤジ君が、そう言ったので見に行く事にしたのだ。だから滝のついでに釣りをしているというのだよ。ここの所、重要だから、メモしておくように。

 寒水はメジャーな渓流、雨も降っているし、さぞや餌釣り銀座だろうと思ったけど、釣り人は吉田川もふくめてまばらだった。部落の外れから寒水に入る。雨はずーと降っていて渇水の渓に潤いをもたらし、魚の活性もあがって、ドライフライにもウエットにもバンパン飛び出す。って事が本には書いてあると思いますが、全然。稚魚もでない。スレてまっせ。フライが木の枝にひっかかったので苦労して取ったら、人のフライだった。ダメダメ、取れるんだから取らなくてはダメよ。っていうのが2つあってフライのストックが増えた。

 雨が降っているので暗い。寒水の奥は森が深くて、晴天でも暗いのにさらに暗い。渓の写真を撮ろうと思うと、フラッシュが光るくらいだ。奥の奥ではクマも出るらしい。ちょっと、怖い・・・。

 それでも次のポイントがまた魅力的なんで、進んでしまう。やっと小さいのが反応し、そのあと2つ出たけど、何故か、かからなかった。バシャパシャダンスとキラキラダンス・・・。症候群?

 滝はもっと上なんだろうか?入るところを間違えたか?話と違うガヤ。オヤジ君・・・。なんか先へ進む気持ちが萎えて、小さな沢を見つけてそれをのぼって林道へ出る。沢の入り口の岩にヒメレンゲが咲いていた。久しぶりに見る。林道へあがったら、フタリシズカが楚々と咲いていた。

 

      

 

 時計を見たら10時半だったけど、もう、気持ち的には終了していた。ウェーダーを脱いで、帰り支度。朝の本流でライズが復活していたら、攻撃し、無ければ帰ろう・・・と思った。

 

最近、長いので 続 く が多いなぁ・・・