2005/07/03 

オラ的には奮戦

 

7月3日() 6月末まで続いた空梅雨・超渇水に終止符が打たれた。例年だと梅雨時の増水によってサツキマスやら、ノボリアマゴがやってくるんだけど、長良川本流はマイナス60pなんていう前代未聞の渇水だったから、遡上が遅れてしまった。これで魚が動くぞ。って思っていたら、メダカ釣具店のHPに、サツキマスやら、本流アマゴやらが釣れたという記事をみた。

 本来、事務局長さんの今年のスペイロッドっていうのは、梅雨時の増水によって遡上するサツキマスやら本流アマゴを狙いながらオイラも遡上する。っていう壮大な計画だったんだけど・・・。超渇水と、技術の無さで、こっちも停滞してしまっていた。

 

 一挙に一時、2メートル増水したけど、プラス30p程度に収まっている土曜日。出勤したけど3時にゃ帰り、ラストポープへ行ってフックとフロロリーダーを買う。スペイで釣りたい。スペイで釣ったら記念にリール買うんじゃ。別にサツキマスという図々しいことは言わないよ。とりあえず本流アマゴでいい。できれば30pくらいあるとうれしいけど・・・。おいらのスペイはフローティングラインだから、ちょっと沈めるにはつらいかな?だったらフロロリーダーを使って長目のドリフトして少しでも沈めようという魂胆。実際に沈むかどうかわからんけど。

 で、シンノスケちゃんに、「なにを巻こうかなぁ・・・」って言ったら、「シルバーマーチブラウンでいいんでないの?」って、言われた。オラ的には、カネマラブッラックっていうヤツにしようか?と思っていたけど、なんかシルバーマーチでいいような気がしてきて、それを5つスリムに巻いて寝た。とりあえずスペイロッドとシングルのシューティングロッドおよび、ダブルのシューティングロッドと飛び道具を積み込んで明日は出発だぁ〜。

 

 まー早く行っても同じだろう・・・って言い訳して、当日、午前7時半に出発。高鷲の親類宅に用事を言いつけられて、とりあえず高鷲まで行く。美濃市で見た長良川は、ささ濁り。アユ釣師もいない。ずーと北上して八幡を過ぎると水の色も随分と落ち着いてきて大和あたりでは、鮎釣りもやっていた。白鳥、高鷲の上流地区では水の引きも早いので、鮎釣りもけっこう入っていたけど、コケが流されているようで、あまりいい状況とはいえないなぁ。

 高鷲の親類宅で用事を済ませ、白鳥の掛け軸さんの工房へ。掛け軸さんに注文してあった、掛け軸を頂く。(お安くしてもらってありがとうございました) とりあえず、自家焙煎のコーヒーを頂いて、ちょっとお喋り。気がついたら11時になっていた。「あっあかん・・・なんか、もー、どーでもよくなってきているがや・・・ ま、まずい・・」と自分を叱咤し、「おーし・・・」と気合いを入れて越佐へ行く。そこは鮎釣りとマス狙いの人達でポイントは占領されていた。だって増水しているから、アユ釣師も荒瀬に入れないし、タポッとしているところは誰もねらい目だと思うし・・・。

 越佐から大島、上万場と下って見る。梅雨前線は昼から北上するから、もたもたしていると雨になる。現に、小雨が降ってきているし・・・。まっ、まずいぜ。

 でも朝から入っているアユ釣師は、釣れないのか川からあがりだして、空いている所も出てきた。こちとら、ダウン&アクロスの釣りだから、所々にアユ釣師がいるとやりにくいんだよね。

大和町の梨園あたりでウェーダーはいて、スペイロッドセットして、フロロリーダー付けて、シルバーマーチブラウンつけて、やっとこせ準備完了。スペイ振ったのはいつだったけ?また飛ばないだろう・・・と思っていたけど、なんとかなった。よかった。なるべく沈むように対岸に投げて、メンデイングしてナチュラルに流し、沈んだ頃に張ってこっちへターン?でいいかなぁ。

 そのうち、コンとアタリがあった。この水で根掛かりや石にこすれるなんて事はないから、たぶん魚だろう。でも小さかったな。そのあとは全然無し。

最初は出来ていたシングルスネークロールキャスト(なんて長い名前だ。打つのにめんどくせー)は後半になって、メチャクチャになってしまい、なんか収拾がつかなくなってしまった。

 

 場所替えとロッド替えだぁ。もう一度大島付近に戻って、パン食べながら、あそこ・・・・かな?って目を付けた所へ行く。ロッドは7番のシングルのシューティングロッドに変更。ヘッドはタイプ2にした。フライはそのままシルバーマーチブラウン。運がよかったのか、数投目で、「ゴン」って来て、水中キラキラダンス。釣れたのは25p程度のアマゴちゃん。もう少し大きいのがいいけど、まーいいや。っていうが、メチヤクチャうれしいガヤ。ふん、フン。オラだってやればできるんだぞぉ〜。

 このアマゴで満足してしまった。修繕したウェーダーはこの増水の高水圧で普段は気にならないようなピンホールから多量の水漏れを起こしているみたいで、なんか嫌な感じだし、本格的に雨も近いから帰るとするか。

 

 帰り道。相戸やら三日市へ寄る。今までの渇水時に、オイラをもて遊んだ悪い魚がいるんだよ。まー、増水したし現に今も増水しているから、もう移動してしまったろうし、まだ残っていたとしても、こんな中でライズなんて無いだろうが、ひよっとしてって事もある。と、三日市を見たら、なんとウッピーさんがお忍びで来ていて、ウッピーさんお立ち岩で仁王立ちしてライズないかと見張りをしていた。メールでは、釣具屋巡りをしているみたいな事を返信してきたが、こういう事か。だが、橋を通過した事務局長の車に気がついたか、その前に、「おいらは八幡」って打ったのが効いたのか、「どこかライズないか?」て自白してきました。で、「あるわけねーだろ」って返してやると、しかたないから帰る・・・って。その後、事務局にも現れず沈黙してます。