2005/08/15

おもいきって行く・・・3  山本鱒師編

 

 8月15日() マス釣り行かないの?今期は30日は釣行するって解禁日に宣言したのに・・・と、言われてますが、休みの日はクタクタで、それを押してでも行こうという気力がないという山本鱒師。それに今年はマスが例年になく不漁だから・・・。

 

 しかし、弟子の山田伸チャが、こっそりと出撃していると聞き、これではあかん・・ 1回くらい出撃せねば・・・と、15日、午前3時に出発。めざすは吉田川の神谷堰堤。でもあっちは天候不安定で、雨が降るやもしれん。と思ったら、カッパを持ってくるのを忘れた。愛岐大橋まで来ていたが、また自宅に戻る。

 八幡の田中釣り具で寄り道し、コンビニで弁当を買って、チョット時間がかかったけど、午前5時に神谷堰堤に到着。やっぱり小雨が降っていた。常連の小牧の凄腕さんが来ていた。今年の不漁の中でもすでに5本以上は釣っているらしい。サスガ・・・。

 事務局長に、またユンボが入って何かしたらしい。と聞いていたが、帯堤防の中にあった大石を出してしまったようで、小牧の凄腕氏いわく、これでは、大岩魚の隠れるところが無くなってしまった・・。と嘆いていた。ここは大岩魚のたまり場だったのである。

 

 ミミズで10時くらいまで粘って、15pの稚魚アマゴを2匹という結果。小牧の凄腕氏は、尺アマゴをヒットさせていた。サスガ。

 

 そのあと、稲荷橋のトンネルを通って、亀尾島の田口の堰堤へ行く。山田伸チャが、「田口の堰堤の中にあったテトラが全部出てしまっていて、かわりに砂が入り、変わってしまった」と言っていたのを確認しに行く。

 外に出ている十字テトラはかつてプールの中にあって、魚の隠れ場所、ツキ場所になっていた。代わりにプールの中は砂だらけになってしまい、これでは・・・という感じ。重機が入らなければ、テトラは出せないと思うので、これは大水でテトラが巻き上げられて外に出たのであろうか?だとしたら、すごい・・・。事務局に報告にと、デジカメする。

 午後5時過ぎに事務局へ行くと、ダック鈴木が、事務局長と飲んだくれていたので、報告して帰りました。