2005/08/28

たそがれる、チーム・アヒル・アユ

 

 8月28日() 午後4時に千疋にやってきたのはダック鈴木とウッヒー吉田のチーム・アヒル・アユ。なんで、今頃、出てくるの?

 自称、オラは上手。っていう程度のウデだし、だいたい朝からやっても、釣れるのは午後3時を過ぎたあたりなんで、バカでも学習したらしく、だったら午後3時から行けばいい・・・。オラって天才?と思ったらしいが、だいたい、グズでノロで行き当たりバッタリで、いいかげんなお方達なので、前日、オラ午後3時から千疋に行く。って決めたと思うが、実際、オトリを買って実釣しだしたのは午後4時だった・・・という事だろう。

 

 DU&SZの一色での夏期講習の先生をやってきた事務局長が、まー、どうせヒマだからちっょと寄って見てやろう。ってんで、千疋へ。

 156号を白鳥から見ながら下った事務局長。本日はとっても、鮎釣り大盛況で、どこの専用区も、人でいっぱいだったし、よく釣れているみたいだった。

 ところが、千疋に到着すると、チーム・アヒル・アユのダック鈴木名人と、ウッピー吉田アユ飛ばし名人、そして上流に2名の計4名様の閑古鳥状態でした。

 

何故、ここだけ、人がいないの?

 

上流はあんなに大盛況だったのに・・・。

 

答えは簡単。

 

釣れないから人気無いのです。

 

平水よりちっょと高め。アユが入らない。ってダック鈴木さん、腰から黒いキビダンコを出して、くっつけます。オモリを噛まして強引にアユを入れようとしました。

 

しばらくして、オモリがひっかかってしまいました。

 

おてあげー。

 

かんしゃく起こして、「まー、やめだがや〜」

 

下流を見ると、ウッピー吉田。オトリの操作がヘタクソなので、弱ってしまい先の強い流れに入れると流されてしまいます。で、手前の2.3メートルを泳がせている。

 

うっぴーさん、オトリが・・・チーム・アヒル・アユ、たそがれてます。

 

 ヒマだったから、タルカスさんに、チーム・アヒル・アユのバカ2名、たそがれてます。と打電。

しばらくすると、タルカスさんから、「千疋ってオモリ付けなきゃはいらないようなところだった?」と返信されました。

 そーなのよ、昨年の大水害で、どうも底が変わってしまったようで、ドーと水面から川底まで流れが同じ、つまり用水路のようになってしまったようです。

 それでか、どうだかしらないけど、アユが着かなくなったのか、千疋は釣れなくなって、人気もなくなった・・・・という事みたいです。まー、あくまでも予想なんですけど・・・。

 

という事で、「オラのうでのせいではない」って、泣きながら帰っていったそうです。