2005/08/28 

伸チャ、幻の巨大魚?を見る???

 

 8月28日() 酒はやめれないが、タバコはキッパリやめた。浮いたお金で(浮くということを前提としたお金)、本流長竿を購入したのは春にお伝えしたとおり。

 大した魚も釣っていない。(昔の伸チャから見れば、すんげー進歩したと思うが、本人はそうは思っていないようだ) やっぱり狙うはサツキマス、もしくはそれに匹敵するようなお魚だ。

 当日、午前3時に出発し、コンビニやら釣具屋らに寄って、夜明けに亀尾島川の田口堰堤に到着。テトラが出てしまって変わってしまった・・・・うんぬん。とは聞いたけど、はじめてサツキマスを釣ったところなので、やっぱり足が向いてしまうのでしょう。

 田口堰堤では、まっとうな魚は釣れず、前回、地元のおじさんに下流にある淵とそこへのアプローチを教えてもらったので行ってみる。

 

この下流のどこかに幻の45pがいるのか?

 

 左岸をずーと、用水路が通っている。それに降りて少し下る。対岸にぶつかった流れが、こっち側へ戻ってくるところに、大岩があってポイントになっている。

 そこで25pか26pくらいのアマゴをヒットさせた。当日、水が30p程高く、押しが強い。流芯に入ったアマゴは流れと相まって、なかなか寄せれない。とは本人の談話。最近、ヤマダ文学レポがないので、事務局長がインタビューして、こうして記事にしている。まー、それはいいけど。

 その25pだか26pだかを取り込んでいる時なのか、どうなのか忘れたが、ふと見ると流れを横切って、ローリングした魚は、とてつもなく巨大で、45pあった・・・・。

興奮した伸チャは、越佐堰堤へ向かう。

おいおい、神谷堰堤だろ?と思ったけど、越佐で時々、サツキマスが上がっているからだろう。

でも、伸チャが到着した時分は、すでにマス釣りは終わっていて、鮎釣りだらけになっていた。しかたないのでご帰宅となった。

 

45pの巨体魚で興奮している伸チャは、師匠格である山本鱒師へ直電。ちょうど、その時、山本鱒師は、神谷堰堤から帰ってきて事務局で缶ビール呑んでいた。また同日、鷲見川へ行っていたけど、これまた事務局にて缶ビールを飲んでいる坪さんがいた。

 

また、事務局長もほどなくしてDU,SZの夏期講習を終えて帰還したところであった。

 

「今、携帯で、なんでも、伸チャが亀尾島川で45pのアマゴを見たってさ」山本鱒師

「へ〜?、それは山椒魚っていうヤツだよな、きっと」事務局長

「ところで、なんで45pってわかる?頭にオレは45pですって書いてあったのか?」

 

といって笑いながら、伸チャをツマミにしてまた飲んだ。