2005/08/28

チョイと行ってみようか by 坪

 

 8月28日() 少し涼しくなってきて、やっとひどい冷房病もピークを越えたようだ。足のむくみや抜けるようなだるさもちょっぴり軽くなってきた。夏の間ほとんど釣りにも行かなかったが、こうなるとチョイと行ってみようかという気にもなる。
 朝8時には出かけようかと思っていたのだが、お宮掃除の当番であったことを思い出してしまった。逃げようかとも思ったが、「神様のご加護で35pなーんてこともあるかも」等の邪な(へー、よこしまってこう変換されるんだ)心も共に清掃してから出かけた。

 今年一度も行っていないホームリバーの鷲見川の本流へ行くことにして高速を使い、現地到着は10時半。途中の道路での温度表示は25℃だった。ススキの穂がもう出ていたが、川に降りると吹く風にも確かに秋の気配がある。以前、何度も降りた場所から入ったのだが、渓相が一変していて驚いた。大出水後に大規模な補修がされたようで別の川へ来たみたいだった。

 黒いウエットで釣り始めた。
ほとんど反応がなかったが、木が覆い被さるような場所へ来てから、最初の一匹が釣れた。
 20p有るか無しかだが、パーマークのきれいなアマゴだ。落ち込みへキャストしてスラックを取っていたらクンと引っ張られた。言いたくないトホホなわけがあって写真は無し。ストマックを見たらブナ虫のようなものが入っていたので、以前巻いてあったブナ虫フライに替えたらこれが大当たり。
上がるまでに20p以上だけだと3匹、15〜6pのも入れたら10匹以上釣ることができた。この中には調子に乗ってイエローサブで釣ったアマゴも入っている。ブナ虫は真夏のものかと思っていたが、木からぶら下がっている奴を見たので、まだ魚にアピールしているようだ。

 昼ご飯を食べ、当然ビールを飲み一休みしたら2時になっていた。もう少しだけ釣るつもりで、更に上流へ入り、堰堤まで釣り上がった。ここではプードルを使ったが、チビばかりが掛かって、まともなサイズは釣れなかった。
 道へ上がった頃には、膝はガクガク、腿はパンパンになっていた。体力の衰えをヒシヒシと感じる事が悲しい。


 時刻はまだ3時半だったが、もう十分だったので下道を使って事務局まで走った。
事務局にはいると山本鱒師が居たが、誰かと電話中だ。話の端々からどうやら相手は山田伸チャと察した。
サツキねらいであちこち行ったようだが、「25pのアマゴを釣ったと坪に伝えておいてくれ。」と言って電話を切ったらしい。フン、偉そうに。まあ一匹だけでも釣るようになっただけ伸チャも成長した訳か。
おまけに45pのアマゴが跳ねたとか山本鱒師に言ったらしいが、アマゴの頭に45pとでも書いてあったのかねー?ちょうど返ってきた事務局長共々、どうせオオサンショウウオでも見たんだろうという話になって、大笑いで一日を終了した。