土京川へ・・・

 

4月9日() 今日は坪さんと、土京川へ行く事にした。この時期はだいたい本流のプールでライズ待ちなのだが、それはウッピーに任せて、珍しくドライフライを使っての早春の釣り上がりナノダ。

 鮎釣りで使う5号の掛け針にアイをつけてプードルフライのようなフックになってパラシュートを巻いた。鮎針5号は細くて、軽量フック。ハックルもぱらりと巻いてご満悦な事務局長さんは、作ったら試したい・・・という事で坪さんを誘ったわけだ。

 前日に土京川によく行く掛け軸さんに、「どっから入るの?」っていうメールを送りつけて場所を聞き出してそこへ行く。まぁ、部落の端っぽ。事務局長は大昔、アルツ石川と2.3回は来ていると思うが、全然記憶がない。坪さんは初めての川で、なーんか、いいことが起こりそうな気がするが、いかに?

 

 思っていたよりもいい川だった。部落のあたりは開けたところもあるが、そこから上流、小川峠に向かっている土京川は、山岳渓流の雰囲気で、どことなく、林谷に似ている。掛け軸さんが、惚れ込むわけですな。

 まぁ、15〜17pの美形アマゴが2.3匹は釣れるでしょう。という算段だったけど、実際は、全く出ない。反応無し。水温は7度から8度と、ちょっと低い。少し水も増えているみたいだし、底に沈んでいるのか、魚影が薄いのか?と、悩む午前10時頃。晴天なれど冷たい風が前方より吹き抜けていく。風にあおられて、フライは狙ったところよりはるかに手前で落ちる。これでは新作フライのお試し会にならないでないの?でもなんとなく、浮きがよいというか沈みにくいみたいな気がする。くれぐれも気がするんで、そこのところよろしく。

 

 次の橋までいって何も出なきゃ上がりましょう。と言ったら、次の橋手前で、やっとこせ坪さんにチビアマゴらしきお魚がアタック。気温も上昇したのか、ナミヒラタらしいきハッチも見られるし、ムシムシも飛んでいる。こりゃ、釣れるかも?とそのまま橋を通り過ぎる。

 50メートルほどいったら待望の一匹が坪さんのアダムス・パラシュートに食らいついた。まぁ17センチっていうところか。土京の初物なんだから、小さくても一応デジカメしてね。と坪さんに言い残して、事務局長は「こんどはオラに・・・」と先へ行く。すぐに事務局長さんにも魚が出るが、早合わせで失敗。なんてこったい。

 でもまぁ、これから釣れるんだろう・・・と坪さんと進むが全然出ない。午後1時過ぎて、さすがに腹も減ったし缶ビールも待ち遠しい。ってんで中止。オイラ達はアヒル倶楽部なんで、カロリーメイト食べながらロッド振り振り。なんて芸当はできねーんだよ。

 

 林道に上がって車へ戻る。結構な距離(アヒル倶楽部の連中にしてはという意味で)を釣り上がっていた。道すがら、「ウッピー吉田が、どこでちゅか?釣れまちゅか?っていうメールをよこしているだろう・・」っていいながら戻って、車内の携帯を見ると、まさにソレは来ていたし、内容も同じで、笑ってしまった。本人はどこにいるとも書いてないが、たぶん本流でライズ待ちでもしながらビール飲んでいるのだろう。毎年同じだから手に取るように、わかるのだ。

 

 車を移動させて出渓地点に行き、コンビニで買った冷凍ウドンを暖めながら缶ビールを飲み、グツグツと出来上がって、ハフハフしながら、缶ビールを飲んで至福の時を過ごす。午前に釣った坪さんのアマゴの画像は?というと、これがデジカメ不調というかどうも壊れたようで、何も写っていないし、もう何も写らない・・・。これではHPに土京のアマゴの写真が載せれないでないの? じゃあ、もう一度釣らないとね。

 

 上流部は岩盤の渓相で川幅も狭く、深い淵があったりして、林谷の雰囲気。渓相はAクラスだが、全く出ない。午後3時までがんばるが、釣れずに終わる。途中、枝谷が滝になって落ちているのを見た事務局長は、ひとり撮影会をしました。それと、小さいけど鹿の角を拾いました。あとボタンネコノメソウっていう花を見ました。(初認)

 

 じゃあどうする?っという話になって、帰り道に、西和良の鹿倉川にでも寄りましょう。そうしましょう。てんで、鹿倉川へ。土京の上流で懲りたので、昼間部の亀島橋くらいから入る。が、川底ヌルヌルの青々で、おまけに外道も出なくて、ちょうど、低い水取堰堤に来たから、区切りがよい。と、30分ほどで嫌になり撤退。

 

 じゃあ、長良川の本流でも、見ながら帰りますか?そうしましょう。

 

 で、長良川本流を見ながら行くと、なーんか見たことのあるような車が、それも2.3台。クリフさんに、スズケンさんに、ウッピー吉田に、Kくん・・・・。顔見知りばかりが竿を出していました。

 

この続きは、次回の、ウッピー吉田のしあわせはクリフさんのおかげ?編で・・・