午前3時の出陣、敵は西洞にあり

 

ちっともレポを出さない伸チャと坪さんなので、事務局が勝手にレポにします。

 

5月3日() 伸チャが、「おい坪さん、魚釣りに行こうぜ」と言ったとか・・・。

で、伸チャは餌釣りで、ダイナミックな渓相を好む。なおかつ伸チャの新兵器の9メートルの長竿が使えるところ・・・・という事で、長良川の上流、ひるがのにあがっていく156号の眼下に見えるいかにも渓相がよいというところ。通称、西洞の川にしたのは坪さん。

 伸チャは、朝早く行きたいらしい。そんでもってGWなんで、一番乗りしないと、どこも入るところが無くなってしまう。という不安があるようだ。

で・・・・

 

「坪さん、午前3時に出発だぁ〜」    と、燃えている。

「・・・・・」   しかたねぇなぁ〜と坪さん。

で、予定通り3時に出発して、5時に到着して、急いで支度をして入渓。

 

が・・・

 

そんなもん、放射冷却でえらく冷えた朝。雪代は真っ最中。伸チャのミミズやブドウムシにも、全くアタリがない。餌釣りでアタリがないよーなクソ寒い時に、ドライフライに出るなんて事は、まず無いわね。

10日後の西洞の川。新緑がきれい・・・・いかにも釣れそうだけど・・・

 

ビリウチ谷の出会いまで行くという計画だったけど、あまりの寒さと、アタリの無さと、雪代水で増水で、途中で断念。落胆しつつ引き返す。

 引き返して、寒いがとりあえずビールなど飲む。これはアタリの無さとか、寒さとか、雪代とかには関係はないようで、パコパコと出るようだ。

 

 どこへ行こうか・・・。やっと気温も上がりだしたし・・・。と、やまぴこロードをアテもなく下る。牛道川の横にあるドライブインのようなところで、タコヤキだったか、フランクフルトだったかを食べる。

「釣れましたか・・・・?」

と声を掛けられる。そういえば、釣りの格好をしているから、釣師に目をつけられるのだ。

「いいえ、全然ダメです」

と、正直に白状すると、「やっぱり?、実は私も朝から・・・・ウンヌン」

と、同類哀れむ状態。っていうのを2.3匹、ヒットしてから、156号へ降りる。

 

掛け軸さんの前を見たら、事務局長のお車がとまっていたので、とりあえずご挨拶に出向く。事務局長は掛け軸焙煎のコーヒーを頂いて、まったりとしておられた。

今朝の事を話すと、掛け軸さんが哀れに思い、「どこそこへ行って、山菜でも採られたらいかがですか?」と、やさしくケアしてくれたので、そこへ行ってコンテツやタラメを頂く。

 

 その後、伸チャが、「お腹が痛い・・・・」というので、「冷えたのだろう・・・」と、大和町の温泉だったか、高鷲の湯平温泉だったかに浸かって、ちょっとふやける。

 

 その後、伸チャの腹痛は治ったが、まぁ、釣りもどうでもよくなって、帰路についたそうな。めでたし、めでたし。

 

アヒル倶楽部事務局コメント

まっ、そんなもんですな。余談ですが、伸チャはGWの前にも3連投。仕事そっちのけで海、山と走り回る。おかげで納期に赤信号。親会社に叱られてしまい、女房殿にも叱られて・・・・だが、そんな事はお構いなし。がんばれ〜。我らが伸チャ・・・。