2006/07/23

坪レポ

 

7月23日() 久しぶりに釣りに出かけた。
最近体がだるくてグズグズしていたが、川でも歩いたら足が軽くなるかも知れないと思ったのだった。
朝早いのは無理なので、出発は8時少し前。アヒル谷へ着いてみると、中段には既に車があったので上段へ。
まず堰堤下プールに投げてみるが反応無し。しかも「アッチャー!!」真新しい足跡有り。
今更場所替えも面倒なので、続行した。フライはEHCの夏バージョンだ。
意外と反応が良く、すぐに結構大きなイワナがかかったが、ネットイン直前にバラシた。
やはり長雨で餌を食っていなかったようだ。
そのすぐ先で今度はアマゴ。こいつは無事にネットイン。18p程かな?
写真を撮るほどのサイズでもないのですぐにリリース。
先行者はあったようだが、蜘蛛の巣の残っているところもあって、
そうしたポイントではアタックもある。
足が弱っているせいか足下がおぼつかない。
如何にもというポイントがあり、そっと除いてみると大きな魚が定位している。
時々ユラユラとして捕食しているようだ。
まずドライを流してみた。
スーッと寄ってきたが、つつきもせずに帰って行った。
黒っぽいウエットにしてみた。
やや増水で流れがいつもより速いせいか、中層に定位した魚へうまく流せない。
「くっそー、釣っちゃる!」と意気込んで、ビーズヘッドのハーズイヤーニンフを結びキャストした。
ポチャンと入った瞬間、あっという間に逃げられ見えなくなってしまった。
その後も反応は良く、25pのイワナをはじめ20センチ台のアマゴやイワナ4匹を含めて、
15〜6匹は釣ったと思う。

 


川から上がると2時近くになっており、普段よりずいぶん時間がかかった事になる。
足が痙りそうになっていたので、温泉に入り、ビールとざるそばで締めて帰路についた。