2006/08/05 

 

アルツ石川、今期、最初で最後の釣行

 

8月5日() アルツ石川にちょっと頼み事をしたので、そのお礼に釣りに連れて行ってやることにした。去年もシーズン、1回の釣行だったようだ・・・。コオイムシは悲しいらしい。

 

午前6時に出発。とりあえず一色川へ行くことにした。渓相がきれい。林道がすぐ横で入渓・出渓がしやすい。とりあえず魚もいる。と、まぁ、安楽な我らにはもってこいなのだ。

 

ちゃんと午前6時にやってきたアルツ石川を乗っけて、156号を北上。車内では毎度の会社の悪口を言い、気がつけば牧戸だった。半野田商店で日釣り券を買い、一色川へ。

 

去年も思ったけど、さらに埋まった感がある。ちょっと渇水しているけど、それでも昔の面影は無し・・・。娘時代に美しかったあの女性が・・・。こんなんになっちまった・・・・という感じだ。

 

空いている所で適当に入渓。入渓してすぐに下流へ釣り下るというアルツのクセは昔と同じで、ちょっと笑った

 

昔と変わったのは、精力的に釣っていた頃、彼は、おかまいなしにドンドン進んでいったけど、今回、ちょっと先行すると、事務局長を待っていた。ちょっと、かわいい・・。と思う。

 

おめ〜も丸くなったもんだ・・・      体型も・・・・な。すると

 

「あつい。あつい」

 

と、のたまう。おめ〜、毎日、涼しいところで仕事してんだ・・・。オラの灼熱地獄の仕事場と比べたら、ここ一色川は涼しくって極楽だよ。と思う。

 

釣果はというと、17pから23pくらいのが5.6匹。もっと釣れると思ったけど、まぁ、こんなもんでっしゃろ。魚が薄いエリアと濃いエリアがあって、1匹釣れると、そのあたりて、パタパタと釣れたり反応する。フライは10番のカディスを使った。16番のアントも使ったけど、大差なかったと思う。ただやはりプレッシャーは高いので、極力、低姿勢。ラインをポイントの上で振らない、ラインやリーダーをフィールディングレーンに落とさない・・・など、注意を払う必要はあった。

 

 

 もうすぐお昼、先行していたアルツ石川が何気なく投げたフライに尺越えと思われるイワナが出たけど、切れてしまった。岩盤帯で、岩の切れ目のような小さいポイントだった。こんなところに尺?という場所だったので、と、言い訳などする。

 

フライもなくなったし、腹も減ったのでここでやめる。

 

今回は接待なので、炭火焼きニョロニョロをご馳走してやる。久しぶりに食べる柳家のニョロニョロに、びどく感激しているアルツ石川だった。ちなみにニョロニョロという名は、こいつがつけたのだ。

 

午後はどうしましょうか?とお客さんに聞くと、「小さいのはつまらん・・本流で大きいのをやりたい」などと言う。こういう身の程知らずのところは、昔と一緒。

 しかしまぁ、ドッピーカンの渇水の本流、午後2時前なんてーのは、何が釣れるのでっしゃろか?昔の高原なら、ドッピーカンの川原地獄を歩いても・・・ラッキーが・・・今は知らんけど・・・。この埋まっちゃった庄川の牧戸で何するの?オニーチャンだちが泳いでいるよ。

鮎釣りもいるし・・・。

 

と現実を知ったので、帰ことにしました。