2006/08/06

 

午後からだましあい

 

8月6日() まぁ、毎度の長い話だけど・・・釣りの話はチョッピリだけ・・

 

本当は夜明けに長良川は白鳥あたりの本流で表層をスイング・スイング。やる気のあるヤツは食ってこい。というのをヤルと心に決めて、スイング・スイング、クネクネっていうようなフライなど4つ作って、早く寝よう。としていたが、スイング・ガールズなんていう映画がTVでやっているのを見てしまい、

「ジャズもストリーマーも、スイングしなきゃ意味がない・・・」などと、言っていたら1時になってしまった。

 

目覚ましは止めてあるが、誰が止めたのだろう・・・・????と、いいつつ午前8時。今日もすでにギラギラ太陽、セミはミンミンと朝っぱらから、うるさい。こんなもん、今から行っても意味がねぇ。と、朝っぱらからクーラーかけて、くだらねぇTVをダラダラと見たり、あれこれと、やっているうちに、昼になっちまった。

本流は無理だけど、こう暑いと渓流へでも避難しようか?と思う。んじゃぁ、午後2時頃から出て、寒水の奥の滝でもデジカメしに行こう・・・。でもまだ、2時にはチト早いな。

 

どれどれ、退屈だから、ちょっとさぐりのメールでも入れてやろ。坪さんはどうも、外出のようだ。どーせ、女房孝行で、板取の観光ヤナにでも行ってんだろう・・・。まぁ、昼飯食べて、板取温泉、もしくは、そのままご帰宅ってところか。

 

ウッピー吉田にメールしよう。石徹白にでも内緒釣行しているかもしれん。

「石徹白でちゅか〜?」 と打つと、

「そーいう、あんたは、どこでちゅか?」 とライズした。

「おうちでちゅ。夜明けに本流やろうと思ったけど寝てしまった。石徹白は涼しい?水ある?人は多い?今から行ってもいいですか?」 と、エサをまいてやった。

「石徹白は涼しいかな?、水はあるかな?人もいるかな?今からでもいいよ。ウッピーは下のプールにいるよ」

と返信が来た。

釣れた・・・・。

こいつは石徹白にはいない。下のプールというのは、ウッピーがよく行く、小牧市民プールの事だろう。ふふふ。でも、再度の確認で、

「下のプールっていうのは、福井県に入ったところ?」

と、まだだまされたフリをして、メールを打ってやった。これで返信がなければ、ウッピーは石徹白にはいない。要するに、石徹白は自宅あたりよりかは涼しいかな?水は干上がってしまうことはないので、あるかな?当然、釣り人もデイ・キャンパーもいるから、人もいる。下のプールは何も石徹白のプールとは言っていない・・・とあとで、屁理屈並べるための、こじつけなのだ。

当然、下のプールは福井県?の問い合わせには、どうやっても答えられないので、音信不通になった。

 

こんなことをして遊んでいたら、午後2時になり、気温も35°を突破したので、寒水の奥へ疎開することにした。関市あたりで、今度はダック鈴木にメールする。

こいつは、白鳥で友釣りをして、後ろの川原で炭をおこして待っている事務局長に、嫌というほど、アユを飛ばしてやる。という約束を週始めにしたが、その後、音信不通になった経緯がある。その時のメールは大切に保管してある。「飛ばしてやるがや、まかせとけ」などと、ほざいていたが、木曜日・金曜日あたりから、音信不通になった。

 

「うそつき」と打つと、返事が返ってきた。なんでも須原神社の下流の橋のあたりで、友釣りをしていて、飛ばしているとの事。で、そっちに向かう。というと、何故か音信不通になった。ダック鈴木がいるという現場も見たが、それらしき、悪いアヒルは見あたらなかった。

 

あー面白かった。と、言いつつ寒水へ向かう。八幡では気温35°だったけど、寒水の奥では30°だった。ダラダラとした先行車のおかげでたっぷり2時間かかってしまい、現地到着は午後4時を過ぎていた。あちこちでヒグラシが鳴いている。もう釣り人もいない。朝は誰か入渓しただろうね。まぁ、こう暑いと夕方になっても釣れるなんて思っちゃいないです。

 

デジカメする滝は林道からでも確認できて、滝の手前に強引に降りた。それから、5.6枚写真に納めたけど、流木やら倒れた木やらがあって、せっかくの滝に邪魔なモノが映り込んで、ちょっと不満だけど、のこぎり持って切りに行く事も出来ないので、しかたなし。落差は2.3メートルと低い。ちょっと渇水なので迫力もないな。ても、寒水の滝、ゲットだぜ〜。ピカチュー

 

滝を越えて林道の橋まで釣る事にした。どうせ釣れないだろうから、10番のブナムシタイプのフライを使う。ちっこいアマゴが飛びつくけど、かからない。食べていないみたい。リアクション・ライズってやつ。フライが大きいか?と思うけど、10番でも釣れるときは釣れるから、それは問題ではないね。ちなみに18番のアントなんてーのもやってみたけど、同じく、リアクション・ライズだし、皆が使うからなのか、反応が悪い悪い・・・。まっ、それでも2.3匹、メザシのようなアマゴを釣る。

 

 出渓地点までもう少しというところにある、タルちゃんポイント。ここは必ず出るところ。

まぁ、ここで、奇跡的に、まともにデジカメできるようなアマゴがヒットしたけど、皮一枚でのやり取りは、ネットイン手前で帰って行きました。

 

時刻は午後6時チッョト前。反応は相変わらず・・・。こうなると夜明け前、一瞬がチャンスなのかも。それは起きられないから無理なのよ。

祠のある橋まで来たので、終わりとする。まっ、涼しかったから、「よし」とします。

 

そのあと、今後の計画の偵察をして午後7時に帰路につきました。