2006/08/13

 

阿多岐の滝を見に行く

 

8月13日() お盆休みです。毎年お盆に釣りに行っても釣れないです。それにこのところ渇水だし・・・。でも、連日37°はチト堪えるし、せっかくの休みにどこへも行かないというのも悲しいし・・・と、言うことで、阿多岐の滝をデジカメしに行くことにしました。

 前々回に一の滝は目的を果たしましたが、二の滝は未完のままです。これを撮しに行こう。でも一人は寂しいし心細い。だって阿多岐の奥は、深い森の中だし、林道と離れていて、おいそれとは脱出できそうもないのです。滝があるということは、ゴルジュ帯があるって事でもあるし・・・

 

で、掛け軸さんに同行をお願いし、坪さんにも声を掛けて、3人で入渓することにしました。

まぁ、釣れるとは思っていないデス。どーせ先行者もいるだろうし・・・。お盆のヒマつぶしと、避暑、そして山で飲む缶ビール・・・これがメインイベント。

 

釣ろうと思っていないので、午前6時半の出発。意外に道路は空いていて、8時に掛け軸さんの工房に到着。毎度のモーニング・コーヒーを頂いて、しばし歓談。9時に阿多岐へ出発。阿多岐の大堰堤に到着すると、なんと、必ずいると思っていた先行者がいない。

 珍しいこともあるもんだ。ここから入渓し、出渓地点の雨量計までのルートだけど、雨量計からの戻りは林道をテクテクと長々と歩かなければならないから、掛け軸さんの車を先に、雨量計にデボしておくことにします。こうすれば、戻りはラクチン。

 雨量計は林道にあって、ここから川までは結構な距離がある。つまり、釣り上がってきて、出口がわからない。それでは困った事になる。と、がさごそとなんとか川まで降りていき、赤いバンダナをくくりつけて、目印としました。これでなんとか脱出のルートは確保できました。

 

掛け軸さんの車を置き去りにして、大堰堤に戻ります。

 

3人で釣り上がるには、チトせますぎるけど、まぁ、釣れないから、どーでもいですよ〜。

 

で、案の定、釣れません。魚は薄い谷だと思いますが、決して、いないとは申しません。ヒラキの浅いところに、見張りのチビスケがいて、これがよく訓練されていて、どんなに注意しても、サーッと落ち込みへ逃げるので、釣る前から、結果はミエミエ。

それを驚かせず、回り込んで、落ち込みから、ティペットのみをレーンに入れて流すと、出ます。でも、とても出るのが、早い。フライのサイズを落としてみても、一緒です。水面には出にくいのか、水面は嫌いなのでしょうか?当然、ヒットせず。まぁ、本当に食べていないので、刺さりません。

 

掛け軸さんがウエットに変更したので、事務局長もウエットにしました。マーチブラウン#10と、ロイヤルコーチマン#8をつけました。すると、よい型のイワナが、岩陰からスルスルと現れて、ゆっくりとロイヤルコーチマンをパクッと食べました。こっちからミエミエだったので、思わずあわせてしまいました。、ロッドにアタリが来る前に合わせたので、プルプルという感触だけで、終わってしまいました。毎年同じ失敗をやってます。

一の滝の手前で、3回流していたら、もっといいイワナが来ました。でも、そいつはあまりフライを追わず・・・。しばらくしてから、再度、入れましたが、帰って行きました。

その上の落ち込みの巻き返しに、入れて、ぐるぐる回していました。それを5回ほどやってから、今度は、思い切り、叩きつけて、ぶち込みました。すると、その水飛沫が消えるか消えないかというタイミングで襲いかかってきたのは、23pくらいのイワナでしたけど、これは引っこ抜くときに落ちました。ははは。

 

でも、その後、なんとか1匹釣れて、よかった・・・よかった。

 

 

その後、掛け軸さんも23pくらいのを釣って、よかった、よかった・・・

 

で、一の滝に到達。ここから上は、まだ行ったことがない。白鳥在住の掛け軸さんも行ったことがない。ちなみに、この一の滝から二の滝までは禁漁区です。

 

一の滝から右岸に来ている杣道によじ登り、上流、二の滝まで行きます。滝があるくらいですから、ここらあたりは、岩盤のゴルジュ帯です。

 

しばらく歩くと、二の滝が見えました。なかなか、よい滝でした。ここで当初の目的の一つである、一眼デジでの撮影会。数枚撮しまして、ちょっと小休止・・・。入渓時は雨の心配もしたけど、晴天で暑い・・。滝からのマイナスイオンの風が、とてもここちよかったです。

 

 

向かって左側の急斜面をよじ登って、再度、杣道へ出て、二の滝を越し、川へ降りました。少し行くと、左側から小さな小さな谷が来ていました。これが、オヤジ君の言っていた、かつてワサビ田があった谷?なのか?この下が二の滝だから、まちがいない?ということは、もうすぐ、出渓場所の赤いバンダナが見えるはずだね。なんて掛け軸さんと事務局長が喋りながら、坪さんを見ています。この両名は、小さいけど、なんとか、イワナを釣ったので、もーどーでも、いいもんね〜。早く、ビール飲みたいもんね〜状態。

 

 二の滝を越えると、何故か、チビアマゴが目立つようになって、しばらくすると、思って見いなかったけど、三の滝が現れました。三の滝????これは、聞いてないよ〜。ということは、まだまだ、出渓地点の赤いバンダナは先なんだ・・・。と、ちょっとがっかり、この時点ですでに午後1時半。10時に入渓して、飲まず食わず。アヒル倶楽部じゃないみたい・・・。釣果のみアヒル倶楽部だけど・・・。

 

 

この三の滝を越えるのに、事務局長は、画像で言うと、坪さんの左側にあるショロショロ滝を登るが、上の大石に阻まれて、もう1歩進めず。ここで落ちると、タダでは済まないので、やめる。

思ったよりも垂直に近かったし、岩肌がツルツルで足場がなかった・・・。結局、滝の手前、左側を高巻いて(結構、しんどかった)三の滝を越えました。

 

三の滝を越えて、事務局長はリードフライ、ドロッパー共々、落ち込みに取られて、戦線離脱。掛け軸さんも、すでに、戦意喪失らしい。早く赤いバンダナが現れないか?と、そればかり。

 

坪さんのみ、頑張って釣っている。やがて分流になって、チョロチョロの右へ入った事務局長と掛け軸さん。18pくらいのアマゴに逃げられて、まーしゃーないわね・・。と言いつつ、上流の分岐へ。すると、坪さんが、ランデイング・ネットを揺らしながら、こっちへ来る。

 

 

中には、丸々と太った、かっちょいいイワナが入っていた。その太さから、28pくらい有るんじゃない?とか言っていたけど、計測したら25、26pってところで、「計らなければよかった」というオチがついたけど、ワイルドな顔つきのいかにも、この渓のイワナっ感じでした。エルクヘアー・夏バージョン・坪タイプで釣ったらしい。まっ、何はともあれ、よかったよかった。

 

それからしばらく行くと、やっとこせ赤いバンダナを発見・・・。やれやれ。ここで終了。地図で見ていた時は、たいした距離ではないと思ったけど、けっこう、手強かった。アヒル倶楽部としてはの話ですけどね。

 

がさゴソと、朝につけた脱出ルートの草をかき分けながら、掛け軸さんの車に到着。時計を見たら、午後2時40分だった。5時間くらい、釣ったことになります。アヒル倶楽部としては、これは快挙だよ。

 

掛け軸さんの車で、入渓した大堰堤にもどって、まずは、缶ビール。一気に1本飲んで、プハー生き返ったぁ〜。それから、新種のケーチャン焼いて、2本飲んで、焼きうどんで2本飲んで・・・。お喋りして・・・。気がついたら5時過ぎていた。

 

事務局に帰ったのは午後7時半。さすがに疲れたので、シャワー浴びてすぐ寝ました。