2006/08/31

 

ご注文の品

 

 

ダック鈴木総統閣下が、事務局でクダを巻いている時、山本鱒師が入ってきた。

明日、吉田川は神谷の堰堤へサツキマスを狙いに行くらしい。

すかさず、総統閣下様が、

「サツキが釣れたら食べる・・・」

という。

「でも、サツキマスってうまくないがや」

と、サツキマスかもしれん・・・・という伸チャが釣ってきた36p食べた事務局長が言うと、

「んじゃあ、塩焼きでおいしそうな、吉田川のアマゴ、23pを注文する」

ということになった。

 

8月31日(木) 山本鱒師は有給をいれて、神谷堰堤へ。

 

神谷堰堤では、サツキマスは釣れなかったけど、その下流、天竜峡の頭で、ユラユラとしているサツキマスを発見。渇水で、なんか食いそうにないとおもったけど、とりあえずやる。セオリー通り、渇水で食いけなしにゃぁ、細糸仕掛けで・・・。と、0.4号の通し仕掛け。何度か流していると、ちょうど吹き上がる波に乗ったのか、ふっとエサが浮くと、パクッと食べた。してやったり・・・

 

だが、この仕掛け、去年作った仕掛けで・・・。

 

ぐぐっ−と引っ張られて、プチっと切れた。

 

なんてこったい。横着してしまった。大物を狙うときは、細心の注意を払うべきで、ここでは、やはり、新品の0.4の通しを現場で作るべきでありましたな。

 

その後、山本鱒師は、ダック鈴木総統閣下、ご注文の23pの塩焼きアマゴを1つ釣り、事務局へ。事務局長がダック鈴木総統閣下へ配達し、総統閣下、ご満悦となられました。

 

 

こうして、自分では釣れない、お魚を食べれるのも、ひとえに、皆々様のおかげなのですが、ダック鈴木本人は、「オラは、総統閣下だから、当然だ」と思っているフシがあります。

 

今年、屈辱の、チュンチュン踊りをした事は、すっかり忘れているようです。