2006/09/23

 

悲願の釣行記(彼岸の釣行記)  by 山本鱒師

 

 9月23日() 彼岸(悲願)の中日


午前7時ごろ”ぎゃぁ〜”と心の中で叫んでしまった。

・時はさかのぼる・・・


 午前4時45分自宅を出発。途中いつものとうり美濃市のサークルKでミミズを購入、八幡駅で雉射ちをし、釣り場にGo。
いざ着いてみれば不動さんの前には、車が3台で駐車スペースがありません。やむなく少し下がったところの温度表示機下に車を止めて、最低3人の釣師がいるだろうからと、のんびり朝飯アンド朝酒しながら釣支度。


 案の定、堰堤には3名様が御逗留。おっとり刀で下の淵に向かい、いつもなら0.4号だけど0.5号の仕掛けを竿にセットして、釣開始6時45分位。ふと対岸を見るとアマゴ釣りがいる、「アッ!」 彼は来る時、前を走っていて、天竜橋で左岸に渡った名古屋ナンバーのBMBだ。対岸のお兄ちゃんは、ウグイ混じりにちびアマゴを釣っては、魚籠の中へ。(そんなチビ入れたら腰の郡上魚籠がなくぞ〜)。

オイラも、ちびアマゴにウグイ。針を小さくして、オモリは重くして、流芯の底波に。3回目に”コン”小さなアタリ、根掛りのようだけど軽くあわせて、びくともしない、やっぱり根掛りかい。はずそうと竿をあおっていると ”おっ、糸が少し前に進んでいるような”


仕掛けが動き始めた、”やった!掛かったかな?” と半信半疑。
強引に竿を立てるけど魚は浮いてこないし、サツキマス特有の2段引きもしないし、岩魚かも?やっこ浮いてきた魚体を見て、冒頭の”ぎゃぁ〜”です。


何じゃこりゃ、魚体の大きさよりも、針の掛かりどころに驚いた。
口じゃないよ〜。背鰭の一番前の根っこに針が・・・、あぁ〜スレだがやぁ〜。

さあ悪戦苦闘の始まりとなりました。
釣座は水面より5メートルは高い岩の上、取り込みは下に降りないと。

 

水面までは5メートル。吉田川随一のゴルジュ帯、天竜峡の入り口で格闘が始まる・・・

 

 

勝負は早いほうがいい。木の枝を避けて竿を操作して傾斜50度位を降りてゆく。降りたはいいが、頭上には枝が張り出していて時々竿に触れる。


魚を浮かせ寄せてきて手網入れしようとするけど弱っていなくて沖へ行ってしまう、そのうち仕掛けが枝に絡まり、”うまく外れろ” とつぶやきながら視線を竿先に向け、何とか難を逃れた。


何度となく取り込みを試みるが、魚は流芯に向かってゆく。


もうこの頃には胸元近くまで水に浸かり、(奴がこっちに突進してきたらヤバイなと思いつつ)、魚に引っ張りまわされ、右往左往している。
この時、アジャストを伸ばしていないことに気がついた。(冷静でいたつもりでも、動転していたなァ〜) ”じゃ、アジャストを伸ばして”と・・・

 

下へ落ちたら終わり・・・。手前の岩前のわずかな緩流帯で一発勝負をかけるしかない・・・

 


でもこれが又いけなかった。竿が長くなった分、枝に触るは、魚の行動半径も広がるはで、ますます手網が届かない。

 

又、取り込み失敗で流芯に入られた。今度は竿が長くなっている分、奴は最前よりも下流に位置している。幾分弱ってきたのか流れに対して直角になっている。でも流木が掛かっているみたいで流勢に押され芯から出ないままジリジリ落ちてゆく・・・・・。


このまま下の落ち込みに入られたら、万事休す。


落ち込み手前の岩のタルミに奴を入れて取り込もう。うまく芯からタルミに奴を入れて、掬いに掛かるが1回目は手網が届かず流芯へ、再度寄せてきて両手を目一杯広げ2回目で手網入れ成功。


”やった、やったやりました〜、ああ長かった。 

”ガッツポーズ” 

でも我ながらよく取り込めだなぁ〜。だめかと思った”

 


メジャーをあてて、41センチはあるかな、やや婚姻食の入った雄のサツキマス、幸か不幸か・スレなので、仕掛けも巻いていおらず、綺麗な魚体をしている。


早速、朝早いと思ったが事務局長に電話、7時17分。


山田さん(伸チャ)に追いついた。


スレだったので、今度は口に掛けたいな。でも「終わり良ければすべて善し」。

 

 

41.8センチ 775グラム雄のサツキマスでした。



本当は、今日「吉田拓郎とかぐや姫」のコンサート行きたかったけどチケットを取り忘れたんです。でも本年初のサツキマスが釣れました。これって”災い転じて、なんとか”って言いますか。