最期のあがき

 

 9月30日() 直前になって中間決算のメンバーに入れられた。こんな事なら、週の半ばに、有給使うべきだった。

が、直前まで、あやふやな事を言われていたのは、どうも、「あれに30日出ろというと、平日休むに決まっているから直前まで伏せておこうぜ・・・」といしうフシも見えたりして。

 

なんとか、30日はパスしたいと、前日に秘策を練ったり、ダダこねたりしたが、ダメだった。

 

チキショー。

 

決算棚卸しは午後から始まる。おーし、超特急でやっつけて、午後2時半には帰ってやるがや。

が、そんなに甘くはなくて、午後3時半に終了。これでも他と比べたらメチャ早いんだ。

 

自宅に帰って午後4時、どーしよう・・・・と思ったけど、荷物乗っけて、高速へ。さすがに石徹白とかにはいけれない。到着したら真っ暗だ。

 

相戸の上流にある、白谷っていうところへ行くことにした。白谷は長良川の合流から、上流の梅原橋までは、禁漁区だ。禁漁区があるくらいなら、アマゴもいるだろうという安易な考え。大昔に来たことがあって、その時、林道を造っていたか、整備しているところだった。釣りはしなかったが、まー、なんとなくアマゴがいそうな渓相で、いつか入ってみようと思っていたところだった。

 

初めて谷で、もうすぐに暗くなる。どこで入ってどこで上がるか?と、所々、車を停めて谷を見る。みれば、砂地に、今通ったの?というような足跡。へー、こんなところに釣りに来るお方もいるのね。ってオメーもそうだがね。でも、ほとんど釣り人は来ていないみたいだ。餌の空き箱や、釣師のゴミがみあたらない。そのかわり、なんか不法投棄が多いな。

 

国土地理院の地図で見たら、まわりは自然林の表記があって期待したけど、やっぱり、両側、スギやヒノキ。ただでさえ、暗くなっていくのに、さらに、暗く陰気くさい。

 

午後5時。中狭谷の出会い付近で入渓。2.3歩で渡れるくらいの規模です。

 

 

1.2回落として、高速で、釣り上がる。全然、反応なし。アマゴいない?かも。でも、まぁ、いいや。釣りがしたかったから・・・・・

 

上の橋で終わりにした。

 

 

この白谷林道。林道にしては舗装されているし、やけに整備されている。それに4.5台車も通った。

と、いうことで、この道はどこへ行っているのか?と、先へ進んでみたら、和良の夕谷に出てしまった。なんかこの消防団のポンプ小屋見覚えがあると思ったら、去年、MTBで西原周遊した時に通ったよ。

ということで、どうも西和良から相戸付近にショートカットできるみたいだな。だから、和良の人が通るんだろう。と、やけに整備された林道と、よく通る車の謎は解けた。

でも、これを使ってメリットがあるのは、種子島トムさんくらいだなぁ〜。

 

帰りは、クリフさんとメールしながら帰った。30日休みだったら、クリフさんといっしょに釣りに行けたのに・・・。ずーと、ご無沙汰だから、一緒に釣りをしたかったですよ。

 

あー終わってしまった。とりあえず、竿出したから、まっ、いいか。