2007/02/17

 

初釣果

 

2月17日() 先週偵察済みの武儀川のアレをやりにいく。支度をしていたら、ヒチノスケが「ワンワン」いうので、連れていく事にした。

午後から雨が降ると天気予報は告げていた。風もなく日差しもなく。吉と出るか?凶と出るか?

 

午前11時に宝見に到着。誰もいない。ヒチノスケに15メールとのロープをつけて、自由にさせる。しばらくすると、ライズがあった。シロハエのライズはまま、あるが、中央の四角いブロックが沈んでいるあたりで、アマゴのライズが起きる。

ちょいと下流へいって、キャストして距離を測る。なんとか届くようだ。ロングキャストなんて長いことやっていないので、この1週間、ヒマをみつけては練習したモンネ。

 

クルージングじゃなくて、居着いているみたい・・・な気がする。

ここはブユか?先週やたらブユが多かったから・・・。とりあえず黒ツブ3号で・・

しばらくして・・・・

意外にあっけなく釣れてしまった。

先週見たヤツかしらん?尾が丸くないけど・・・でも、ツマグロじゃないからちがうが?

 

被写体が手に入ったので、ここからレンズ交換、および絞りを変えたりして、何枚も写して、あーでもない、こーでもないと、モデルさんにポーズを要求したりして、遊んでしまった。

結論としては、こんな程度のお魚を撮すと、なんかどれも同じ様だ。っていうのが分かった。

 

ちなみに、その間、ヒチノスケは、まったりとあっちこっちにオシッコかけて遊んでいた。

気分がいいので、ジャガリコと缶ビールを飲む。ジャガリコ、ジャガリコと食べると、「?」と気づいたヒチノスケが飛んできた。おすそわけ。下流にもう1匹、アマゴらしいのがいるけど、草がジャマだし、川幅もチト広い。やってみたけど、届かんし、すぐにティペットが、グチャグチャになっちまったので、あきらめた。ウエーダーも無いし・・・。

 

今日はシャッター同好会の2月のお題、ネコヤナギを撮すという目的もあるので、オサム淵へ移動する。が、もうすぐ雨が降るような天気なんで、日光の反射で出来るキラキラを撮しての玉ボケは出来ないけど、それでも何か撮したい。あれこれと撮すが・・・

なんてことない図鑑的写真のオンパレードになっちまった。掛け軸会長を超えるのは容易ではないと改めて実感する。

 

腹が減った。午後2時だった。雨もパラパラしてきた。予報通り。

湯を沸かしてカップ麺を食べる。今日はガスを使ったが、やっぱり、沸くのが遅いな。

やっとこせカップ麺も出来上がって「いただきます」オニギリもあるでよ〜。ヒチノスケにもオニギリ1つおごってやったし、ラーメンも分けてやった。

 

 ここは冬場に山奥から、ヤマセミが出稼ぎにやってくる。毎年見ている。今年も来てないか?と、1時間ほどブラブラしながら待ったが、現れず。残念、撮したかった。

 

宝見橋の下流、川がクランクする淵にもアマゴがいるのも確認済みなので、戻ってみるが、シーンとしていた。もう帰ってもいいか?と思ったけど、帰路の途中なんで関観光に寄ってみた。

 

まだ雨は、ずぶ濡れになるほど降っていない。午後4時なので、流れ込みの岩あたりへブラブラと行ってみる。と・・・・。ライズした。うーん・・・。気まぐれライズ。とりあえずやるか・・

マーチブラウンみたいなウエットの小さいヤツをつけて、投げては引いて、投げては引いて、投げては引いて、・・・・・・以下同文。ちょっと嫌になった頃に、ヒット・・・。

おお〜、ラッキーじゃ。こいつはそのままネットに入れておいて、まだ釣れるかもしれん。

投げては引いて、投げては引いて・・・・以下同文。

しばらくして、再度、嫌になったので、今度はちょっと下っては、投げてクロス、ちょっと下って、投げてクロス・・・・以下同文。

雨が本降りになってきた、上はジャケットを着ているのでいいけど、下はそのままチノパンなんで、滴が落ちてヒザが濡れる。もう、いいです。堪能して帰りました。

 

ahiru_de_photo この日のお写真