2007/03/21

 桂川の下流部へ・・・。あくまでもドライブ

アヒル倶楽部東京営業所・スズケン所長レポ

 

3月21日() 今回は、嫁さんをドライブに連れて行く名目で出かけて、ちゃっかり釣りをしちゃいました。
毎週連続で釣りに行ってるので、嫁さんの機嫌取りで山梨の方に行こうと切り出して出かけました。気になる川もあるので、こっそりつり道具を積んで出かけたけど、何か嫁さんには見透かされた様な感じでした。

今回のオイラの目的は、山梨の桂川です。だけど目的はドライブなので、相模湖に寄ったりして一応観光しながらなので、桂川に着いたのは14時頃でした。

雑誌等でも有名な川なので、あまり詳しくは書きませんが、山梨から神奈川に流れている川で、山梨では桂川で、神奈川に入ると相模川と変わります。

桂川も長良川と同じで、漁協が上流、中流、下流で分かれています。

今回は、一番近い下流部を目指しました。

 

あくまでも、ドライブです。


桂川の下流部は初めてなので、入渓点も分からず、ネットで探しても良い情報が見つからず、行き当たりばったりです。

行ってみてビックリしたのですが、下流部は谷間を縫って流れており、道路のはるか下を流れています。

どうやったら川に降りられるのか見当もつかず、中流に向かって車を走らせると、川の方に下っている割と広い道路が見えたので迷わずハンドルを切っていきました。

予想通り河原に簡単に降りられる道でした。車を停めて様子を見ましたが、いい感じですが釣り人も魚影もありません。

やっぱ入り易い所なので、かなり釣られてしまったのでしょう。
下流部に行くと、淵でフライマンが2名ライズ待ちしていました。土手からしばらく見てたけどライズもなく、戻ろうかと思ったけど、少し下流のヒラキが気になったので行くと、ライズしたように見えました。ヨレを錯覚したのかな?と思ったけど、またしたので急いで車に戻り嫁さんにライズの話をしたら、道具積んであるのだから釣ってくればいいじゃないと言われ、1時間だけやってくるね。て話をして、支度して河原に向かいました。

河原に着くと、10匹ぐらいのライズに増えてました。

先の大見川で好調だったパターンでやると、数投目で出ました。

なかなか良い引きでのヤマメでした。

 

写真を撮って、次のライズを狙っていると、急に雲が出てきて、あっという間に風が出てきて、ライズがしぼんでしまいました。
その後2時間ほど待ちましたが、風もやまず諦めたと言うか、すっかり時間を忘れていて、1時間もオーバーして車に戻ると、嫁さんが一言、どうせ1時間で戻ってくるとは思っていなかったと・・・・
まあ完全に見透かされていますが、理解のある嫁さんです。

 

アヒル倶楽部事務局コメント

”理解のある嫁さん”でよかったですね。あなたの趣味だから・・・と理解を示すか、あんたの趣味なんて興味ないわ・・・っていうのかどちらかがいいですね。グチグチ言われるのもナニですが、なまじ、私も一緒に釣りをするの・・・って言って、お荷物になるのも、困ったモンです。理解ある・・・というと、双子のパパ氏の奥様もたいへんご理解が深い奥方のようで・・。ご両名様の奥様方は、まさに釣師の女房の鏡です。ヨイショ。

 

釣られたヤマメですが、画像を見させてもらいますと、うっすらと、朱点らしきモノが見えますね。これはどちらかというと、アマゴに近いのではないかな???

それでも、キレイな魚ですね。