2007/05/13

 

Y道場谷で竿折れる・・・

 

5月13日() 久しぶりの釣行に出かけることにした。
どこに行こうかさんざん迷ったあげく、2年ぶりにY師匠の道場谷に決めた。

現地到着は10時過ぎで、多分餌釣りさん達が上がる頃。

ところがまだ三台の先行者らしき車があって、かなり上流から入渓することになった。

フライマンに変身完了してバンブーロッドをつないでみると、なんだか妙にティップ部分がしなっている。指で軽くしごいてみたら、パキッという乾いたイヤな音が・・・・。
「アリャー、折れたぁー!!!」
「お気に入りの掛軸工房作、YAMAHISUIがぁー !!」
「何とも哀れな姿にぃー !!」
何ともアヒル的なトホホの出来事ですー。

おまけに予備といえば本流用の9f、#5しか持っていない。
この小さな谷で9fの竿では扱いにくいに決まっているが、無いものは仕方がない。
落ち込みがちになる気分を打ち払うように、釣り始めた。
先行者のせいか反応は良くない。

しばらく釣り上がっていき、やっと一匹釣った。
20センチにはちと足りないな。
「あ、カメラ忘れた。」
ロッドを折って呆然としていたせいか、車の中に置いたままだった。
その後ほぼ同サイズのイワナを3匹ほど釣ったところで出渓点に来てしまった。

林道を歩きながら、出始めたヤマウドを探す。天ぷら向きのサイズを5、6本採った。

山肌に見たことのない花を見つけた。
花の色はチョコレート色のクリスマスローズのようだが、内側はクリーム色に近く、
食虫植物のように閉じた花びらを持っている。車まで戻り、カメラを取り出して撮っておいた。帰ってからネットで調べてみたがよく分からない。
局長に写真を送って聞いてみると、
ハシリドコロという野草らしい。
なんと毒草だった。
食べると苦しんで走り回りところからついた名前らしい。やっぱり何か怪しい雰囲気の花だったんだよね。ただ最近は減少している種らしい。

もう釣りをする気は失せた。

山菜でも採って帰ろうと、まずはワサビのある場所へ移動した。ここでポリ袋一杯分花ワサビを摘み、また移動して今度はワラビを少々採った。ネマガリタケにはまだ少し早いようだ。

4時半を過ぎた頃、掛軸さんの工房前を通りかかると、運良くジムニーを発見。
早速Uターンをしてお助け小屋を訪問した。無理矢理ロッドの修理をお願いしたうえ、
厚かましくもコーヒーまでごちそうになった。

ここで、なんと局長さん、掛軸さん、タルさんの三人も、偶然昨日Y師匠の道場谷へ行ったことを聞いた。
しばらく写真の話などをして、帰ってきたが、その後2日ほど足がパンパンだった。

歳だなー・・・。