2007/05/15

 

本流でサツキマス

 

5月15日() 山本鱒師と伸チャがサツキマスを狙いに出撃した・・・。

 

話はさかのぼるが・・・

5月3日、5日・・・だったと思うが、山本鱒師がサツキマスを狙いに行かれた。

3日は、アタリがあったが、のらなかった・・・・

5日は、ヒットしたけど、すぐにバレた。

・・・・

そして5月11日(金)山本鱒師は、有給を使って、再度行く。そしてみごとにヒットさせ、竿で、こらえて・・・。それでもサツキマスはジワジワと下る・・・・。いっしょに下った・・。

が・・・

ブチッ・・・

と、切れた・・・。

 

あとで、地元の方に話を聞いたら、

「ミチイト、1号をみなさん使っているよ」

「・・・・・」

山本鱒師は、0.6号だった。

山本鱒師は、アヒル倶楽部・新年会で、

「今年は、長良川本流で、40pオーバーを1本あげます」

と宣言した手前、早期からこうして出撃しているのですが、ホームグランドである、吉田川だと、0.6号の通しで、スレかがりでも、取れる・・・。

でも、長良川本流・関辺りだと、遡上したばかりのサツキマスは、パワー充分だし、本流の流れは、太くて強い。それで皆、0.8や1号を使っているらしい・・・。

「しまった・・・。甘く見ていた・・・長良川本流と初期のサツキマス」

 

それから、作戦を練り直し、本日、5月15日、また有給を入れて出陣となった。

山田伸チャに連絡すると、「仕事ないからオイラも行く」というので、同行となり、午前3時に集合し、4時に現地に立つ。

今年はサツキマス好調。渇水で水位も低いけど、なんか大量に遡上しているらしい。

あちこちで、好調な釣果を聞く。鱒師は、GWとそのあとも出撃しているが、いずれも、アタリは必ずあったので、よほどの数が遡上しているのか、やたらと活性が高いのであろう。そういえば、天然アユの遡上も、すこぶる順調らしい。それでなのか、平日の早朝なのに、5.6人もの釣り人が来ていて、あとでルアーもフライもやってきたそうだ。

が・・・。

この日は、活性が低いのか、遡上してしまって、ポイントにはいないのか?全然アタリ無し。他の人にもアタリ無し。ただ、伸チャにゴリがかかったのみらしい。

昼から、強風になってしまい、あちこち移動。

昼も、オニギリ1.2個でがんばったけど、サツキの気配も、姿も拝めず・・・。

 

午後5時、事務局へ撤退。

 

帰宅した事務局長とオヤジ君をまじえて、反省会。まー、活性が低ければ、どーしようもないね。という、あたりまえの結論で落着となり、散会しました。