2007/05/20

寒水の奥で、しあわせ

 

5月20日() またこの季節がやってきたので、年に2.3度の出番の、シューティングロッドとスペイロッドを車に入れて・・・。

そう、長良川本流で、ノボリアマゴをやりましょう・・・。

午前4時に出発し、立花あたりから、めぼしいボイントをつまみ食いしながら遡上・・・。

というはずだったけど、お決まりの「起きたら6時だった・・・・」。それでも、前夜支度しておいたので、弁当を作って出発。どこかで一応、SHかスペイ、やりましょう。投げれれば満足。

ところが・・。

今年はサツキマス絶好調らしいんで、そんな6時に起きて、7時にノコノコ出てきたような、軟弱なアヒルさんには、やる場所がない。全部のポイントはことごとく、ルアーと餌釣師が陣取っていて、アリが入れる隙間も無し。

それに、寒いし風が強い。でっかいフックが顔の横を行ったり来たりするよーな釣り方のオイラには、厳しい状況だよね。と、言い訳をして、さっさと谷へ行きました。

アヒル倶楽部シャッター同好会の5月まお題は「新緑」なんで、谷でシャッターでも押しながら、ちょこっと、そのあたりに落下傘でも浮かべて過ごしましょう。という魂胆です。

八幡あたりまで進んだので、近いところで、自然林の谷で・・・。そんでもって、横に林道、脱出ラクチン。ということになると・・・・。寒水の奥かなぁ・・・。ウン、そんでいいや。

 

吉田川を離れて寒水に入る。人気渓流なんで、いつも釣人の車がアチコチに駐まっているハズ・・・・なんだ・・・・けど・・・・。

あれ?

1台もない?

と思いつつ、どんどん奥へ。最後の牛飼いのおっちゃんのおうちを過ぎて、(昔々、世話になったことがある)自然林の中の美しい渓流へ・・・。

ここでも釣り人の車は無い。

こんな事って珍しい。日曜日だよ。いい天気だよ?午前9時だよ?

最後の橋の横に空き地があってそこへ車を入れて、支度をして、ちょっと下って入渓。

 

出る。

出る。

 

釣れる、釣れる。釣れる・・・

こんなに魚っているんだ。大きさは18から22pくらいだから大したことはないけど・・・

でも、1匹27pってのが釣れた。しかし、写真撮る前に逃げられた。

車を停めた橋からそれほど下っていないけど、あまりに釣れるので橋に着いたときは昼になっていた。岸辺に弁当を持ってきて食べた。

頭上でオオルリが鳴いている。目の前をカワガラスが行ったり来たりしている。新緑は美しい。風はやさしい。空は青い。白い雲は流るる・・・。瀬音はサワサワと心地よし・・・。

しあわせだ。

 

 

お昼をすませて、再度、釣り上がった。だいたい、昼から釣れなくなるというのがオラのパターンだけど・・・。

やっぱり出る、出る、釣れる、釣れる。

たぶん30匹以上は釣れたと思う。ほとんどバラシも無かった。2匹だけアマゴが混じった。

ここに、シーズン末期に来れば、釣れない事が多いのにね。魚は釣られて残っていないと毎年、思うけど、ちゃんと残っているんだね。

アヒル倶楽部のオイラにとっては、まさに5年に一度あるか無いかの、特異日だな。オイラのじんせーからすれば、もうこんな事は無いかもしれん・・・。釣りが上手くなったように錯覚するが、それは、ただ、魚の機嫌が良かっただけなんですよ。

 

充分堪能した。でも、過去の例からすると、「しあわせ」と引き替えに、何かよからぬ事が起きないだろうか?と心配になったけど、(そんなちっこいのを30匹程度釣ったくらいで大げさな・・・と言わないでね。いつも、1.2匹の釣果なの):現在何事も起こらず日々を過ごしています。

寒水の山の神様、ありがとう・・・。今度、御神酒もってお礼に行きますよ。また釣らせてくだされ。

 

ahiru_de_photo この日のお写真