2007/05/27

タナからボタモチ?

 

5月27日() 今日のメインイベントは、、「この季節限定の本流の釣り」

そう、前回起きれず寒水の谷へ行ってしまった反省をふくめて、本流でスペイを振ろうという事です。ちなみにスペイは勢いで買ってしまったんで、使ってやらないとかわいそう。っていう程度です。

早朝よりイプまでずーと本流をやる気力はないので、朝か夕方のどっちかになります。当然、起きれないので夕方本流って事になりますわな。

だらだらと支度をして午前9時前に出発〜。日中は谷へ入って、また懲りずに写真でも撮りながら谷のイワナと遊んでもらおう・・・。

新緑の渓流となると、やっぱり自然林じゃないとねぇ。杉林の中の谷では新緑にならんわな。だいたい杉は年中、緑だから新緑ってこともないし・・・。

本流は金曜日の大雨で1メートル増水して、今は引き水。プラス30pってとこかな。白鳥から大和にかけてなら中流域よりも水量は少ないので、釣りになりそうだから、日中、遊ぶのもその辺りになる。まっ、阿多岐にしよう。(適当)

阿多岐の巨大堰堤に10時半に到着。ここも釣師の車がいつも駐まっているんだけど、今日は誰もいない。前回の寒水爆釣の時と同じか?ウシシ・・・と支度をしてドライを浮かべるが、全然反応なし。

さっきまで釣ってました・・・・というような足跡はいっぱい・・・。2週続けてそう奇跡は起こらんね。

それにやっぱり水量が多い。勾配が急なこの谷ではキツイね。阿多岐の大堰堤から禁漁区の滝まで、みなさん入るので、あまり釣れないです。渓相はAAAです。写真撮るにはいいです。

反応が全然ない。釣れないまでも、チョッカイを出してくるとか、こっちの姿を見て逃げるっていうのが無い。今年は早い時期に、阿多岐はよく釣れたらしいんで、スレスレになっているのかな。

滝まで行くつもりだったけど、水が太いので、途中でイヤになって、上がってしまった。この谷は右岸に杣道があるので楽だ。もし入られるなら、帰りは杣道を使って帰ると楽だし、あとから釣る方に迷惑がかからないので、覚えておいてくだされ。

 

もっと上流へ移動することにしました。雨量計のあるところから上流へ行くつもり。そのあたりまで行けば、谷も多少小さくなって釣りやすいかな?って思ったからです。

とりあえず、コンビニで買ったオニギリとカレーウドンを食べて、もちろん缶ビールも飲んで・・・。コーヒーをいれてまったりして・・・。時間つぶし。少しでも水温が上がった方がいいと思って・・・。

 

状況が良くなったのか、釣れるようになりまして、珍しく泣き尺イワナも・・・写真で見ると細くて長いようですけど、丸々とした太ったイワナでした。新緑から透けてくる光もあいまって美しいイワナでした。

こんなの釣ったら、オイラのパターンからすけば、あとは続かない・・・

と思ったけど、その後も、ボチボチ釣れました。18p〜24p程度。下の写真くらいが多いかなって、全部で10匹くらい。阿多岐川にしちゃぁ、オイラ的には上出来です。

 

谷、深くて林道は上の方だし、脱出するところもないエリア・・・・・。渓相はとても美しい。クマがいても不思議じゃない・・・。クマ・・・。ふと、クマの事を思う。笛を吹く・・・。

まだ釣れそうだったけど午後3時に終了。

 

次はメインイベントの本流でスペイざます。

白鳥に降りると、風が強かった・・・。まだイブには早いと思ったけど、1年ぶりにスペイロッドを振るから、練習しなくてはならない・・・。

大島へ行き、シングルスペイをする。まーなんとか覚えていてとりあえず釣りは出来そう。郡上管内でのスペイなんでマックス20メートル飛べばいいです。

水は朝と比べると多少は減っているけど、思ったよりは減っていないみたい。実際に岸辺に降りると、水、太いなぁ・・・って思う。

大島では何事もなく過ぎてしまいました。ちょっと下って中津屋あたりでまたやりました。アタリがあったので合わせたら、大きな葉っぱでした。トホホ。

去年と比べるとなんか川が変わっていて、いい感じだったところが一本水路となっていたり浅い瀬になっていたりで、わけわからん・・・・。

上流を見たら、対岸に「あそこいいな」って思うところがあったので、橋を渡ってそこへ行き、岸部に立つと、さらに少し上流も気になるところがあったので、歩いてランの頭へ行き、シングルスペイで流していると、コンっとアタリが・・・。

思わず合わせると、水面でバャバシャやってからすぐに潜ったよ。水面でバシャバシャやったので、そんなに大きくないと思った。でも水が太くて流れ強いので、結構引きました。

流れの芯を外れるとおとなしくなって寄ってきた。キラキラしていたので、アマゴだと思ったよ。岸間際で、急に底へ突っ込んで、悪いことに大石の下へ入ってしまった・・・。あっちからこっちからヒッパリだそうとしたけど動かない。

意を決して、右ウデを突っ込んでリーダーをたぐる。石の下は逃げ込むにはちょうどいい具合になっているみたい。肩まで水が・・・けどしかたなし。これ以上深かったら届かない。万事休すだし、石の下がトンネルで、クネクネって、向こう側へ出られたらアウトだ。

リーダーを水中で水平にして、そーと引くとゆっくりバックしてきて、なんとかトンネルから出すことに成功。そのままネットインを企むが、ネットを見たら暴れたけど、フライはぐっさり刺さっていたしティペットは3Xなんでそのまま強引にキャッチ。

25pくらいの本流アマゴ君でした。やっぱ長良本流育ちはいいね。顔つきが違うね。

美しい。本流に立ち込むのでデジイチは車に置いてきた。取りに行ってパチパチ撮す。

ちなみに今日のレンズはゼブラなゴンちゃん35o F2.8でした。

そのあと、釣りを続行したけど、ここではこの1匹だけでした。

大和あたりへ下って、2.3ヶ所、やってみたけどダメだった。八幡の手前くらいで、1匹。21p。自然園の下流でがんばったけどアタリなし。時刻は7時を過ぎて寒くなってきた。終了。

 

片付けて車のエンジンをかけたら、午後7時半でした。

 

うーん。おもしろかった・・・。また釣れるといいなぁ・・・。

 

ahiru_de_photo この日のお写真