2007/06/24

中身の薄い半日

 

6月24日() 金曜日は大雨で、それまで渇水だった長良川はピークで1メートル近く増水したらしい。翌、土曜日は晴天。めだか釣り具のHPで見たら、土曜の朝の白鳥ではプラス50p−水クリアーとの事。うー・・・行けばよかった・・・と思うがあとの祭り。

で、本日、日曜日。

天気予報じゃ、午後からまた雨らしい。

めずらしく午前4時半出発〜。本当は4時半に岸辺のつもりだったけど・・・・

八幡から上流の本流をちょっとだけスペイしながら北上。

もっと水がタップンタップン流れているかと思っていたけど、意外に水は引いていて、なーんかあんまり好きな感じではないなぁ・・・。

それに、やたらと鮎釣師が頑張っていて、こんな早朝から川に入ってくるお方もいる。こっちはヒラキまで釣り下るからポンと入られると終了。

美並あたりでやってりゃよかったなぁ〜とか思うけど、今更もどる気もない。それに雨が降ってきたし・・・。

午前8時前に、本流は終わり。結局、何のアタリも無かった。あのなんというかソワソワした感じがねぇんだよねえ。ってオイラの第六感も大したことはねぇからアテにならず。

 

もう一つの予定として、先週、重機にじゃまされて林道が通れなかった、あの谷へ行き本当に山が抜けたのか知りたい。

今日は日曜だし、1週間たっているので林道はちゃんと通れた。

昨年と同じ場所に駐車して林道を歩く。林道を分かれて、谷に沿った杣道も健在で、下に見る谷も以前と変わらないように見えた。しばらく歩いてから入渓。

雨が本降りとなってしまった。

5月に入渓したトムさんが言うには、

「山が崩れたのか真っ直ぐな急勾配の極細な流れになってしまったので・・・」

ってのは、ちょっと信じがたい。まぁ、本日、金曜の大雨とすでに源流部で降っているであろう雨で結構増水しているけど、見覚えのある去年のポイントも健在だったし、それほど変化していないように思うけどなぁ・・・・。

肝心の釣りの方だけど、1匹も出なかった。アタックも無し。

雨が一段と降り始めたので、最終確認地点まで行かず、戻ることにした。また今度、トムさんと来てみよう。

 

雨はひどくなる一方だったし、萎えたので帰りました。

156号の裏道を使って、ボチボチ見ながら帰る。空いているところがあれば、スペイでもしようか?というつもりだったけど、雨はザーザーだし、鮎釣りは燃えているので、そのまま自宅まで戻ってしまいました。

行かなきゃよかったよーな・・・・。という事でレポもこんなんです。

 

ahiru_de_photo この日のお写真