2007/08/19

午後から涼みに行く

 

8月19日() 暑い・・・。ただただ、暑い・・・。

気が滅入っているところに、この酷暑は、プッツン してしまう。

山も川も水がない。わかっているが、ココにいるよりは、マシかもしれん・・・。

 

午後2時、荷物を載せて出発してしまった。到着すれば午後4時ころだから、それから2時間くらいは釣りになるだろうし、ココよりは涼しいだろう・・・。

源流域で暗くなるのはさすがに困るので、民家があるようなところのちょっと上あたりっていうのがいいですな。

で、適当に阿多岐川に到着。広域農道(やまびこロード)の橋から入る事にした。

が・・・。

この渇水はどーだ?

でもまぁ、夕涼みに来たのが目的だから、別にいいです。

田畑がある辺りは、護岸の川だけど、そこから上になると、やけに石が大きくなって、フーフー言いながら越えた。

3匹、たぶん15pくらいのイワナが出たけど、掛からなかった。酸素不足なのか、早い白泡の流れにいたけど、出るのが早いわ。

 

巨石を越えてもう少し行くと、堰堤があった。堰堤の下のプールは魅力的だった。オイラが魚なら、この暑さから、ここへ避難するよ。底の方に、冷たい湧き水でもあったら、頭を突っ込んで、日中は寝る。オイラがイワナだったら、絶対、そーするよ。

あれこれと、試すが・・・

反応は無し。魚じゃなくても、格好のプールだから、人も泳ぐし、たぶん、山トド(ウエットスーツ着込んで魚をいじめるお方達の事)も入っていることだろう。焚き火の跡もあったし・・・。

これだけの大きさと水深のプールだと、追い込むのは無理なので、ここにはたぶん魚はいるだろうけど、まぁ、夜明け前に、ちょっと活性が上がる程度だとおもう。

 

まぁ、38度近い灼熱地獄の下界にいるよりはマシだった・・・。という程度です。

やっぱ。マイナス・イオンとフェトンチッドはいいですねぇ。

 

帰りに八幡によって、そばの更科でざるそば食べて帰った。久しぶりに食べたけど、うまかった。満足・満足