2008/06/14

久しぶり・・・

6月14日() 家計を直撃するガソリンの高騰と、CO2削減の為に、ワリカン釣行をしよう。と、ツネキチに誘われて、助手席にて殿様釣行となった。

行き先はどこでもいい。とにかく行くか行かないか。行くならドタキャンは無しで・・・などというメールがツネキチから届く。どうやら先々週、ダック鈴木と約束して、ドタキャンされたらしい・・・。そのトラウマから、行くか行かないかはっきりしろ。っていう感じ。

まぁ、関係ないが、とりあえずダック鈴木のドタキャン話を・・・

先々週、ダック鈴木は日・月休みとなった。それで月曜日にツネキチと釣りに行く約束をした。人の良いツネキチは、ダック鈴木に合わせる為に会社に月曜の有給届けを出した。月曜は人手が足りないので出来たら他の日にして欲しいと言われたが、どーしても約束があるのですいません・・と月曜を押し通した。日曜の夜、ダック鈴木からメールが入る。

「あのよー、明日は出勤となったがや・・・」

「??? オレは会社に無理言ったんだで、お前も休め」

「うーん・・・今度な」 

それがトラウマとなってツネキチは事務局長に念を押すのであった。

まぁ、極悪ダック鈴木の話はどーでもええので先を進めます。

午前7時半にツネキチ号が事務局の前に駐まる。荷物を積み込んで、メールでお願いした石徹白へ向かう。石徹白はたぶん2年ぶりくらいだと思う。久しぶりだ。

久しぶりといえば、アヒル倶楽部東京支部のスズケン支部長がこっちに来ているそうで、掛け軸さんの工房に午前9時にいるとのこと。石徹白へ向かう道すがら、寄ってみる。2日前からこっちに来ているそうで、初日は一色川、昨日は庄川源流、今日は掛け軸さんと、林谷だそうだ。ツネキチ共々、掛け軸コーヒーを頂いて、石徹白へ出発。

サークルKで弁当とビールと日釣り券を買って、桧峠へ。この峠がなければもう少し石徹白にも行くところだけど・・・。年々、峠を越えるのが面倒になって、近場で竿を出している。トンネル作ってくれ・・・。ガソリン暫定税取るなら作ってくれ。ダメなら廃止してくれ。こうもガソリン高くては生活できんでー。

雨が降っていないのか渇水と呼んでもいいくらいの水位。コケが干上がって白い線が出でいる。急に渇水したみたいな感じ。天気は快晴だけど、風が強い・・・。

福井に向かう橋あたりから釣り上がる。

今日はテンカラを振る。オヤジ君が三途の川へ釣りに行ってしまってから一年になろうとしている。来月には一周忌の法要をしなくてならん。過去の釣行記で、また今度、オヤジのテンカラを使って釣ってやるよ・・・ってオヤジ君と約束したので、オヤジ君の愛竿と遺作のテンカラを息子である事務局長が使って釣りをする。供養になるだろう・・・。

風が強いけど、シモから吹いてくるので打ち込むには楽だ。テンカラなんて数えるほどしかやっていないけど、ビシビシ厳しいところにも打ち込むオレってかなりスゴイ・・・とか自画自賛しながら行くと、釣れた・・・。でもハズれたぁ〜。くやしい・・。どう合わせて良いかわからん。ラインをたぐろうとする・・。ラインは無い・・・。

そんなのを2.3匹やってから・・・

なかなか体高もあって23pくらいかな。ヒレもピンピン。オヤジ君遺作のテンカラもなかなかやるなぁ。あとは20pくらいのを3匹ほど釣った。

12時半になったのでツネキチ号に戻る。

ツネキチはまだ来ていなかった。それでまた川に戻ってテンカラ振ろうと思ったけど、カカワラナデシコが咲いていたので写真に撮ったりして遊んでいたらツネキチがやってきた。

弁当を食べて、缶ビール呑んでまったりとする。午後3時半には帰路につく予定なので、あと1時間ほどしかできない。

神社より上流へ行ってみて適当に入る。どうもイブまでの休憩らしく魚の反応は悪い。底の方で寝ているイワナを見かけて、アレコレとやってみるけど、ダメだった。寝ているのかな?

本日終了。一日テンカラで通した。やっぱフライの方がいいな。

・・・・

事務局には予定より30分遅れて6時に着。ダック鈴木が来ていた。

「あのよー、ガマガツのフックでリマリックやつ無いか?」

「ない。何するの?」

「リマリック・ベントじゃないと、掛かる気がしない。月曜に石徹白行く。前回出るけど掛からなかった。リマリックじゃないから掛からなかったから・・・」

「???」

「そうだ、月曜、有給入れりゃぁ・・・一緒に石徹白に行こまい」

「嫌なこった」

ダック鈴木総統閣下、ある意味、ご健在なご様子でした・・・そのあと、総統閣下とツネキチは連れだって事務局を出たところで、山本鱒師に出くわし、鱒師がこの前、サツキを釣りに行ったけど、25程度のシラメだったから総統閣下に献上するとて、冷凍されているのを持ってきたり、しばらくしたら坪さんがやってきて、石徹白の話を聞いて、「んじゃ、日曜は石徹白へ行こうかな?」などと言いながら帰って行ったり、午後8時になって、ウッピー吉田がやってきて、何か言っていたけど、疲れていたので覚えておらず・・・。10時前には寝てしまった。なーんか程よく疲れた一日だった。