2009/06/07

 鷲見川へ・・2

 

6月7日() 釣りに行こうか?そうしようか・・・

前日、坪さんちでそういう話になった。で、午前7時半に坪号が事務局へ迎えに来てくれて、前回のトムさんの時と同様に殿様釣行になった事務局長。

とりあえず、美濃市に寄ってくれ。そこで今、マイブームになっている、「あげ」を買うのだ。「あげ?」そう「あげ」。豆腐を薄く切って、油で揚げてあるヤツ。うどんなどの上に乗っているあれです。ちょいクチコミで、うまいあげが美濃市にあるとかで、そこへ行って5枚ほどゲットした。ちなみに1枚100円。

それから156号を北上。

坪さんの今のマイブームは落語で、坪号の車内では、アイポットから桂枝雀が、「あかーん」とか「こっわー」とか・・・その声聞くだけで、おもしろいわ。もう枝雀のような落語家は出ないだろうなぁ・・・表情も仕草もおかしかったけど、こうして耳だけで聞いても、やっぱり、おもしろいわ。

何席かの後、白鳥に到着。ちょっと茶店があるんで、寄っていきなさんせ。いや、悪いねぇ・・・。と、言いつつ、喫茶・掛け軸の、のれんをくぐる。

「するってーと、何かい?」 「ほー、寒水でねぇ・・・」 「そいつぁ、たまげたもんだぁ」

なんて、落語に染まった招かれざる客。「おっ、珈琲かい?いつも、悪いねぇ・・・」 「ささ、遠慮無しに・・・」 

とかやって、まったりした後、坪さんと事務局長は鷲見川へと出かけた。

事務局長のリクエストで、今回は、「ネマガリ・タケノコをゲットしたい」ってんで、タケノコ林がある、スガ谷やら、立石奥とかが近いので、鷲見川となった。

平野部では金曜に結構降ったけど、どうも八幡あたりまででここらあたりでは降っていなかったよう。かなりの渇水だった。

前回トムさんと来たときと比べると、緑がかなり青々として、初夏の装いの渓はとても気持ちよい。

入渓して、メザシ程度の岩魚がアタック。坪さんはヒットしたけど、そのままバックキャストで後ろにリリース。かなりの渇水だし、11時も過ぎているし、早朝に誰か入っているだろうし・・・。このまま釣れないかもしれないけど、この気持ちよさは格別だなぁ。来てよかったよ。

 

途中、盛りのタニウツギの花を撮したり、フキを採ったり、ウワバミソウを採ったりしてボチボチ行く。トムさんとワサビを採った谷の出会い手前で坪さんが24pのイワナを釣った。

坪さんはなんとこれが今年の初物。というか今回の釣行が今年初めてなのだ。モデルさんが手に入ったので、坪さんは撮影会へ。

 

いいなぁ・・・。モデルさんが手に入って・・・。と思った事務局長。その上のポイントで20pくらいのをゲット。うーん、ちょっと小さいけど・・・。まっいっか。とこちらも撮影会へ。

今日は釣れないと思っていたけど、そうでもないみたい。

 

出渓点間近で、26pのイワナを事務局長がゲット。うー26pなんて、超久しぶりだよーん。

うれしい・・・。ってなんて程度が低いんだろう・・・。

 

そのあと、堰堤手前で出渓し、スガ谷へ移動。

カッコーが鳴いて、ホトトギスが鳴いて、オオルリが鳴いて、キビタキが鳴いて、風はサワサワ、そんな中で、弁当を食べ、ちょいと尾根まで登って、すでに時期が遅いタケノコを20本ばかり失敬し、満足。

んじゃ帰りますか?

そうしましょう。

と、また落語を何席か聞いて、午後6時前に帰宅しました。いやー、気分良くて、楽しかった。

 

ahiru_de_photo この日のお写真