2009/09/27

 最 終

 

9月27日() 釣りって行かなくなると、全然行かない。だけど、ふと行くと、やっぱり、おもしれーからまた行きたくなるみたい。

シルバーウィーク中に2回連続していった事務局長は、また行きたいと思う。もう渓流釣りも終わりだもんね。そー思うとさらに行きたい・・・

朝から行こうと思っていたけど、用事が出来てしまい結局、昼ご飯を食べてからの出撃となった。

行き先は・・・ 寒水の奥。

途中、関の上州屋に寄って、リリースネットを買った。特価で1280円。フライマンの皆さんは、お高いネットをお持ちですが、事務局長はまったくネットには興味なくて、出来れば持って歩きたくないくらい。ただ、魚を釣った後、写真を撮るためにアッチコッチするときは、やっぱり必要だと思う。

買ってから・・・ うーんと、今日が最終日となり2.3時間釣るだけのオイラは、今日、ネットが必要なんだろうか???って思ったけど、まっいいか!って納得した。

156号から見る長良川本流はメチャ渇水していた・・・。そういえばずーと雨らしい雨って降っていないなぁ・・・。谷も渇水だろうなぁ・・・。奥へ行ったら水無いかもしれんなぁ・・・とか思いつつ、せせらぎ街道へ。

しばらくして寒水へ左折。

ずーと奥へ行くけど、釣り人の車は1台だけだった。

目指した場所も空いていた。

なぜ、寒水かというと、ここのこの場所に、勝手に名付けた、オヤジの木がある。モミジの木だけど、ヤツと一緒に釣った時に思い出がある木なのだ。彼岸も過ぎたけど、まぁ、挨拶だわ。缶ビールをモミジの木に飲ませて、最近の出来事などを語ってやった。

・・・・

時刻は2時半だった。早くしないと日が暮れちまうぜ・・・ 今日は曇り空だし・・・

仕度をして林道を下っていつもの入渓点に行くが、メチャ渇水だ・・・。これでは釣れないかもしれないと思って、も少し林道を下って入ることにした。

平水の1/3くらいか・・・。申し訳なさそうに流れている。というか止水に近い雰囲気。

うーん・・・もっと下流に行かないと釣れないかもしれん・・・。再度戻ってもっと下に移動するか?とも思うけど、時間がないからこのまま釣る。

しばらくは、全然反応無かったけど、そのうち、ピチャって感じのが出て、「おっ、反応するじゃん」って喜んで、しばらく行くが出なくなって、やっぱり魚は少ないし、出ないかなぁ・・・

そーいえば、まったく、ウェーディングシューズが濡れないよ。それくらい水が少ないね。

ドンドン進んで、やっとこせ1匹釣れて、うれしかった。

それは15pくらいの痩せた岩魚で、水墨画で岩魚を描いたら、こんな感じ!っていうような黒いモノトーンの岩魚だった。デジカメしようか?と思ったけど、特別、どってことない岩魚なので、やめた。とりあえず、ボーズは逃れたもんね!アヒル倶楽部は5pでも1匹なのよ。

また、ドンドコ進む。

釣れない区間があって、その次に、パタパタと釣れる区間があって、って感じ。でも釣れる岩魚は15pでやっぱり水墨画岩魚。

こんな感じでドンドコ進んで、15pを9匹、釣った。

もう、まもなく、出渓地点かな?っていう頃に、やっとこせ20pを越える岩魚が釣れた。明るい渓相の所だったので、いつもの茶色い岩魚で、これならデジカメしてもいいなぁ・・・って思った。

そうなると、来るとき買ったネットが役に立つ。今日で今年の渓流釣りも終わり。そんな日に買った安物ネットだけど、これで、属に言う、「入魂」ってやつですかねぇ・・・。

で・・・、おもむろに、ズリズリとキーバックチェーンにつながっているネットを引っ張る。今は、超強力なマグネット式らしいけど、アヒル倶楽部さん達は、浦島太郎状態の人が多いんで、ネットと言えば、キーバックチェーンなのよ。

ズリズリと伸びて、ゴリゴリとなって、それ以上、伸びないじゃん。岩魚がネットに入らない・・・

どっかにひっかかっている・・・・・ぅ・・・・・

あれ???

ここがこうなって、あーなって・・・。そっか・・・。ここが、こうなっているのか?

とかやって、やっとこせ、ネットが自由になった。

ここまで読んで、先は解るね・・・。

そう、さっきまでフライをくわえていた岩魚さんは、どこかへ行ってしまっていました・・・

ネットを持つ、左手が・・・さ・み・し・い

さっきまで、しあわせだったのに・・・。

でも、まぁ、じんせー、こんな事、よくあることだよな。

尺でなくてよかった・・・・っていうことで、一件落着にしておこう。

時刻は5時ちょっと前。出渓地点に到着。これで終了。

もう少し、釣りたいなぁ。。。

吉田川の坂本料金所あたりにでも、イブやりに行こうか?とか思ったけど、やめて、清く正しく、帰ったのでした。