2010/06/05

ひさびさの山田文学レポ

 

え−・・・ 久しぶりの山田文学・釣行レポが届きました。というか、事務局が強制的に提出を、お願いしたのであります。

安部公房か、山田伸チャか・・・というほど、山田文学作品・釣行レポは難解でありますが、その味を十分お楽しみ頂くよう、ここにあえて、解説等も付けず、そのまま原文公開したしますので、みなさま、各自、思い思いに解釈して、お楽しみください。なお、付属の画像も伸チャ撮りおろし作品であります。

 

 

6月5日()板取川へ 同日8時30分一宮市浅井極楽寺公園に於いて破竹及び真竹の30分間取り放題に参加するか迷いに迷った。何故ならば親友がくれた破竹2本 心に火が着いて、ウグイさえ釣れない板取へ今更ながらと。悶々と寝付かれず2時3時。悪かった、コップ1杯の焼酎。気が付けば5時少し前。6時に洞戸ヤナ橋上で竿を振るが減水の上澄み過ぎてアルコール残り気持ちも悪くてアタリ無し。そこそこに見切り付け実績の石積み堰堤へ。本流のポイントへ繰り返し流すが諸行無常の水の音 。仕方なく脇流を流すと止ったままで動かない。アタリも無いのに変だと竿上げると20cmクラスのアマゴ。サツキ狙いにアマゴでは、どうしょうかとブラブラさせていたらドボン、アーア。居ることは居のんだと激流の白泡へ2投3投目ヤッタと心躍らせながらやり取りする。流芯に乗ってスピードはあるが重量感が無い。  手こずったが綺麗な天然アマゴであつた。その後 実績ポイントを歩いて15p18pを追加したが小さくて気の毒に思えリリース。12時 アルールも完全に抜けて本日大満足。 本日良かったのは車中 甘く感傷的なメンデルスゾーンで無くチャイコフスキーのブラス吼えまくる交響曲第5番のおかげかもしれない。