2010/07/31

お誕生日釣行

 

7月31日() え〜、本日は事務局長さんのお誕生日であります。このところの猛暑、酷暑のなか、アレもコレもと問題も発生し、それに手を焼きながら、一生懸命?働き、生きている自分に、ささやかながら、プレゼントを・・・という事で、ひっさびさに釣りに行くことにした。

もっと早くに出発すればいいのですが、起きれず、午前8時の出発となりまして、珍しいく高速など使って、(だって誕生日だモン)とりあえず白鳥の掛け軸さんのところへ寄って、本を1冊渡して、コーヒーをごちそうになり、ゆるゆるしていたら午前10時をまわってしまった。

高鷲の奥へ行って、入ろうとしていたところには先客あり!だったので、午後から行こうかな?と思っていた場所へ移動。さらに標高が上がって山奥になったので、気温は26度と快適この上なし。もうこのまま、お昼寝でもいいかも?と思ってしまったけど、ぐっとこらえて、ウェーダーを履こうとしていたら、ウィーンという音と、なにやら、工事現場のトラ柵のような模様の何かが、頭の上に飛来し、そして頭髪のなかをモゾモゾするではないか!一瞬、凍りついたけど・・・ そいつはよく見たら、スズメバチのような巨大なアブだった。ほっとする。持っていたタオルで、たたき落としてやったけど、ちょっとしたら、飛んでいった・・・。

ここに来るのは何年ぶりだろう・・・。3年前、ここへオヤジと来た。ここで釣ろうとしたら、オヤジが、「ここは釣れないから、もっと上流へ行け」って言った。事務局長は、釣れないエリアだけど、オヤジの体を気遣って、キツくない行程を選んだんだけど・・・。それでその時はもっと、源流に行った。その2週間後に、あっけなく死んでしまったけど・・・

今日はその源流の入渓地点まで釣る。

前回の釣行、といっても5月の話だけど、その時、どうもフロータントを落としたらしい、買ったばかりのティムコのフロータントで、ドライ・マジックとかいうヤツで、1500円くらいしたと思う。

まぁ、今日はフロータント無しで、やってみます。ドライフライの性能ってバランスとか、ハックルの量とかマテリアルの善し悪しが9割で補助的にフロータントって思っていたけど、実釣開始後、しばらくしてから、ハイ、ワタクシ間違っておりました。申し訳ございませんでした。すぐに沈みます・・・。やっぱりフロータントってすごいな。ドライフライは浮いてこそナンボやね。

こんな狭い谷ですから、高速フォルスキャストで水を吹っ飛ばすって出来ないのよ。フーフーって息を吹きかけて、水分を飛ばして、キャスト・・・。すぐに沈みます・・・。イライラ・・・

谷の状況はねそれほどの渇水でもないし、いい感じですが、全然出ません。まぁ、入渓地点の付近ってのは出ない事が多いですな。釣り人が入ったという感じは無い。ハッチは無い、あんまり活発にその他の昆虫も動いていないという感じ。

すぐ沈んでしまうフライをだましながら使って30分後に、やっと、パチャ!って反応が・・・ すっごいチビだけど・・・ あくまでも反応が・・・ね。その次のポイントでもパチャって、くどいけど反応が・・・。とりあえず出ることは出るようだから、まじめに釣る事にする。

まじめに釣ってみると、フライの下まで来るけど、それ以上は来ないヤツとか、白泡の切れ目から追うが、すぐにあきらめてしまうヤツとか、ヒラキの石の下から出てくるが、見るだけ・・・とかいうのが多い。こちらもキャストはポイントの上ではやらず、他所でやって、ひねってポイントに落とすとか、ロッドの影も出さないとか、忍者スタイルで隠れて釣ってみるが、やっぱり反応は同じで、これはフライを替えても同じようだった。

たまにフライを口にする魚もいるが、それはフッとフライが消えるので、フロータントを塗っていないフライが沈むのと区別つかないから、沈んだと思って持ち上げると、プルプル・・・ドボンと自動リリースとなってしまったのが数匹で、そのなかに白い腹を見せて、回転していたアマゴもいたので、ちょっと残念だった。

ドライシェイクしてポッカリ浮かべても、水面ハーフシンク状態でも、反応は変わらないので、こりゃ、魚のやる気がイマイチ無いみたいだなぁ・・・。そーいう時間なのかもしれないし、そーいう日なのかもしれないし、それはこちらにはわからない、魚に聞いてくれ。

とにかく、浮かないフライを、フーフーしてドライシェイクして使うことに、根気が無くなったのでウエットフライにした。

特別ウエットにしたから、反応が良くなったというわけでもなく、やっぱり魚は同じ感じだけど、小さいイワナが2.3匹釣れた。

出渓地点手前の岩盤のポイントで25センチくらいの白いイワナがフライのあとを追ったけど、残念ながら帰って行った。ありゃ釣りたかったな。

車に戻ると2時だった。3時間もやっていたらしい・・・ 車を出渓地点にまわして、おにぎり食べて、缶ビール飲んだ。3年前にオヤジと入った場所が見える。そこの石を拾ってきて、即席墓標として半分缶ビールはオヤジにあげた。おまえはしあわせ者だぞ。こーして息子が最後の釣り場へ来て偲んでくれるなんてな・・・と、言ってやった。(笑)

帰りは関の上州屋へ寄って、フロータントを買ったぜ。ドライマジックは高いので、618円だったかのジェルを買った。くどいがお誕生日プレゼントだよ。

2ヶ月ぶりの渓流はホント楽しかった。貧果だったけど、リフレッシュできた。やっぱり楽しいよ。来週も行こう! と思う。