2010/08/07

しあわせの青い鳥?

 

8月7日() 先週行った場所へ再度行く。今日はフロータント持っているもんね。5時に出発。7時釣り開始、11時終了。自宅着2時。の予定だったけど、結局午前8時の出発だった。

めだか釣り具で白鳥の長良川の様子を見たら、未明に雷雨があったらしいく、濁っていた、アメダスを見たら50ミリくらい降ったみたい。まぁ、源流にちかいような場所だから、増水も早くに収まっているだろうと思う。

掛け軸さんの前を通ると、イソイソと荷物を積み込んでいる最中だった。そのまま通過。

先週と同じ場所に到着。心配した水量はさほどでもなく、ここらはそんなに降らなかったのかな?状況としては先週とあんまり変わらないみたいな感じだ。

そそくさと支度をして、フライを付けて、さぁ、フロータントを塗り塗り。おおっーぽっかり浮くぞ。全然違う・・・。フロータントすんげー。先週のイライラは何だったのだ・・・。

フライがすぐ沈むというイライラは解消したけど、魚の反応は無い。これも前回と一緒で入渓 地点から30分くらいは全く出ないし、走る魚もいない。それから先は・・・

目の前に、セキレイ?というよーな野鳥が飛んできた。よく見たら、オオルリだった。ちょうど止まった大石がスポットライトを浴びているようで、オオルリはまことに瑠璃色で美しかった。写真が撮りたかったけど、カメラを出そうとしたら、飛んでいった。

ありゃ、しあわせの青い鳥に違いない・・・と、都合良く考えたのは言うまでもない。

その後、15センチくらいのイワナが釣れて、とりあえず満足。

しあわせの青い鳥は本当で、その後、手にしたイワナは10匹、アマゴが3匹だった。

ただサイズが伸びなくて、これ以上のサイズにもならないし、これ以下にもならなかった。それと、釣れるときは、同じポイントで2匹とか釣れたり、なんか魚の濃いエリアと薄いエリアがはっきりしていた。

フライは前回と同じで、12番〜16番までで、大好きなロイヤル・コーチマンとか普通のエルクヘアカディスとかアントとか使用。たいして変わりはなかったけど・・・

アマゴは昔型のアマゴで朱点があるのか無いのか・・・という感じのが釣れた。最近、妙に朱点のケバいのがおるけど、ありゃちょっと、いただけないな。

 

人が釣れた話ってのは、ちーとも、おもしろくないだろうから、このへんで終わりにします。

また行こう!