2011/03/05

 事務局長、また、また行く。

 

3月5日() 先週、先々週と続けて、奇跡的に釣れたので、またまた行く事務局長。

思うところがあって、今回は飛騨川漁協管内へ。あれ?珍しいねぇ〜。

ワケは話せないが、白川の支流の赤川ってところへ・・・・ 

午前9時出発。放射冷却で冷えたんで、そんなに早く行っても釣れないだろうという算段。41号から白川方面へ入り、デイリーなんとかというコンビニで遊漁券1000円を買った。

白川と黒川は、釣ったことがある。黒川の上流部の鱒淵川は、フライを始めた頃は、ダック鈴木と、よく行ったもんだ。特にダッス鈴木は大明神川がお気に入りだったと思う。今回、赤川だけど、赤川は竿を出したことがない初めての川です。

黒川から別れて、赤川を遡上するんだけど、まったく釣り人を見かけないし、餌釣りさんの落とし物の定番の、バイオ・ブドウ虫のパッケージとかミミズの空き箱とか落ちていないから、なーんか、釣り人にとってはどーてもいいような川みたいな雰囲気。下流には、アユの友釣り専用区なんてのがあるから、メインはアユなんだろーね。でも黒川と比べると、はるかに小さいんで、アユはほんと下流の方だけだな。

なんてこと思いながら、時々、川を見てユルユルと遡上。

結局、春の小川 程度になるところまで来てしまった。

ブラブラしてても仕方ないので、ここらでちょっとやってみますか・・・。

そうそう、飛騨川漁協は、解禁お祭り騒ぎの成魚放流をやめて、稚魚と発眼卵放流だけに切り替えて、天然魚の釣れる漁場を目指す。とかで昨年から、やっているとか・・・。まー漁協の内情とか、裏話もあるだろうけど、稚魚と発眼卵でも天然となるのかなぁ〜っていう疑問も残る。その川で育った成魚が卵を産んで孵化して・・・ってのが天然なんじゃねぇのか!とも思うけど・・・。まっ、どっちでもいいな。先週、栗巣川に行ったとき、明日の放流の為に場所取りとかしているヤカラを見ると、なーんか、趣がねぇとも思うし・・・。だったらこっちの方がいいな。

時刻は11時ちょっと前。天気快晴だけど、寒いわ。風もあるし・・・。ウェーダーを通じて伝わってくる川の水はメチャ冷たい。14番くらいのウエイト入れたニンフを入れ込む。

はい釣れました。10pの稚魚です。一応、ちゃんと放流しているみたいだな。一瞬、アブラハヤか・・・と思ったけど、アマゴちゃん、ごめんなさい。初めての川だと、わからんので、釣れてうれしい。赤川初ヒット記念なので撮した。アヒル倶楽部だから、この1匹で終わり。っていう事もあるし・・・。でも、そのあと、こんなサイズを3匹追加。

これじゃぁ、内径10pくらいのランディングネットを作らないといかんなぁ・・・・とか思っていたら・・・

一応、15pちょいのアマゴが釣れた・・・。うれしい・・・ まぁ〜局長サイズかな。

 

 

 

もうちょっと行ったら、17pくらいのが釣れた〜。サイズアップして、重ねてうれしい。

 

 

あそこの堰堤まで釣ったらお昼にしようと思っていた堰堤下のプールで・・・

21pくらいのアマゴが釣れた・・・ 奇跡だぁ〜。

メチヤクチャ気分よく、川から上がって、お昼ご飯。

そのあと、下流に移動。いい感じの川幅になったけど、なんと、川鵜が・・・。こんな山奥にまで来るのか?ここでは全然釣れず・・・ さらに下流へ。ここでも全然釣れず・・・。外道も釣れなかったので、頃合いもよくなかったかもしれんね。

で、終了〜。さっさと帰ったら午後5時でした。

 

ahiru_de_photo この日のお写真