2011/06/019

タルちゃんと・・・

 

6月19日() 今回はタルちゃんと一緒に釣る。美濃で落ち合いタル号に乗せて行ってもらった、いわゆる、「殿様釣行」です。タルちゃん、ありがとね。

8時に美濃のとあるところで、タル号に拾ってもらった事務局長。

「今日はどこへ連れていってくださるのでしょうか?」

とタルちゃんが聞くので、

「鷲見の奥だよ。そこで、タルちゃん鷲見の奥を釣るっていうビデオ撮影があるから、タルちゃん主役だから、頼むよ!」

と事務局長。

「わかりました、見せ場作りますから・・・。それと、アクション指導下さい。ですが、ジャッキー・チェンのようなのは出来ません・・・けど・・・」

「よーし、わかった!50pのイワナ釣って、リバーランズ・なんとか・・・っていう映画のパクリを作ろう・・・」

「・・・・」

というのは、ウソで、とりあえず、今年は鷲見の奥っていうのが、事務局長のマイブームなので、そこへ行くだけ・・・。一応、釣れてるし・・・。

まーついでに・・・

「あのさー、ジャスティン・ビーバーっていうカナダの小僧が・・・」

っていう話をとりあえずしておいたった。

高速は今日で1000円特売は終了なので、混んでいるみたいだけど、156号は空いていて、あれよあれよという間に、白鳥に来た。白鳥と言えば・・・

「純喫茶、掛け軸だよね〜」

と合唱する、タルちゃんと事務局長。この場合、純喫茶の純は準かもしれん・・。

で10分後、おいしいコーヒーを頂く事務局長とタルちゃん。

マスターがおかしなバンダナを広げていたので、これなに?と聞けば、なんでも、古代文字らしい。それも縄文より古い時代に日本に文明があって、そこで使われていた文字だという。

「へ〜」

ってタルちゃんと事務局長。それに熱中している、なんとかという先生がいるらしい。で、その超古代文字はどこから出たの?と聞けば、東北のとある古い屋敷の蔵から出たそうな・・・。

「へ〜」

そんな話をして、コーヒー飲み干して、事務局長とタルちゃんは鷲見の奥へ出発。掛け軸さんは本日は牛道へ行くとのことで、お互いの健闘を祈って解散。

本日、タル号で殿様釣行させてもらうにあたり、ちょっとは悪い気がする心優しい事務局長は、真心を込めて手作りギョーザを作ってタルちゃに振る舞おうと思ったけど、前夜、所用で走り回っていて、夜11時を過ぎていたので、そのまま寝てしまった・・・。だからギョーザは無いのです。とタルちゃんに告げると、

「じゃぁ・・・弁当買わないと・・・」

って泣くのでした。まーじんせーそーいうモンだから・・・ね。ところで、タルちゃん、あんたは、桑名のとある浜へ行って、ハマグリをどっさり採ってきてお昼に焼いて事務局長に献上するっていうメールだったけど、どうなったの?

「・・・・雨で・・・・ 止めました・・・ だから、ハマグリは無いのです」

まー、じんせーってそーいうモンだよねー。

で、白鳥のサークルKで弁当を物色。弁当よく売れるらしくほとんど無かった。ちなみに事務局長はちゃんと自分の弁当は持参していたのでした。

弁当も買ったし、とりあえず出発だ〜。と156号に出ると、対面のバローの駐車場になーんか、見慣れた、ステップ・カバゴンが止まっている・・・。あれってウッピー吉田のステップ・カバゴンじゃねーの?って思ったけど、まっ、どーでもいいので、そのまま通過。

ダック鈴木に用事があって、メールして、ついでに、白鳥のバローでウッピーのカバゴンに似たのが停まっていた。って送信したら、石徹白行くって言ってたよ。と返信が来た。んじゃ、あれはウッピーだったのね・・・。というお話。

156号から鷲見川に入ったけど、渇水してます。平野部じゃぁ、割と降ったけど、北の方じゃ、降っていなかったのね・・・。うーん。渇水は釣れんからなぁ・・・。と奥へ進むと、あちこちに、渓流釣りの車が止まっている。どうも、餌釣りさん達が、こりゃ、いい水が出たに違いないってミミズやブドウ虫持って走ってきたみたいだ。案の定、いつもの入渓地点にも、先客ありで、どーしましょう・・・状態。

しゃーねぇから、立石谷にでも行ってヒマ潰して午後から入ろうか?って行ったけど奥へ行くほど渇水で、6月5日に坪さんと来たときの半分の水量。なーんか釣れない予感・・・。

負け戦と、わかっていながら出撃する戦艦大和状態のタルちゃんの図↑  涙で見送る事務局長・・・。とりあえずマイブームの一眼デジカメでの動画撮影。アクション、キュー!

「タルちゃん、もっと哀愁漂わせて・・・。そうそう、いー感じだよ。男は負けるとわかっていても行かなくちゃならん時があるってーのを、背中で表現して欲しいな!」

「・・・・ 」  「こーですか?」

 

しかし、マジ、かなり渇水だし、朝一番で入られたみたいで、ほんのり足跡あるし・・・。活性低いみたいだし・・・。つらい釣りになる予感が・・・。アヒル倶楽部的に言えば(たとえ10pでも釣ればという定義)、今年は事務局長ボーズは、ないけど、今日はひょっとしてボーズになるかも・・。

事務局長、どうぞお先に行ってください。ってタルちゃんに言われて・・・

もーしわけない。小さいけど釣れちゃった。くどいけどアヒル倶楽部なんで、これでボーズは無い。15pくらいかね?そのあと、20pくらいのを釣ったけど、これは、足元に落ちてしまい、捕まえようとしたけど、クネクネ、ヌルヌルして逃げていった・・・。あーデジカメしたかった・・・。

なーんだ、釣れるじゃん。って思ったけど、その後はさっぱり。タルちゃんも同じように15pくらいのを釣ったけど、タルちゃんは今年15p止まりで伸び悩み。それで前回27p、25p、23p・・・って出たこの谷に来たけど、まー、前回と同じってのは、そうそう起こるモンじゃないし、2週間も過ぎてるし・・・。せっかく連れてきたけど、今日の状況では申し訳ない。キッパリ!

 

時々、よさげなポイントもあるけど、そーいったところからは、出ない。これまたじんせーやね。で、竿抜けの細かいポイントも打っていくけど、出ない。それもまたぁ〜じんせぃ〜♪ なのね・・・

上流からおっきな鳥が、サーと飛んできて、10メートルくらい下流の枝に止まった。大きいって言っても30pくらい。ありゃ何ですか?ってタルちゃん。うーん・・・後ろ姿だから、わからんけど、ホトトギスかカッコーかツツドリだと思う。ツツドリが一番近いかも・・・って思うけど、前から見ても、こいつらはよく似ているから、わかんねぇ・・・。鳴いてくれりゃ、特定できるんだけど・・・。とりあえずデジカメしようかな?でもカメラ取り出すと、飛んでいってしまうんだけど・・・・と迷っていた。それでも、ずーと止まっているから、よーし、デジカメしよう。ってんでカメラ出したら飛んでいった(泣)

で、またカメラをバックにしまって、先へ行くけど、時々、超小物がピチャって出る。でも、それさえも釣れず・・・。特に何もなくて、出渓の堰堤まで来てしまった。時刻は12時半。はらへった・・・。

林道をトボトボ・・・・

 

本来、昼食はコージャスになる予定だったけど、それも無くなったし釣れないし、ちょっとテンション低いお食事会。話題は分離型のガソリン・ストーブ。ノバとかドラゴンとか・・・タルちゃん欲しいらしい。事務局長も持ってるよ。スノーピークのギガってヤツ。それって、危険なヤツなんじゃない?なんでも火だるまになるとかで、製造中止になったとか・・・。マジっすか?そりゃヤバイ・・・

 

ジミ〜な昼食を終えて、朝に入ろうとした鷲見の奥へ行こうかと思ったけど、こうも渇水じゃぁ釣れそうにないので、予定変更して、牛道川へ行く事にした。北へ行くほど雨は降っていないという事は、南へ行けばちょっとは降って多少、水も増えてるかも・・・という安易な考え。

牛道の奥へ来てみたら、掛け軸さんが、カップ焼きそばを食べながら、缶ビールを飲んで、読書などしている状況に出くわすと思ったけど、そこには、やたらタイヤが大きいジムニーが停車していて、あれ?っていう感じ。ここへ来る途中も掛け軸さんは居なかったから、はは〜ん、寒水に逃げたんだ。

どうしましょう・・・。そーだね、んじゃ、下の橋から、ここまで釣ってみましょうか。朝のチョロチョロ谷を見てきたタルちゃんと事務局長は、谷も大きいし、水量もあるので、やたら釣れそうに見える。ウキウキしながら下の橋から入渓。

入渓して岸に降り立ち、上流を見たら、釣り人がいた・・・。

ずーーーと下流に車が1台止まっていた。それがそうだとしたら、ずーと下流まで、入ったばかりという事になる。

どうしましょう・・・。まぁ〜寒水に行きますか。ってんで、またひと山越えて寒水に到着。すると掛け軸号が止まっていた。車はあるけど、カップ焼きそばで缶ビールのみながら、あぐら読書の人物はいなかった。ここから入渓しているという事は、もっと下から釣ってこないといかんねぇ・・・。で、タル号でもっと下流へ。どこから入るの?先週ここらは私(タルちゃん)やりましたから、入る場所は知ってますよ。で、先週は? 15pが2.3匹でした・・・(泣) でもちょっとは水が増えた感じだから、午前中の谷よりか釣れるんじゃない?と慰めを言いながら入渓。

入渓して、しばらくは全く反応無くて、こりゃダメかも・・・ って思っていたら、タルちゃんが隅っこの方で、20pくらいの岩魚を釣った。釣ったけど、足元で落として、写真も動画も撮す間もなく、さよなら・・・。そーいうところから出るのか!よしっ、って、そーいうところを流してみるけど、出ないね。よくある事ね。

寒水は、部落の中、部落が終わったあたり、そして源流部は釣ったことあるけど、ここらは釣ったことがない。林道からも深い谷だし、滝もあるみたいだし・・・ と思ってたら、ゴルジュぽくなってきて、滝が出現〜。

先週来たタルちゃんが、右から高巻くのです。って登っていくの図↑

 

滝の上はパラダイスか?って思ったけど、そんな都合の良い事はなくて、同じよーな渓相で、同じように出ない、まぁ、たまにゃあ出るけど、パチャって食わない。事務局長は、まぁ〜、一般よりか大きいエルクヘアーカディスで、今日ずーとこれ使っている。タルちゃんは事務局長より、ずいぶん小さい。これが一般的だと思うし、タルちゃんの方がリーダーも長いし細い。でもまぁ、同じように釣れない。ただ、とても早く出るとは思う。サイズは小さいけど・・・。水中勝負の方がいいかも・・・って思うけど、ここでまたウエットフライにチェンジするのも面倒だし、なんせ魚のやる気がイマイチだから・・・

とりあえず、このエルクヘアヘーカディス、朝からずーと使っていて、すぐ沈むようになってきたから、沈んだらそのまま、ウエット的に使ってみようかなぁ・・・

で、釣れちゃった。21か22pくらい。寒水にしては色白のイワナ君。

そーか、やっぱり水中か!

はじめはドライフライとして流して、そのあと落ち込みにキャストして白泡の下を潜らせ、浮上させたり、引っ張ったり、流れをクロスさせたり・・。イワナがいそうな沈み石の前で停止させたり・・・

そうしたら・・・・ でも結局、釣れなかった。そんなことで釣れるなら苦労はせんわ!ねぇ・・・たまたま釣れたにすぎないノダ。

 

時計を見たらもうすぐ5時だった。いいかげん、飽きてきたし、疲れたよ。タルちゃんに、ここらで終わりにしますか?と言うと、そうしましょう。

で、このあたりから林道に出れるのだろうか?と言うと、先週もたしかこの辺りで出渓したと思いますが・・・。と、林道がある方を見ると、なんとなく、人が降りたような上ったような跡があって、それで林道に出たら、掛け軸号がちょっと下にあって、そっか、掛け軸さんが通った後だったのか!それで釣れなかったのか。という事にしましょう。

林道をトボトボ歩き、ヘアピンカーブじゃ、ショートカットしたりして、やっとこせタル号に到着。長い1日が終わった。

事務局長としては写真も撮ったし、動画も撮ったし、一応、ちっちゃいのが釣れたし・・・。小欲知足で、満足満足。タルちゃんもナチュラルリリースだったけど、15p止まりは脱出したということにしておいてちょーだい。

帰りの車内では、禁漁になったら、母袋へニジマス釣りに行こう。とか、敦賀あたりにアオリイカを釣りに行こう。とかいう話をしながら帰った。まだ、シーズン中なのにね。

 

ahiru_de_photo この日のお写真