2011/09/25

ラスト

 

9月25日() たぶん今日で、今年の渓流釣りは終わりになると思ったので、まわりに、予定はないか?とたずねれば、特になし との事だったので、出かけることにした。

ただ、台風15号の大雨の影響がまだ出ているであろうから、フライにとっては、あきらめムードの状況だろう。

かねがね叔父ともゆっくり話がしたいと思っていたので、お昼ちょい前に叔父宅に到着し、昼飯を食べながら、お彼岸週間でもあるので、ご先祖の話でもして盛り上がって、やっとこせウェーダーを履いたのが午後1時。缶ビールもすでに2.3本もらって飲んでいるので、ごきげん。

叔父の家から下の川に降りて、ちょいと遡上をして右から来るアヒル谷に入って、同念滝まで釣る予定。同念滝を拝むのは何年ぶりだろう・・・ 

大水が出て、あちこちの石の位置が変わって、川底もきれいで、青々とした冷たい水が、ドッドーと流れている。

こりゃ、ミミズでしょう。ドライ・フライじゃたぶん無理。

小さいシマ(アマゴの稚魚の事)が、チョロチョロ流れの中で、ナニやら捕食しているのが見える。ドライをながしても、見向きもしないから、水面に興味ないんでっしゃろう。

そんでもとりあえず、あちこち流しながら進む。真新しい足跡が1つ.2つ。

出会いの淵から右のアヒル谷へ入る。

小さいアマゴがやっと出たけど、ヒットせず・・・。

同念滝まで来たけど、あとは全然・・・

それよりか、滝の手前で、今、帰りました・・・という下流向きの足跡。それも石の上で、まだ水がしたたり落ちている・・・。すれ違っていないんだけど・・・。

滝のちょっと下流に昔の取水堰堤があって、そこから導水路が伸びているからそれを歩いて先行者は帰ったのでありましょうか??? でもその通路は今では使われていないから、果たして通れるのか???

という事で、その導水路跡を通ってみることにしたけど、やっぱり通っていないだけあって、所々、抜けていたり、藪になっていたり、倒木があったりして、ちょっと難儀。先ほど誰かが歩いたという感じでもないし・・・。あの先行者の濡れた足跡はナニ? ちょっと不思議。

叔父宅に戻って、午後3時ちょっと前。

去年、今年と行っていない、アヒル谷の中段に行ってみることにする。

こちらも通い慣れた場所だけど、入渓するために歩いていく、昔の杣道が笹藪になってしまって、難儀だったし、谷に降りていく杉林も、あちこちで杉が倒れていて、これまた難儀・・・。

で、やっぱり釣れず。

全然反応無い。

たぶんウエットでも一緒だろう。虫も飛ばないし・・・釣れる気がしない。

ここはニンフだろうけど、もう気力無いッス。

午後4時。早々と敗北宣言。ラストでボーズになりました。

唯一の収穫といえば、白い、ヤマトリカブトを見た。という事ですかねぇ・・。珍しいです。初めて見ました。

あとは、白鳥の物産館に寄って、めずらしく、お土産など買って、帰りました。

今年は2月からがんばったけど、7月くらいから右膝が悪化して、渓流歩くのがつらかったし、翌日、かなり痛かった。オフシーズンにちゃんと治しておこうっと。