2011/12/18

渓流シーズン・番外編

シロハエ釣りに行くの巻

 

12月18日() シロハエ釣りに行きました。毎度のことですが、どーでもいい事ですが、いわゆる、「オイカワ」ってやつです。これをシロハエというのかシラハエというのか?まーどうでもいいですけど・・・ ちょっと気になる事務局長です。

事の始まりは・・・・

まーこれも毎度のことですが、長い話になるので、ご勘弁を・・・

今年は、小物専用ランディングネットを2本作りました。ネットを作るってことは生まれて初めての事です。フレームも、そしてネットも編みました。ネットを編むにあたり、最初にテスト用として、15目くらいの小さなネットを編んで、減らし目やら、何やらを予行演習したわけでございます。

オフになって何やらヒマになった、ある日・・・ ふと、そのテスト用に編んだネットが目に留まりました。そーだ、ヒマで退屈だから、これにフレームをつけてやろう。としたのが始まりです。お遊びでございました。

で・・・

出来上がったのが、コレです。適当に作りました。

作ったら、これに魚を入れてみたくなるのは、心情ってもんでございます。

で・・・

本日、シロハエ釣りに行ったのでございます。

午前9時過ぎ、曇っていて、寒い寒い。この週末、寒気が南下で、この冬一番の冷え込みです。ガソリンを入れて、武儀川へ。これも毎度、不思議に思うのですが、武芸川町を流れるのに武儀川ってどーして???と前から思ってます。武芸川はどこにあるの???

まっ、それもどーでもいいですけど・・・

関あたりで、パラパラと冷たい雨がウインドウに当たります。なーんか、ミゾレっていう感じで、雨粒の中に、氷のつぶつぶが入ってます。風がないだけ、ありがたいけど・・・。

フライを始めた頃、オフはよくシロハエを釣ってました。いわゆるシラメの練習です。ダック鈴木やウッピー吉田の3人で行ってました。お昼ご飯を賭けてシロハエ勝負をしたりしてました。もちろん事務局長が勝ちますけど・・・。シロハエ釣らせたら祝いよりうまいとか言われましたけど、シラメは苦手でした。

20年以上のブランクはあるけど、まーシロハエだから・・・って、バカにしてました。とりあえず、小雨の中、シロハエのライズを探します。あちこち見て、やっとライズにありつけました。でも小さいのばかりみたい。中には大きいのもいるみたいだけど・・・。

ここ数年、渓流は小さな谷ばかり釣っているので、ダブルホールなんて、どーやるのか忘れたわい。7Xって何?っていう世界にいたから、4番のルーミスが長いし、6X以下は見えんし結べんし、20番のフライってどこにアイがあるの?ちなみに事務局長の人生も、20番以下のミッジフライのようなもんで、どこに愛があるのかわからんよーになっちまった・・・

スプールを見たら7Xは品切れだった。まーシロハエだから6Xでもえーだろうし、18番くらいでもえーだろう。と適当に黒いフライを付けて、ライズに投げる。

一応、シロハエも下流から、群れで上がっていらっしゃいます。素通りされました・・・。

釣れん・・・

完全無視・・・

ちょっかいも出されん・・・

一人だと寂しい・・・ 川にいると、寒いけど、ビールが飲みたくなるし・・・

そーだ、タルちゃんに携帯してみよう!タルちゃんなら釣ってくれるかもしれん。こっちは極小ネットにお魚が入れば、それでいいんだモン!よし、送信だぁ〜。

しばらくして、タルちゃん返信。

「今日は家族サービスなので、行けません・・・・」

残念、 釣れなんだ!

世の中、甘くない。

こうなりゃ、自分でなんとかするしかないなぁ・・・

7X無いので、6Xに8Xを結んで、フライも、22番のユスリカ・フローティング・ピューパというかイマージャーにして、群れの先頭のやつ2.3匹が大きそうなので、それを狙う。

ほどなくして、1匹目、ゲット!

タルちゃんにメールしたら、「おめでとうございます」と祝福された。

それから4匹釣ったけど、一番大きいので12p。あとは10p弱。コンビニのビニール袋に水を入れて、12pは写真のモデルさん用にキープ。

お昼12時になったので終了して、ちょっと上流に移動して、パチリ!

ミッション完了。

釣っている最中、エナガとシジュウカラの群れがやってきたし、久しぶりにイカルチドリも見れたし、ジョウビタキも見れたし、まー満足、満足でごさいました。

帰りに関の上州屋で7Xと5X買いました。