2012/04/30

 谷のワサビが目的なれど・・・

 

4月30日() GW前半の3連休。やっと30日がOFFとなった。坪さんもこの日くらいしか空いていないというので、せっかくのGWだし、後半の連休は天気悪いようなので、どこぞに出かけますか? そうしますか? どこへ行きます? 定番の鷲見の谷へワサビ採りに行きますか? いいですなぁ・・・。という事になった。

午前8時に坪さん宅へお迎えに行く事務局長。毎度、坪さんに乗せていってもらっているので、たまには恩返し。事務局長のアヒル号はホンダのフィットシャトルハイブリッドになって低燃費だし。

スズケンちゃんが、静岡だったか、神奈川だったか、横浜だったか、東京だったか、から来ているそうだよ。(掛け軸さんのHPでも語られていたけど、イマイチ、彼がどこに住んでいるのか、覚えていない)

で?

長良川本流で、ライズの釣りをしているそうな・・・

へ〜!

とか言っているうちに、大和町。とりあえず釜淵の上を見る。浜松のフォレスターが停まっていて、ナニやら立ち込んでいるお方が・・・。スズケンちゃんもフォレスターだったよなぁ・・・。でもシルバーだったような・・・。 それに立ち姿がなんか違うみたい・・・

万場の曲淵を見る。2台停まっていた。流れ込みに餌づりさんとヒラキの下の瀬に餌づりさん。 スズケンちゃんいないねぇ・・・。

それでは、掛け軸さんの所へ行こう。

おはようございます。

あれ?スズケンちゃんがコーヒーを飲んでいる。じゃぁ、釜淵のはどこぞのお方だったのね。

掛け軸さんにコーヒーをごちそうしてもらって、スズケンちゃんの2日間と掛け軸さんの2日間の話を聞いて、話題の巨大湖の真相を聞き、純金のルアーやフライの話を聞き、9時40分も過ぎたので、それじゃぁ・・・と掛け軸さんとスズケンちゃんに挨拶して鷲見川へ。

その前に、牛道の野菜売り場へ行ってくりょ。と、坪さんが言うので、寄り道して、コゴミや、コンテツなど、山菜をゲット。歳を取ると、いちいち山へ入って山菜採りするのも面倒になって、道の駅で、買ったりすることが多くなったね。

若い頃の苦労は買ってでもしろ。

歳を取ってからの苦労は、金で買え。という格言は椎名誠の友人、沢野さんの言葉だったっけ? それに通じるモノがあるな。

しかし、ワサビは無かったので、これは採りに行かなくてはならん。まー、釣行のコースにある枝谷をちょいと入るとあるので、楽は楽だよねー。

・・・・

目的の場所に到着したら、釣り師と思われる車が1台。釣るのが目的なれば、チェッ、先行者か・・・となるが、ボンネットを触ってみて、冷たいぞ・・・という事は、かなり前に入渓しているな。んじゃ、行きますか。どうせ、ワサビが目的だし・・・。と支度してたら、目の前に下流から2名。さすがに、ワサビ採りが目的としても、これはさすがに・・・。

ワサビはお昼からということにして、アヒル谷の中段にでも行きましょう。あそこにも多少ワサビがあるしね。そーしましょう。

ひさびさに入渓するアヒル谷中段。なんか入渓するために歩いていた、かつての杣道の跡がヤブとなっていて、なおかつ、手入れしていない杉林が荒れ放題になって雪で折れたと思われる倒木や枝が散乱していて、歩きにくいことこの上なし。なんとかたどり着いて、これでは夏は来れないなぁ・・・とか思う事務局長。

エルクヘアーカディスで攻撃。ここの魚は、何度も流さないと出ない。やっと出ました。

かなり小さいイワナちゃん。でも今年の初イワナなので、一枚写しました。

坪さんも同じようなサイズを釣ったらしい。出てくるのが、これくらいのサイズばかり。

しばらく行くと・・・

(むかつくので、画像は小さくした・・・)

こんなモノが落ちていた。というか故意に石を乗っけてある。こいつは・・・見覚えがあるぞ。

昔の釣行記を見てもらうと、わかるが、これくらいの季節に、かならずやってくる2名の餌釣り師。毎年同じ場所で同じようにオニギリを食べ、こうして石を載せてゴミを捨てていく、バカヤローだよ。薬を飲んでいく、そのパッケージから、愛知県西部あたりのバカヤロー達であることが判明しているし、実際、事務局長は彼らを見た事もある。夏場になると来なくなるので、たぶん専門は鮎釣りではなかろうか?そしてこいつらは、どこの川でも山でもこうしてゴミを捨てていくんだろうな。持ってきたなら、持って帰れ!たかが、それだけの事だろうか・・・。

殺意にも似た感情を飲み込んで、ゴミを拾う。サークルKのおにぎりで、4月29日。という事は昨日入ったな。そんな事を思いつつベストの後ろに入れる。

すると・・・

それまで15p無いようなイワナだったけど、とりあえず20pあるようなイワナが釣れた。

アヒル倶楽部なんで、20pは、たいそうな喜びでありますデス。山の神様、ありがとう。

いつもだと、このあたりにワサビがチラホラあったりするんだけど・・・ あっても本当に小さい、なのに花が咲いているのもある。やっぱり今年は気候が変だな。

いつもは出渓するイサブロウ小屋跡も過ぎて、堰堤まで釣る。途中、さばかれた大量の魚のハラワタを見る。20〜30匹分はあったな。あいつらに違いないな・・・。

そのまま進んで堰堤まで。手前で坪さんが20pを釣った。

堰堤を道路側へ直登して、ヒーヒー。トボトボと農道を降りて車に戻る。時は午後1時を過ぎていて、喉もカラカラでお腹もグーグー。

プシュっと缶ビール。一気に半分くらい飲んで、プハー!っと言う。弁当を食べて、まったりしてから、本日のメインであるワサビ採りの為に、朝のポイントへ移動。さすがにもう先行者の車もない。

ただ、こちらとしても、もう釣り歩く余力もない。坪さんが目指す枝谷があるあたりまで林道を車で行って、そこから直下に渓に降りてワサビのみゲットしてこよう。という作戦を提案。OKそれにしよう。ロッドも持たず木々につかまりながら、急斜面を降りて目指すワサビの枝谷に突入。

しかし・・・

やっぱり今年は寒かった・・・。ワサビの生育が悪く、そしてやっと平年並みに戻った暖かさで、ワサビとしては、こりゃ早くに花を咲かせないと・・・と思うのか、全然、成長しないのにすでに花が咲いている状態。茎など折って、食べてみるが、ワサビのすがすがしさよりも、エグさが残るし、だいたい、採れるような株が無い。

撤収・・・

先ほど直下した斜面をヒーヒー言いながら登る。体力の無さを実感。

ということで、本日終了〜。

 

帰路、立壁の淵を見たら、スズケンちゃんがライズを狙っていたので、ちょいと冷やかしに寄った。

いかにも渋そうなライズで、どうもちょいと大きめのブユを食べているみたい。マダラでもハッチしたなら釣れそうだけど、ブユじゃぁ、嫌だなぁ。ってやる気もないけど・・・。

それに流れもヨレをまたいで、嫌らしいな。素直に流すのはデフレスパイラルキヤストしかないな。って久々に聞いたな、デフレスパイラルキャストって・・・。

昨日はメイフライのハッチもあったらしく、釣れたそうだけど・・・今日はダメっぽいな。

4月29日にスズケンちやんが釣ったアマゴ 携帯画像

釣れるまで帰ってはダメだ。と、アヒル倶楽部本部・局長命令を出して、事務局長と坪さんは、それじゃぁね って、スズケンちゃんと別れた。

急いで帰る事もないので、適当にポイントを見て帰った。どこもポツンと時々ライズがあるようだけど、まー釣れない感じやねー。

帰宅後、道の駅で買ったコゴミをおひたしに。コンテツは天ぷらとおひたし。アヒル谷でちょいと頂いたタラメも天ぷらに・・・。春の香り。今年も食すことが出来て、満足〜。

 

ahiru_de_photo この日のお写真