2012/05/13

 ワサビ採り&焼肉ツアー

 

5月13日() 山田伸チャが、「2年前のワサビ採り&焼肉ツアーはよかった、よかった。また行きたい」などと言っていると坪さんから聞いて、それじゃぁ、行こうか?ってことになった。

目指す谷は山奥の奥の奥で、かつて坪さんはクマも見た!っていうところだから4WDの坪号じゃないと無理なので、坪さん運転の殿様ツアーとあいなった。

とりあえず、その山奥の奥の奥へ通じる道が通れるかどうかだけど、「通れるんじゃねぇの」っていう話だけで、確たる証拠もない。まぁ、例年なら通行可能のはず。

気合いが入っている伸チャの為に、午前6時半の出発となった。伸チャの自宅に集まり、そこから荷物を坪号に移して、いざ出発。

・・・

・・・・

・・・・・

目指す山奥の奥の奥の谷に通じる道の手前で、通行止め・・・。

迂回路もない。向こう側から入れるかどうかもわからんし、だいたい向こう側へ今から行ったら、かなりの時間をロスする。

これで本日終了とは出来ないので、坪さんが知る、数年前のワサビの谷へ行くことになった。

来た道を引き返し、峠を越えて、がたごと道をズンズン進んで、やっとこせ到着〜

おもえば、遠くに来たもんだ〜♪

事務局長もここまで釣りに来たことはない。ロケーションはなかなかの風景。

 

一斉に、芽吹きをむかえて、山、萌ゆるとはこの事かいな。本来、萌えとは、こ〜いう事を言うのであって、AKB48とか、アニメおたくとかに使って欲しくない、日本語だよなぁ〜

 

 

しばらく歩いて、谷を渡ると、ありました。

坪さん曰く、数年前に来たときよりも、ずいぶんと増えているらしい。そーいうのは、ありがたいこってすなぁ〜。

ここも山奥の奥の奥なんで、つい最近、雪がとけて、一斉に芽吹いて、グングンそだったみたいで、柔らかく、辛みも良くて、なかなかのワサビを、ちょこっといただきました。

これで本日の予定の半分が終わったようなモンですな。

 

それから、焼肉というイベントがあるんだけど、まだお昼には早いし、お腹も減ってはいないので、とりあえず、釣りをして、腹を減らすことにした。

 

石徹白に移動して、日釣券を買って、第1アヒル広場に行き、「うん、ここで、お昼は焼肉やね」と言いつつ、各自、釣りの支度。

坪さんと事務局長はフライだけど、伸チャはミミズで餌づり。

久しぶりの石徹白川本流は、かつての集中豪雨の爪痕から、元の渓相に戻っていた感じがした。土手から見ていた本流は、よい加減の水量と思われたけど、いざ、入ってみると、結構な水量で、向こうへ渡るのも躊躇するくらい。ここ数年、小さな谷ばかりやっていたから、とまどう。

雪代じゃぁないけど、冷たい水が、ドップリと流れている。水温も低いようだねぇ。虫も飛んでいないし・・・。ハッチもライズも無い。1時間ほどやってみたけど、1度、岩魚がエルクヘアーカディスを見に来ただけ・・・。活性低いな。大きな淵までドライで釣り上がって、アヒル広場まで戻るのは、ウエットで釣り下ったけど、アタリも、ちょっかいを出す魚もいなかった。

途中、山ウドを見つけて2本ゲット。ラッキー。

アヒル広場に戻ったら、早々と伸チャがいて、餌づりでも全然ダメだったらしい。

唯一、坪さんが、脇の分流の分流のようなところで、アマゴを釣った。まぁ、2年前のワサビ&焼肉ツアーでも事務局長が1匹、岩魚を釣っただけだったもんな。

 

それでは、本日のメインイベント・パート2

やっぱり、山で食べる、焼肉は、うまい!

これで満足。午後の釣りは、どーでもえぇわ〜

ということで、1時間ほど釣りをしただけという1日でした。