2012/06/10

阿多岐川へ

 

6月10日() 今回も種子島トムさんと出撃。新たに極秘Pのメンバーに加わった、トムさんも、ハズカシフライを作ってきたそうな。

とりあえず、掛け軸さんのところに寄るって、極秘プロジェクトのミーディングをしていると、船長さんがやってきた。

しばし雑談の後、それぞれ旅立つ。

掛け軸さんは、土京へ・・・

船長さんは、九頭竜へ・・・

そして事務局長とトムさんは、阿多岐川へ・・・

阿多岐川・・・ って釣れないね。掛け軸さんも釣れないらしい。渓相はAAAなんだけどね。なんで釣れない川へ行くのか?それは、極秘Pの試作品を試すのに、こんな釣れない川でも、効果があれば、そりゃスゴイって事になるからねぇ・・・。今思えば、猪洞川の奥でもよかったな。あそこも渓相AAAだけど、釣れないもんな。

それと、下には堰堤があるし、だいたい試作品は堰堤や滝壺、大場所攻略が目的なんだよ〜ん。

で、午前中、阿多岐川を釣り上がって、一ノ滝の滝壺でテスト。夕方は下の堰堤を攻略という算段なのよ。

10時に入渓点の堰堤に到着。堰堤のプールで試作3号をぶちこんで、悦にいる事務局長と、初号機のテストをするトムさん。

そののち、阿多岐川を釣り上がる。しかし、どこからイワナが出てもおかしくないような、すばらしいポイントが続く阿多岐川だけど、やっぱり出ないね。

それと、石が大きい。大きい石に囲まれたポイントは深い。遡行に難儀する。かつて何度が訪れた事がある渓流だけど、そのたびに良い思いはしたこと無い。ただ、たまに釣れるのは、そこそこの型のイワナが多かったなぁ・・・。

初めは試作3号で釣り上がったけど、まったく反応ないので、止めた。でもトムさんは普通にドライだったけど、彼にも反応無いので、魚影が薄いのか、この川、独特の時間帯があるのか・・・。

ここで、トムさに悲劇が・・・

クモの巣がロッドやラインに絡まったので、処理していたら、ティップが20pほどのところで折れた。

入渓してすぐなら、予備のロッドを取りに行くところだけど、1時間ほど釣っていたので、残念ながら、折れたテッィプの先からラインを出して、竿抜けのような所を落とし込み状態で釣って行くという事になってしまった。そして折れたティップも途中で紛失という悲しい出来事が・・・

滝まで1時間くらい・・・と思っていたけど、行けども行けども滝が見えない。というか、こちらの体力が落ちているんだね。大石を乗り越えたり、ちょっと高巻いたりが、しんどい。歳を取ったと実感。それと、ティペットが結べない・・・。フライ交換に手間取る。それで1匹、損したがね。

とりあえず釣れた22pくらいのイワナ。サイズの割には、けっこう引きが強かった。

そしてやっとこせ、一ノ滝に到着。すでに時刻は1時過ぎ。

試作2号・そして3号を、ぶちこんでみたけど、ノーヒット。

腹減ったので撤収。

かつての杣道をたどって車に戻る。その道すがら、カップラーメンの塩味の麺をお湯切りして、スープを搦めて食べたら、塩焼きそばになるのか?という事をフト考えた事務局長。それとカップメンのノンフライはあるけど、焼きそばにノンフライは無いのか?という事。それでノンフライの塩ラーメンをお湯切りして、スープをからめれば、カロリーが低い塩焼きそばになるのか?とかトムさんに話す。今度、やってみよう・・・。

でお昼は・・・

残念でした、今日はカップのチャンポンメンでした。これまた、リンガーハットのチャンポンは、・・・だよなぁ〜。ってトムさんに言うと、それは同感です!だった。そして滋賀には近江チャンポンというのがあるらしい。本当ですか?という話になって、盛り上がった。

 

さて、午後の部です。もうすでに3時になろうとしてます。ちょっとまったりしました。風が心地よい。このままお昼寝でもいいかなぁとか思ったけど、堰堤のイブにゃまだ早いので、暇つぶしに、となりの板倉川へ行く。板倉川も地区のはずれあたりをちょっと、つついた程度しかやった事がないので、奥へ進んで、堰堤から入渓。ミニ阿多岐川って感じ。阿多岐じゃ見られなかったけど、板倉川には、この時期の定番のヒメレンゲが咲いていた。

なかなか、ヒメレンゲと一緒に撮すのは、むずかしい・・・

板倉川の奥は入ったことはないので、出渓地点も知らないけど、地図で見ると、林道が延びているから右岸を登れば林道へ出る。でも、それは地図の上での話で、林道との高低差があったり、林道まで遠いと難儀する。地形を見ながら、注意して進んで、午後5時。林道に楽に上がれそうな所を見つけて出渓。

さて、イブの堰堤だぁ〜

阿多岐の堰堤に戻ってみたら、堰堤のワキでライズしている。でも魚は小さそう。とりあえず、ドライでそれを狙うけど、釣れない・・・。ミッジ食べているのか?でも20番以下は嫌だ!18番くらいまで落としたけど釣れなかった。

6時過ぎたので、各自、ハズカシフライで攻撃するけど、ノーバイトのノーヒット。

終了〜

帰るつもりで堰堤を上がったら、上のプールでライズしている。でもなんかアブラハヤっぽいんだよこれが・・・。ここにアブラハヤがいるとは思えんけど・・・。

釣ってみればわかる!

という事で、攻撃開始。

ヒラキのネコヤナギの下のヤツはアブラハヤぽかったけど釣れなかった。

流れ込みや流芯のは、12pのアマゴだった。

これにて終了。

白鳥に降りたら、掛け軸さんが土京から帰ってきていたのでお邪魔して、コーヒーを頂いて、事務局長の試作2号と3号をお披露目。そのあと帰宅。

アヒル倶楽部にしては、1日がんばりました。

もう、阿多岐には行かんで〜