2012/07/28

鷲見川は手強い

 

7月28日() 前回のハズカシ谷での講習会の折、お昼の宴会時、酔っぱらった事務局長が、

「キャプテン・ウルトラウト氏と釣りたい。ウルトラウト氏の渓流ミノー・テクニックが見たい!でもシングルフックじゃないと嫌だ!」

とか言ったらしい

翌日、掛け軸さんからメールが届いて、

キャプテン・ウルトラウト氏が快諾して、ミノーのトリプルフックをシングル・フックに変更し、そちらのハズカシ・フライに対抗すべく、ハズカシ・ルアーも考案中。

まずは、ウルトラウト氏と連絡を取り合って日程など調整してください。

なんていう事になった。

今週に入ってから、バカ会社の業務が激化し、なおかつ猛暑とあいまって、ヘロヘロになって過放電状態になっていた事務局長は、自身のHPを更新する気力もなく、意気体力とも消沈していたけど、木曜日あたりに、バカ会社にかなりムカついて、それが起爆剤になったのか、怒りのアドレナリンが噴出し、釣りに行く!絶対に行く。とテンションが高くなった。

ウルトラウト氏と掛け軸さんに、土曜日に行く。なおかつ、お昼にパスタも作る。ってメールした。

行き先は、ハズカシ谷の本流でも・・・と思ったけど、このところウルトラウト氏が通っている鷲見川とした。鷲見川は手強くて、かなりの手練れでないと釣れない。土地のセミプロ漁師はかなり釣るようで、玄人向きの川。そんな鷲見川を渇水に釣る。なおかつハズカシフライで・・・というのは修行にもってこいなのだ!ということにしておこう。

午前9時に掛け軸さんのところに集合。

午前7時に自宅を出るときすでに気温は30度を超えていた。白鳥に到着したら涼しいか?と思ったけど、ここでもすでに30度。でも、夜はクーラー無しで寝ているぞ。って白鳥の掛け軸さんと大和町のウルトラウト氏は申すので、なんとうらやましいことよ。こちとら、クーラーのタイマーが切れると目が覚めるし、シチノスケも扇風機で寝ていて、これまた扇風機のタイマーが切れると、ワンワン言うんだよ。夜も熟睡できず地獄だよ。っていう話をしてやった。

それから鷲見川へ。

鷲見川の最上流のいつも入るところへ。渇水してます。

ここらあたりだと、標高は900メートルはあるので、涼しいか?と思ったけど、暑い。なんというか、湿度が高くて、ムシムシする。いっくら暑くても、木陰にはいると、さーと汗が引くのが渓流釣りってもんじゃないッスか?それがどうでしょう、この日はサウナの中で釣りをしているみたいな気分です。

暑くても、なんでも、魚が釣れれば、そんなのはどーでもいいんだけど、これまた釣れない、シブイ、となると暑さが身にしみる。

時々、ハズカシフライにも出てくるんだけど、本当に時々で、挨拶程度。

渓流ミノーのはというと、これまた同じようで、大差なし。

ワサビの谷のあたりで、ミノーに5匹のイワナが反応したとの事。フライのお方達やってみてよ。ってウルトラウト氏に言われたので、掛け軸さんがハズカシフライでやってみたら、1匹寄ってきたけど、ヒットにはならず。今度は上流に回り込んで、事務局長のハズカシフライ。そしたら尺あるような魚が寄ってきたけど、なんか変。胴体のまわりが白い。ハラ回りにカビが生えているのか、病気なのか?釣れなかったけど・・・。それっきり。

水通しの良い底石あたりに涼んでいるんじゃないか?と思って、ハズカシフライに粘土オモリをへっつけて、イワナが潜んでいそうな石の前を割と早くリトリーブしたら出てきたので、これかな?と思い、次のそれらしきポイントでやったらヒット。でも水面でバチャパチャやったてしまってはずれた・・・。悔しい・・・。

終わりの堰堤が現れて、出渓地点になったので、ここから脱出するのよ。って掛け軸さんと、ウルトラウトさんに告げて事務局長も出渓しようとしたけど、2.3箇所気になるところがあったので、やってみたら、なんとイワナが釣れた。

ふふふ〜。釣りはどうやろうと釣ったモン勝ちやもんねー。

と振り向いたら、誰もいなかった・・・

この暑さで参った山間部のお方達は早々に脱出し、水分補給(缶ビール)に向かったようだ。軟弱者め!夜もクーラー無しで熟睡してっから、暑さに耐えられん釣り師になりおったな!お散歩気分で釣りに行ける環境に住んでいるのと、2時間かけて通ってくる釣り師との気合いの違いだぜ!

 

鷲見川の源流へ移動して、昼食。事務局長はボンゴレ・バスタを作る。掛け軸さんはケーチャン。ウルトラウト氏はチキンサラダ・ウルトラウトドレッシング風味。みな頂く。最後にウルトラウト氏のデザートのスイカをかぶりついて終了。食った、食った・・・。

 

午後の部は、下って鷲見川で一番涼しい場所。

 

アマゴを釣ると勝ち点3らしい。ちなみにイワナは勝ち点1らしい。

アマゴを釣れば完全勝利だな。と事務局長が思う。

アマゴを釣れば事務局長のイワナを抜いて勝利だ。と掛け軸さんとウルトラウト氏。っていう図式。

 

ゴイチサの橋あたりから入る。渓相はいいんだけど、釣れない。

みな忍耐の釣り。

ウルトラウト氏がイワナを釣って勝ち点1で、事務局長と並ぶ。

なんとかしてアマゴを釣りたい。が、そんなにあまくない。さらに忍耐の釣りが続く。

午後5時ちかくになって、本日も終了かな?

昔の製材所あたりで出渓だよって事務局長が急斜面を登っていく。

午前の事があるので、残った者に幸運が訪れるかもしれんと、ウルトラウト氏がミノーを投げたら、イワナが釣れた。勝ち点2になった。

最後に残った掛け軸さんが、午前のことがあるかもしれん・・・と、出渓地点からちょいと進んだけど、何もなかったようで、そうそうに帰ってきた。

激シブの鷲見川でした。まぁ、土用の丑の日が前日だったので、俗に言う、土用隠れっていう事で・・・。

でも釣れないまでも、もう少し涼しいとありがたかったなぁ・・・。

ウルトラウト氏はイワナの他にカヤの実もゲットしていて、これを焼酎に漬けるとジンが出来るとの事。カヤの実は食べたことあるけど、ジンが出来るというのは知らなかった。

あと、掛け軸さんとウルトラウト氏が持っているソニーのNEXシリーズのカメラの軽さに釣られそうになってしまった・・・。いかん。ポチリそうで怖い。

 

今度は、みんなでハズカシ谷に行こう!ってことで解散。