2013/04/06

 シロネコ谷ということで・・・

 

4月6日() ほぼ1ヶ月ぶりの更新ですがな。

花粉症なもんで、引きこもり状態だったけど、最近、わりと調子よいので行っちゃいました。爆弾低気圧の通過だとかで、午後からは嵐になるというので、近場の探検。早春の花なんぞ、パチリとやりつつ、ちょっとドライフライでも・・・という感じです。

美並あたりは桜はほぼ満開で相戸はとてもきれいでしたし、山桜もほんわりとあちこちに咲いていて、これまた、きれいでした。にっくき杉の木も悪魔の花粉色から、スクスクの緑に変身していて、これなら大丈夫。もう戦いは終わったのだ・・・と安堵しました。

9時くらいに、3月のはじめに偵察した、白谷と熊切谷をのぞいてみて、あちこちに咲いているキクザキイチゲなどをパチリとやったりしてたけど、ドライフライを浮かべる気にはならんような渓相だったのでやめて、別の谷に移動しました。

適当に入りやすいところからドライを結んで入渓しました。

するとなにやら上流で白い煙が上がっています。えっ?だれかたき火でもやっているの?とか思ったけど・・・・ そんなことありえんし・・・。ひょっとして・・・

あれって、ヒノキの花粉雲ではないじゃろか???

ゲゲゲのゲー! きっとそーだよな。

でも、もう手遅れだ・・・

でも、オレって、スギ花粉よりかヒノキの方が楽だったよーな気がするし・・・と慰めてみたけど、甘かった・・・しばらくして、鼻がおかしくなってきた。

ティッシュのお世話になりながら、ドライフライを打っていくけど、反応無し。ずーと過去にチビアマゴをチラっと見ただけだもんな。

と思っていたら、なにやら小さいのが反応したので、「何かいるぞ、いるぞ」と、色めき立ちながら、ラインを引っ張り出さず、ティッシュをひっばりだすのでした。

谷には12番くらいのスピナーが乱舞しています。でもスピナーなのでこれはハッチしてるんじゃないから、水中は静かなんでしょーな。

それから2.3匹アタックしてきたけど、かからないというか、スピード早いし、なんか水面の餌を食べるのを慣れていないのか、いやがっているのか・・・。アマゴじゃないかもしれんし・・・

とりあえず16番にサイズを落としましょうと、適当な石に腰を下ろして、ふと岸辺を見たら、シロバナネコノメソウっていう珍しいのがアチコチに咲いていた。

昔、この花が見たくて、わざわざ、三重の藤原岳の方まで行ったっけ・・・。それがなんでココに、こんなに咲いているの??? 岐阜でも舟伏山の方に行くとあるらしいけど・・・

 

喜んで、しばらくパチパチやって、それから16番に変更。ティペットもちょっと長くしたりして・・・

でもやっぱ、反応は同じだったので、見やすい14番に戻したりして・・・だって曇っていて暗いし、小さいフライは見にくいし・・・。

それからしばらくして、

が、釣れた。15pあるかな?

そのあと17pくらいのが来たけど、落としてしまったよ〜ん。

雨もパラパラしてきたし、ヒノキ花粉雲を発生させたヒノキ林になってきたし、さらに花粉症も悪化してきたので、これにて終了。

帰路のドライブもティッシュの花盛りで、帰宅後も最悪〜。でもシロバナネコノメが見れたので、ルンルンしています。

という事で、この谷は、シロネコ谷と命名しました。