2013/04/13

 再度、シロネコ谷ということで・・・

 

4月13日() 先週に続き、シロネコ谷ということで。

ひとりで釣るのは、さみしいので、掛け軸さんに同行してもらいました。申し訳ないので、お昼は、寒かったら、牛肉うどん、暖かかったら、すき焼きを御所馳走するという事で、ご勘弁してもらいました。

9時にシロネコ谷の入り口に到着。放射冷却で今朝は冷えました。天気は快晴だけど、朝から風が強いです。待ち合わせは、9時から9時半。先に到着した事務局長。やっぱり今日も、サルが歩いています。ここらあたりはサルが多いです。

しばらくしたら掛け軸さん到着。

上の堰堤まで行ったら、なんと、釣り師と思われる車が・・・。ありゃ・・・。こんな所にも、釣り師が来るのねって、おまえもじゃろが・・・。

そんなに魅力的でもない谷なんだけど、事務局長にしてみたら、先週、シロバナネコノメソウを発見して、うかれているモンで・・・。

先行者ありなので、林道をズンズン上って、取水堰堤まで行って、そこから入りました。先週と同じです。ただ先週よりか、かなり水量は減っています。

入渓してすぐに、掛け軸さんがアマゴを釣りましたけど、10pでした。その後も、ポンポンと釣れますが、やっぱり10pくらいです。先週は15pくらいのも釣れたし、17pくらいのも、落としましたから、もうちょっと大きいアマゴもいるとは思いますが、釣れるのは10pです。事務局長も2.3匹、10pを釣りました。

先週、花盛りだったシロバナネコノメソウは、花も終わったのがほとんどで、ところどころ、遅咲きのが咲いていて、目を楽しませてくれました。そして、コガネネコノメソウというのも咲いていて、これは事務局長も初めてで、これまた、うれしい。釣りをするよりも、あちこち見ている方が多かったです。

上が先週見た、シロバナネコノメソウ。下の黄色いのが、コガネネコノメソウ。

 

しかし、10pアマゴばかりで・・・。そのうち魚影が薄くなったてしまった。

ところどころに、良型が釣れてもよさそうな小淵、大淵もあるんだけど、そこからは音沙汰無し。掛け軸さんの、新作・チョビちゃん(ハズカシフライ) 投入するも、反応無し・・・。

さすがに飽きてきて、ちょうど、お昼ということで、出渓。

 

実はこの谷に到着した頃に、自宅から携帯に電話がかかってきて、

「な〜に?」

「あんた、テーブルの上に、エバラすき焼きのタレとか、醤油とか砂糖とか、置いてあるよ」

「あっ そーだった・・・」

前夜、食材を用意して、冷蔵庫に入れて、醤油や砂糖、エバラすき焼きのタレとかは、テーブルの上においたままになっていた・・・。しっかり忘れてきてしまった。

と、いうことは、牛肉や野菜や、豆腐などはあるけど、それは調味料無しで食べなければならないじゃん・・・。

シロネコ谷を脱出し、民家のある辺りに戻って、オババが一人でやっているような、お菓子屋か、なにかわからんような店に入ってみたら、とりあえず、醤油とミリンと砂糖があったので、これならなんとかすき焼きはできる。よかったよかった。

それを店のカウンターの上に置くけど、いっこうにお店の人は出てこない。すいませーん。を何ども言うが、反応無し。ここは、シロネコ谷か???

このまま持って行くわけにもいかず、途方に暮れたころに、やっとこせ、オババ登場。オババも、ウェダーやらベスト着ているので、釣り人やろ?と思ったらしく、「釣れたかや?」って聞かれたけど、手に持っている、醤油やらミリンやら砂糖を見て、?と思っているみたい。パンや、缶ジュースを買うなら、わかるけど、なんで釣りの格好をしている、他所のお方が、そんなもん買うのか?って思っているみたい。説明しようとしたけど、めんどくさいので、やめました。

 

さて・・・これですき焼きが出来る。すき焼きをどこでするのかが、問題ですがな。

どこにしましょうか? 事務局長

どこでもいいっすよ。 掛け軸さん

んじゃぁ、テフテフ谷にしましょう。ってんで、テフテフ谷に移動して、適当なところで、とりあえず、スキ焼きを開始。

あとでウドンも入れるので、汁は多めで・・・。

缶ビールがうまい! 天気も上々。横を流れるテフテフ谷からは、カゲロウやらストーンのハッチがある。本当は飯を食べている時じゃないかもしれないけど、しあわせなのだから、しょーがない。

食べ終わって、コーヒーを煎れて、まったりしていたら、なにやら、アゲハチョウのようなのが飛んでいるので、「ありゃ、ギフチョウでしょうなぁ・・・」って言ったら、掛け軸さんが、「えっ?そうなんですか?」というので、「早春に飛んでいるアゲハチョウみたいなのは、ギフチョウだと思います」というと、「ギフチョウ、初めてみました。見たかった〜」って言って、カメラ持ってパチパチやってました。

ギフチョウの撮影会も終わって、もう一度、粗挽きのコーヒーを煎れて、片付けて、ようやく、入渓。もうこの頃には、ハッチは終了していました。

時々、10p〜12pくらいのアマゴが釣れて、18pくらいのを失敗してってのは掛け軸さんで、事務局長は全然ダメでした。

午後5時になって、ここから勾配がきつくなって、大石ゴロゴロになって林道も、ちょっと川から離れるっていう場所になったので、本日、終了となりました。

釣果には恵まれなかったけど、2.3の新しい見ていない花に出会えたり、ギフチョウに会えたり、と、楽しかったです。

 

ahiru_de_photo この日のお写真