2013/04/14

 ちょこっと本流 → アヒル谷

 

4月14日() 今日は、種子島トムさんと、長良川本流。

毎年、ノボリアマゴの時期になると、「本流は?」っていうトムさん。ノボリにゃちょっと早いかもしれんけど、出撃するらしい。それで事務局長さんにも同行してもらいたい。お車と昼食は出しますから〜。ってんで、そんじゃぁ、行く!昨日行ったけど、連チャンで行く!

白鳥の大島あたりからはじめて、ところどころのポイントをつまみ食いしながら、下っていこう。っていう事で、とりあえず、白鳥到着は午前8時半。

まずは、掛け軸カフェを攻撃して、首尾良く、モーニング・コーヒーをゲット。店主はこれから牛道に行くらしい。

本日、長良川の本流は、スーパーハッチしている。

なにが?って餌釣りさんのスーパーハッチ状態で、放流でもあったのか?って思うけど、そんなこたぁ〜無いだろうから、皆、本流のプリプリアマゴを釣りに来ているんでっしゃろ。昨日は寒かったけど、今日はポカポカ陽気になるらしいし皆、思うところは同じという事かいな。

大島に到着して、支度をして川に降り立ったら、ピューピュー風が吹き出してしまった。水も冷たいし、事務局長の2680円のバカ長はどうやら左足のヒザあたりに穴が空いているらしく、チュルチュルと冷たいお水が入ってくるし・・・。やっぱり安物という事かねぇ・・・

それでもとりあえず、事務局長さんは、いつ使ったのか覚えていない13ftのスペイロッドでシングルスペイをやってみるけど、すっかり忘れちまったし、トムさんはシングルのシューティングだけど、どちらも、今のはやりの、スイッチロッド?だったっけ?スカジットなんとかっていうヤツじゃないのが悲しいねぇ・・・。

30分くらいで、気も砕けた・・・。

 

さて、当初の目的を失って、結局、谷に逃げるという、おきまりのコース。

どこにいく?事務局長

あそこに行ってワサビを採りましょう。種子島トム

ワサビ??? まだまだ早いでしょ?事務局長

そうですか・・・?種子島トム

じゃぁ、鷲見の奥か、アヒル谷に行けば、ワサビありますよねぇ・・・。種子島トム

だから、まだ、早いって・・・事務局長

という毎度の天然ボケをやりながら、種子島トムさん号はズンズン北上。そしてアヒル谷に到着したのでありました。

アヒル谷あたりは、ほんとうに早春という感じで、まだまだ日陰には雪が残っているし、桜も咲いていないし・・・。当然、ワラビもワサビも無いです。

アヒル谷に降りたって、珍しく水温などを測ってみたら(トムさんが水温計を持っているというので・・・) 6度か7度らしいけど、水量は少なめだし、ドライでいけそうな感じなので、14番か16番のドライでやってみたら、今年の初イワナ。↓

だけど、ドライに出てくるのが、早い!クイック、喰いっく。だからか、どうかわかんないけど、バレも多かったり、空振りだったりする事が多かった。

途中から、事務局長はウエットにしてみた。水中では、ゆっくりと食べてくれかも・・・って。

1匹、デカイのが、向こう岸の木の根っこの下からゆっくり出てきて、8番のロイヤルコーチマンを、ぱっくり食った。上に枝があって竿が立てれないので、竿を横にして岸に引きずり上げたら、結び目で切れた

あっ! しまった・・・

デコン、ドコンしているのを、とっさに捕まえたけど、ヌルヌルと・・・。また帰って行かれた・・・

普段、あちこちにひっかけても切れないのに、こういう時には切れる・・・。我が人生みたい。

だけど、この谷で、あんなにデカイイワナを見たのは初めてだった。

そのあと、トムさんが、アマゴを釣った。8寸くらいのヤツだけど、腹びれと尾びれが、傷ついていて、体色もくすんでいるし、まだ痩せている。ひっょとすると去年、産卵したヤツじゃないかねぇ?とか話をして、トムさんは、カメラを取り出して撮影開始。

事務局長は、そこから50メートルくらい進んだ明るい淵で、マーチブラウンのウエットを入れたら、アマゴが釣れた。こいつもまだまだ痩せていた。

いつもはこのあたりで出渓するんだけど、そのままズルズルと釣り上がる。でもずいぶんとお腹も空いた。2時近くになっていると思う。今日はごちそうしてもらえる。ごちそう、ごちそう。ごちそう。ごちそう。ごちそう。でも・・・

このままいくと堰堤まで行ってしまうだろうし、そうなると3時過ぎるかも・・・。

そこまで身が持たんじゃないの! 腹減った〜。

トムさん、お昼にして〜。ごちそうして〜。ビール飲みたい!

強引に農道にあがる。

そして・・

トムさんおすすめの、タイ・カレーの缶詰と、ナンを焼いてもらって、缶ビール。このタイ・カレーの缶詰、バカにできないウマさ。

これだけでは、チト少ないので・・・

種子島トム特性・パスタ。(ある意味、特性)

早ゆで3分の短めスパを30pのフライパンで茹でて、そこに缶詰のエビを入れて、トムさん特性のバジルソースを加えて、あとは塩かけて食べるといヤツ。

トムさんの今回のお題は、ワン・フライパン料理だったらしい。つまり1つのフライパンで事を済ませるというのにチャレンジしたようだ。

ナンはすぐ焼けたけど、この日は風が強くて、そしてトムさんのコールマンの508Aの調子が悪くって、パスタのお湯がなかなか沸かず、パスタ投入後も温度が下がってしまい、ぬるま湯でふやけたパスタとなってしまったようだ。3分早茹でパスタ自体もコシがないので、それとあいまって、アルデンテとはほど遠いコシがナイデンテのパスタになったのが残念だった。

パスタ300gは二人で多いでしょうか?種子島トム

ふつう一人100gくらいだようねぇ〜?事務局長

ですよねぇ・・・種子島トム

でも、腹減っているから食べれるんじゃねーの?事務局長

残っちゃっても・・・種子島トム

いーの!300g投入して! なんとかがんばって食べりゃぁいいんだからさぁ〜事務局長

しかし、やっぱり300gは多かった。ふやけてさらに量が増しているし・・・。それでもがんばって完食した。うー。しばらくパスタは見たくないわ〜

こんなに食べたら、運動しないかん! さっきの続きをやろうぜ!

飯食っている時に下流に釣り人らしき車が駐まっていたけど、食べ終わる頃には上がってきた。彼が上流から歩いてきたなら、僕らは人の釣ったあと釣ることになるけど、人の後を釣ったのは彼だったようで、僕らは、出渓した場所に降りて、堰堤まで釣ることが出来た。

すでに3時過ぎだけど・・・

堰堤の手前くらいで、またロイヤルコーチマンのウエットにしたけど、これはストリーマー風に巻いたヤツだから、ちょっと引っ張ってみたら、イワナが出てきた。しかしフッキングには至らず。っていうのが2匹。1匹はハズれた。

堰堤で、そのまま投入。引っ張っていたら、追尾してくるヤツが・・・。でも、食わない。2回追尾して3回目は来なかった。もうちっょと沈めようと、粘土オモリをちょっと着けて再度、引っ張ったら、あっさりと釣れた。18pくらいだけど・・・。

見ていた種子島トムさんが、

「すっげー。ハズカシフライって釣れるんだ・・・」

って、これハズカシフライじゃないんだけど・・・。

それからトムさんは堰堤を越えて行ってしまった。事務局長はとりあえず撮影会。堰堤なんだから、もうちっょと大きいのがよかったんだけど、贅沢はいっちゃぁダメ。

写真を撮っていたら、堰堤の上からトムさんが呼ぶので、見上げると、でっかいイワナを釣ったとコーフンしている。「尺です、尺です」って言ってる。

しばらくしたら、落ち着いたらしく、「うーん、尺は無いです・・・(泣) 」

あっそー。

そのあと、とりあえず目の前の堰堤に今季初のハズカシフライを投入したけど、何も起こらなかったので、堰堤を巻いて、トムさんのイワナを見に行く。

せっかくのお魚だけど、デジイチの電池切れらしく、種子島トムさん、携帯での撮影会をしていた。尺はなかったけど、28pのいい型のイワナちゃんだった。

 

もう5時を過ぎていたので、すぐ上にある次の堰堤まで釣って終了。堰堤の下のプールでは、1匹追ってくるヤツもいたけど、それっきりだった。

帰りに白鳥の掛け軸さんのところに寄って、〆のコーヒーを頂き、本日の報告をした。牛道でも、どこでも、今日は、よく釣れただろうと思っていたけど、牛道ではそれほどでもなかったらしい。

という事は、本日は、まぁ、年に1回はあるという、アヒル倶楽部で言うところの「トムさん日和」っていうヤツだったようでございました。

めでたし、めでたし。