2013/04/21

 ワチガイ谷と言うことで・・・

 

4月21日() 今日は、ワチガイ谷です。初めて入る谷です。

昨夜からの雨はたいしたことなくて早くに上がってしまい、午前9時頃には西の空に青空も見え始めたので、行くことにしました。 10時前に支度して出発しました。

林道の入り口はわかったけど、細く頼りない林道だから、その奥がどうなっているのか、わからんので、入り口付近に車を止めて、林道の最後まで歩いて確認しに行きました。こんなところ、フィットシャトルで来るようなところじゃないけど、これしかないのでしかたないです。

ところどころの落石を片付けながら、林道の最終地点までは歩いて20分くらいでした。なんとかそこまで車で行けそうだったので、思い切って行きました。途中の渓相は うーん・・・。っていう感じだったけど、林道の最終地点から先は、なんとな〜く、よさげ でした。けど、谷は狭いです。

地図で見ると林道の先からは、杣道があることになっているけど、はたして今もあるのだろうか・・・。岩盤の谷らしくって、ミニミニ渓谷って感じ。

天気は快晴になってきたけど、チト寒い。支度をしていると、一台、車がやってきました。

釣り人です。

今から入るの? あれ〜、先を越されたかぁ〜。

杣道をずーと上流に歩いていって、入りたいけど、いい?

と、おっしゃるで、

花の写真も撮るので、ゆっくり行くから、奥に入ってもらっても、かまわないですよ。

って答えました。

それから、この先の事をあれこれと聞きました。杣道は左岸にあるけれど、ところどころ無くなっている。2.3、滝があったり、大きな淵がある。などなど・・・

 

入渓口付近はこんな感じ・・・

入ってすぐにアマゴが釣れたけど10pでした。そのあとまた釣れたけど10pでした。もうちょっと行ってまた釣れたけど10pでした。うしろを見たら、先ほどの人が立っていたので、どーぞ、お先に行ってください。と声をかけて先行してもらいました。

初めての谷で、小さいけど、深い谷だと、上流に、人がいるってのは、なんとなく安心?な気がしました。

 

落差5〜7メートルくらいの滝。画像にすると小さく見えるねぇ・・・

 

両側が狭くて大石、大岩の谷。あいかわらず10pから12pくらいのアマゴが釣れる。とりあえずこの谷の初アマゴなので、記念にパチリとやっておきました。

 

まわりを見渡して、何か、花がないか?って探しながらの、釣りです。

すると、フタバアオイを発見。これも初めて見た〜。感激! サバノオみたいなのがあったけど、これはどうもツルシロガネソウかもしれない。さらに進むと、今度は、ワチガイソウを発見! 図鑑では見たことがあるけど、実際には、初めてです。当然、撮影会。ワチガイソウは見たかったので、こんなところで出会えて、ラッキー。よってこの谷は、ワチガイ谷としました。

なんて事をやっているので、全然、進まない。

両側の岩盤が迫ってきて、ふと岩肌を見たら、イワウチワの葉が茂っていたので、花があるかも?って探したら2.3つ咲いていて、今年も、見ることが出来て、これまたラッキー。イワウチワはもっと早春に咲くので、最後の最後の残り花でした。

時々釣れるチビアマゴに遊んでもらいながら、花を見ながら、ゆっくりと釣行します。右から小谷が入ってきている所に出ました。そこでは、なんとイワナが釣れました。

だけど、このイワナ。ニッコウイワナの感じがする。長良川のヤマトイワナ系とはお世辞にも言えないなぁ。それでも、うれしいので、一枚、いただきました。

ここらあたりから釣れなくなって、足跡も見えたので、どうもあの人は、杣道を通って、ここらあたりから入ったようです。時間は午後2時半を過ぎていたので、お腹も減った。

帰ることにしました。

注意してみると、なんとなく杣道のようなのがあるので、それを頼りに出渓しますが、渓谷なので、その杣道がかなり上にあって、ガレガレのところもあり狭くて・・・でも、川通しで帰ることを思えば、楽ちんでした。

車に戻って、湯を沸かして、カップヌードルとパンを食べてたら、奥に入っていた人が帰ってこられました。テンカラをたしなむそうです。5.6匹キープしてこられて見せてもらったけど、イワナも入っていて、それは、ニッコウ系ではなくて、長良川のヤマトイワナ系だったけれど、1匹、どうも混血らしいのもいました。9寸くらいのイワナも釣ったけど、まだ痩せてガリガリだったので、リリースしたとの事。やはり二股から入って、右の谷へ入り、それから本谷に入ったとの事。あの急勾配の右の谷にもアマゴやイワナが住んでいるのは驚きですけど、奥へ行くと、意外になだらかになるのかもしれないなぁ。

遅い昼食を終えて、午後3時半。

このところ、日も延びて、午後6時くらいまで釣ることが出来るので、思い切って、シロネコ谷に行ってみることにしました。前回、掛け軸さんと入って、超貧果に終わったけど、あの先はどうなっているのか?それが知りたかったし、なんとか、リベンジしたかったので、行ってみました。

シロネコ谷の林道も、ドコン、ベコンしてるので、途中まで行き、そこから歩いて、前回、出渓した場所から入ってみました。

相変わらず、小さいけど両岸が狭まって、岩盤の谷だけど、最後に、岩壁でかこまれた7mx7mくらいの大きさのホールのような場所に出くわし、むこうから流れてくる滝を越えたら、そこは、だんだらりんの、優しい流れになっていました。どうも岩盤帯はここまでだったようです。

 

だんだらりんになって、しばらく行くと、やっとこせ、釣れました。アマゴです。18pくらいあります。これで満足です。 

満足ですと言いつつ、もう少し進みます。ですが、反応が無く、さらにチョロチョロになってきたので、シロネコ谷、終了です。午後5時半。

今日は、見たかったワチガイソウにも出会えて、楽しい一日でございました。でも、ちょいと筋肉痛であります。

ahiru_de_photo この日のお写真