2013/04/27

テフテフ谷は寒かった

 

4月27日() 今日はテフテフ谷です。

先週、先々週と、花がメインの釣行で、その時に、名前が特定できない、野草が2.3ありまして、再度のテフテフ谷、訪問であります。

前回、電池切れでボケた写真しか写せなかったので、なんとなーく、ミツバコンロンソウ?っていうやつと、大きい葉っぱの、キョが短い、タチツボスミレのよーなやつの正体がしりたい。それがメインの出撃なんです。

でも、もう1.2週間過ぎているし・・・ いまだに咲いているのかどうか・・・

とりあえず、行って見ましょう。

このところ寒の戻りなのか、異様に寒いッス。

そんなに朝早くに行っても、花は閉じているかもしれないので、現地到着を11時として、9時半くらいの出発にしました。

自宅あたりでは、気温は低いけど、快晴だったけど、現地では、曇っていて、なんと時々、小雨も降るし、吐く息も白いし・・・ 

2日前のまとまった雨でちょっと水位は高めだけど、それよりも、かなりの低水温。

テフテフ谷は、渓相はGood。AAA 

だけど、釣れねぇ・・・ 

橋からそっとのぞいただけで、あっというまに、逃げる。神経質さは、最上級だと思う。

10pクラスを2.3匹という釣果でした。

水面に出たがらないみたい。ものすごく早い。

まともなサイズも1匹出たけど、ヒットせず。水中でキラキラダンスを踊っていたので、てっきり、合わせ切れかと思ったけど、フライは付いていた。スレでかかったんだけど、ハズれて、キラキラダンスをしていたのかもしれないねぇ〜。キラキラダンスはアマゴがよくやるよねぇ。イワナは見ないけど・・・。ありゃ。なんだろうねぇ? ビックリしてパニックになっているのでしょうか?

で、水中勝負にして、ウエウットにしたけど、ダメね。アマゴなのに、ウエットに出てくるのは、石の下から出てくる。魚はどうも沈んでいるし、寝床にいるみたい。

2時間くらいやって、萎えた〜。

肝心の、目当ての花は、見つからず、もう、どこかもわからず・・・

2週間も経っていると、もうわからんね。

車に戻って、マルチャンの緑のたぬきを食べて帰りました。

というわけで、今回は短いレポになりました。