2013/05/04

深山の春はおそかった

 

5月4日() 山田伸チャが、「去年のワサビ採り&焼肉ツアーはよかった、よかった。また行きたい」などと言っていると坪さんから聞いて、それじゃぁ、行こうか?ってことになった。

去年は5月13日だったっけ?GW過ぎてから行ったよーな気がするんだけど・・・

でも今年は山菜は、早い って、板取のお方か誰かから聞いたよ。

んじゃ、行ってみるか!

てな会話をして、焼き肉の用意をして、ちょこっと釣りの用意もして。

で、行ってみたら、山は、まだ冬の眠りからやっと目覚めたって感じで・・・

 

ちなみに昨年は、

まぁも一週間日付は違うけど、今年はやっぱり、季節が進むのがおそいですな。

 

それでも、ちょっとは伸びている、ワサビをゲット。

 

それから焼肉するとて、石徹白へ。

石徹白の本流も雪代末期のような感じで流れも太くて、水も冷たい。あちこちに残雪。

ドライをやってみるけど、何も来ない。今年のハズカシフライを投入するも、何も来ない。

 

堰堤の上の浅瀬をやっと渡って右岸を釣る、坪さん。

そのあと右岸を行くが、水量が多くて、林道がある、こちら側へ渡るところが見つからず・・・。流浪の民となり、放浪〜。

やっとなんとか渡れるところを見つけ、事務局長がサポートして、脱出。

それから伸チャと合流。孤独に川虫を捕って、堰堤のプールを釣っていた伸チャは、25pのイワナを釣ったらしい。

らしい。というのは、そのイワナは、足下で落ちて、指さす、水たまりに逃げ込んだとの事。この水たまりのどこかに伸チャの25pのイワナがいるんだけど、探すにはちょっと大きい水たまりだったので、なかなか見つからず・・・ 釣ったという証拠が無いけど、

まぁ、そーいうことに、しておいてあげよう。って坪さんが言って、捜索終了。

坪さんが渡った、浅瀬で伸チャは2匹のイワナを釣っていて、これは、お昼の塩焼きになった。

アヒル広場に向かう車中で、伸チャが、

「あっ、釣ったイワナを置き忘れたかもしれん」って言うので、車を止めて、見てみたら、ちゃんと入っていた。

そして発進したら、

「あっ、リュックサックを置き忘れたかもしれん」って言うので、車を止めて、見てみたら、リュックサックが無かったので、

「しゃーねぇ。また戻るか」 って坪さんが言ったら、

「あっ、リュックサックはオレ、まだ背負っていた・・・」って伸チャが言って、笑った。

その後は、何事もなくアヒル広場に移動して、焼き肉を開始。

山での焼き肉は、うめぇなぁ〜。

これで満足で、そのあとの釣りもせず、帰宅。

採ってきたワサビを養生して、三杯酢と醤油漬けにして、おいしく頂いてます。

山の神様、ありがとう。