2013/05/06

市島大洞谷へ

 

5月6日() 今日でGWも終わりです。最終日は、おとなしく、明日からの、お仕事に備えて、休養を・・・って思っていたけど、午前中くらいは、釣りに行こうかな?って、思っちゃったりしたのが、前夜のお布団の中。

お昼までの釣りとなると・・・

そ〜だ、吉田川の支流の市島大洞谷ってのに行ってみよう。白鳥や高鷲に行くより、近いし・・・。って、行ったこと無いし・・・。どんな谷だろう。

という事で、市島大洞に行くことにしました。

午前10時くらいに現地到着。堰堤を越えて、未舗装のデコボコ林道をちょっと行ったところから入渓。↑ 

 

まぁ、埋まってダンダラリンっていう感じかな?両岸は杉の植林帯だけど、わりと杉林が手入れされているみたいな感じがするけど、間伐した杉とか、枝打ちした杉とかが、川に倒れていたり・・・。いい感じの自然林じゃないのが、惜しいですな。

最初は全然出なくて、GWのプレッシャーか?って思ったけど、それほど足跡も無くて・・・ アマゴいるのかな?って思ったけど、最初の小さい淵を超えたら、ちょっと出るようになったけど、これが掛からない。ピコって出るんだけど、どうも食っていないみたい。よくよくみると、フライの横でモグラ叩きのようにアタマ出してる。口を開けていないわぁ。

うーん・・・。これは、フライのサイズとか色とかが合っていないの?

という事で、とりあえずティペットも伸ばして、16番の見にくいのに替えたけど、結局同じ。出るけどかからない。どうもまだ、スイッチが入っていないのかな? さらにサイズダウンがご要望なのか? そうなると見えないのでツライっす。うーん、もっと気温も上がると、食ってくるかもね。っていう事に強引にもっていって、それじゃぁ、見にくいのはやめて、14番のパラシュートに戻しました。

1時間くらいして気温もあがってきたら、ヒットするようになりました。よかった、よかった。15pくらいだけど、市島大洞での初釣果なので、記念撮影。きれいなアマゴです。

気温が上がるにつれて、ハッチも見られるようになって、時々、ライズも発見したりして・・・

大きめの淵で、14番のパラシュートが流れたあとで、ライズしたヤツがいて、ちょっとムカついた。それで、何年ぶりかで、7Xっていうのを結んで、18番のライトケヒルみたいなのにして。

レーンに乗せて。

はい、一発で出ました。

狙って、しとめたヤツは、ちょっと快感だけど、いかんせん、小さいわぁ〜。残念。

そのあと、出ない区間があって、小さいのがやっと釣れて、もうすこし進んだら、倒れた杉の木の下から18pくらいのが釣れた。

18p程度のくせに、ちょっとひねくれた顔をしているアマゴちゃん。お年寄り???かも。

ダラダラと進んで、午後1時半になっちまった。

釣れたのはたぶん10匹以上だと思うけど、サイズがねぇ・・・。12p〜18p程度でした。

今日は午前中だけのつもりだったので、弁当も持ってきていないので、これにて終了しました。

杉林の谷だから、全然、花もなくて、ちょっとつまらなかったですな。もっと奥へ行けばどうかわからんので、また機会があれば、行ってみようかな。