2013/08/31

Q7と行ってみる 

 

8月31日() わたくしごとで申し訳ないですが、この度、PENTAX Q7という小さいミラーレス一眼を買ってしまいました。これが、どうしてコレを買うに至ったのかがよくわからないというか、そのキッカケがわからん。つまり源流がどこなのかわからんよーなもんです。気がついたら、キタムラカメラに行っていました。たぶん猛暑、酷暑が長いこと続いて、脳みそが熱暴走したのではないかと・・・

買ったので撮したい。

しかし、台風が九州の向こうあたりにいるし、秋雨前線がどうのこうのって、まぁ、つまりは、岐阜の山奥でもいつ雨が降ってくるかわからんような、天気なんですが、買ったからには撮したいんで、出発となりました。

掛け軸さんにも、見せたいので、掛け軸さんを連れ出す事にしました。ライズしてもらうには、それなりのプレゼンがないといけないので、マイブームとなっているイナバのタイカレーと、自家製ナンをご馳走しましょう。という事で朝早く起きて、強力粉にアレコレいれて、練って、ダンゴにして、ナンの生地を作って出かけました。

毎度ですが、掛け軸さんには、前日のアポも無し・・・。最近の渓の状況からすれば、活性も低いだろうから、たぶん白鳥の工房の淵でユラユラしているだろうという事で9時20分にポイントに到着してみると、ユラユラしてましたので、これまた毎度のコーヒーをもらって、Q7を買ったという話をして、毎度のクマの話をして、余談ですがとうも荘川ではよくクマが出没しているそうな・・・ それと、船長さんに起きたカメラ事件を聞いて、ありゃまぁ〜って思いました。

掛け軸さんは、川は渇水で釣れんだろうし・・・って本日は行かないつもりでいたそうですが、イナバのタイカレーは食べたいので、同行してくれることになりました。

さて・・・どこへ行きましょうか?

どこでもいいっすよ。

そーですよねぇ。こんな状況だと、あまり見込み無いだろうし。だったらどこでもいいですねぇ

んじゃ、ここから一番近い、牛道の奥っていう事でいいんでないですか?

雨もいつ降るかわからんし・・・牛道の奥なら橋の下で、宴会やれるし・・

って事で事務局長のシャトルで出発〜。

途中、白鳥町の失敗作のおみやげ売り場を横目で見て、その先の道の駅で、漬け物とおにぎりを買って、ほどなくして、現場到着。ここへは、いつ来たのだろうか?ずーと来ていない気がするけど・・・

あつい雨雲があちこちにある。いつ降ってくるかわからん。カッパをベストの後ろに入れます。台風からの湿った空気なのでしょうか?蒸し蒸しします。谷は渇水です。どっぴーカンで渇水だと、さもあらん・・って思うけど、なんか雨が降ったり止んだりしているような感じなのに、渇水の谷を見ると、変な感じします。谷の水は冷たいので、湿った暑い空気が冷やされて、少し霧のようなのが出てます。

釣れるような感じは・・

ぜんぜんしない〜

あ〜Q7の初仕事なのに・・・ 暗いし、雨降りそうだし、見込みなさげだし・・・。

おもちゃのような、03 Fish-Eye レンズ。MFだし、絞りはF5.6の固定だし、でもまぁ、おもしろいレンズやね。F5.6 1/4 ISO200 ISOをオートにするのを忘れた〜。

掛け軸さんは、16番くらいのドライで、事務局長は、例のハズカシフライっす。ここらか↑入渓してしばらくは、ゴルジュっぽい渓相が続きます。よけいに暗い〜わ〜。

ドライにもハズカシフライにも、反応はありましぇ〜ん。逃げる魚も見あたりません。お盆の頃にいた渓流イボガエルも1匹もいませんし、野鳥も鳴かないし、当然、虫も飛ばない。シーンと静まっています。

しばらく釣り上がりますが、状況は変わらず・・・

ゴルジュぽいところを過ぎて、ちょっと明るい渓相になったので↑ 期待しますが、まったくダメ・・・

ハズカシフライを止めて、ここは一発、大きいフライでも・・・って8番のエルクヘアーカディスにしましたら、やっとこせ1匹、反応がありました。それは大きいフライにしたからか、はたまた、たまたま魚が居たのかはわかりませんが、釣り開始から1時間以上経過しての初めての反応に、喜んだけど、その後は、やっぱり、さっぱり。

さらに進んで、もう一度反応あり。その上のポイントで、釣り上げたけど、フックが外れて、さようなら〜。まぁ小さかったけど、それでも最後のチャンスだったかもしれんので、くやしい。

そのあと、やっとこせ、1匹釣りました。15p無いっすねぇ・・・。

牛道のイワナは黒いです。墨を入れたみたいに黒いです。暗い谷だからでしょうなぁ・・・

 

掛け軸さんは、ドライからウエットに変更。2.3匹反応したらしい。

それから掛け軸さんが、イワナをぶら下げてこっちに来た。やっぱりウエットか?って思ったら、ハズカシフライのチョビスケちゃんだったのでピックリ!

いいなぁ〜。それくらいのサイズでいいんだよ。何も25p以上でなくてもいいんだよ。

んじゃぁ、オイラにも幸運が来るかもってハズカシフライにしたら、1匹、アタリがあったけど、フッキングしなかった。残念〜。

チョビスケに負けた〜。くやしい〜。

ドライで釣ったら、別にどってことないけど、ハズカシフライで釣れると、妙にうれしいので、掛け軸さんは、余裕でニコニコしていて、「どーぞ、どーぞ、先に釣ってくださいな、わたしゃ、もう今日の釣りは満足しましたから・・・」って、くやしい〜。

で、先に進ませてもらうけど、やっぱり釣れなくて、大きいドライにしても釣れなくて、腹減ったし、のども渇いたし・・・。

出渓ということになりまして、杣道を伝って車に戻りました。

 

雨が降ってきたので、下流の橋の下に移動して、ちょいと遅いお昼ご飯にしました。

冒頭でもご紹介しました、イナバのタイカレーと事務局長お手製のナンちゃってナンです。

左から、イナバのタイカレーのグリーン。レッド、そしてナンちゃってナンです。左上にちょっと写っているのは、掛け軸さんのケイちゃん。中央上にあるのが、ゲンキーで売っている安いビールだそうな。60円以下らしい。

毎度の事ですが、ナンを平らげてもまだカレーが残るので、今回は、それを使ってチャーハンにしようという試みです。それで来るときに、おにぎりを買いました。

おにぎりをフライパンに入れて炒めながらほぐして、そこに残ったタイカレーを入れて、炒めますと・・・↓

タイカレーチャーハンが出来ました。初めての試みですが、

掛け軸さん曰く、

これが一番 う・ま・い!

そーな・・・ 

事務局長、今回の手作りナンはかなりの高得点だったと思ったけど・・・。おにぎりに負けたのは、ちょっとショックだった。

しかし我ながら、よいアイデアだな。今度はうどんでタイカレー焼きうどんとかやってみよう。

タイカレー食べて、コーヒーを煎れて飲んで、まったりしたら午後3時も過ぎていたので、これで終了としました。掛け軸さんを工房に送って、事務局長も156号を南下して自宅へ帰ります。

 

が・・・

 

なんか物足りない。

うーん、うーん、うーん

ということで、古道川の奥に到着したのは午後4時。渇水しているか?と思ったけど意外に、水がありました。水面から霧が出ていて、ちょっと幻想的ですな。ドライに反応良くて、3.4匹釣れました。

もっとサイズアップするかな?と思っていたら、雨がドドーと降ってきて、終了〜。

久しぶりの渓流で、なんか、ヒザがガクガクして、筋肉痛です。