2013/09/07

雨でした 

 

9月7日() 基本、雨の日は釣りません。そりゃ、昔は土砂降りでも釣りに行ってました。まぁ、そんな頃はネットも携帯も無かったので、釣り場がどういう具合なのか解らないので、とりあえず走っておりました。行ってみると、雨天で増水なんてものざらでしたが、そのまま帰るわけにも行かず、竿出してましたねぇ。

本日、天気予報では、日中は曇りで、午後5時くらいから雨模様。なんていう事だったので前日から行くつもりでおりました。先週、掛け軸さんと釣ったとき、彼が事務局長のお車に忘れ物をしたので、それを届けるというミッションもあったわけで・・・

「おはようございます。アヒルの宅急便です。」

「ども、ども。」

てな具合で、白鳥の掛け軸さんの所に、9時10分くらいに到着して、ブツを渡して、コーヒーを頂いて、

「今日は行かないのですか?」

「行きますよ。」

「アヒル谷なんてどうでしょうか?」

「いいっスねぇ〜」

というような会話をして、先週と同じく事務局長さんのお車に荷物を積み込んで、工房を後にしたのが、10時くらいでした。

156号を高鷲に向けて走り出し、白鳥のゲンキーを過ぎたあたりで、雨が降ってきた・・・。なんで?? 今日は夕方から降るんでないの?と、携帯を取りだしてレーダーアメダスのサイトに接続してみたら、九頭竜から白鳥・高鷲くらいに、雨雲があって、5ミリ〜10ミリくらいの強さで降っていることが判明。

「こりゃ、いかんですなぁ。雨降りは釣らないというか釣りたくないんですよねぇ。」

「同感です。」

「アヒル谷に行っても、雨でしょう、このレーダーアメダスの画面を見れば、東に逃げればなんとかなるんではないでしょうか?」

って言うことになって、予定していなかった、ハズカシ谷まで足を伸ばすことになりました。

 

さて、ハズカシ谷に到着してみたら、予想通り、雨は霧雨程度で、こりゃ、こっちへ来て正解だったよねぇ。って思って、支度をしていたら、雨が降ってきた・・・

だいたい天気ってのは、西から東に変わってくるんだから、ハズカシ谷に逃げても、到着した頃に、九頭竜上空にいた雨雲が、こっちにやってくる。っていう、後から考えたら、そりゃそーだ。になるけど、こんなに早く来るとは思ってもいませんでした。

でも、まぁ、このあたり、どこへ行っても、雨だろうから、覚悟を決めました。

先だっての雨で平水よりちょっと増水してます。ここの渇水は釣れないので、このくらいがいいんでないか?って事務局長は大きめのドライで、掛け軸さんは前回のチョビスケ(完成型)赤テール。

で、先に釣ったのか、事務局長で

先週、実戦投入したPENTAX Q7で撮しますが、また今回も雨の中で、神経使います。18番のパラシュートより小さいくらいのセンサーなのに、ホント、よく撮りますねぇ。それになんか撮していて楽しい。

 

さらに進んで、もう1匹。

しかしまぁ・・・雨の中の釣りというのは、かなわん! 竿にラインやリーダーはくっついてしまうし、ドライフライはすぐ沈むし、偏光グラスも曇るし、水滴が付くし、ベストから何か取り出すときも、いちいち、めんどくさいし、袖元や、襟元から、雨が入るし・・・。一番、カメラが困るし・・・。

でも、土砂降りの降り方ではないので、助かっていましたけど・・・ 時々、小降りになって、このまま、上がってくれないかなぁ〜とか思うけど、そのあと、また、降り出して・・・を繰り返すような天気でした。

掛け軸さんはチョビスケを使って、2.3匹の追いとアタックはありましたか、ヒットには至らず。途中で、ドライに変更して事務局長と同じようにイワナを2.3匹。その間は事務局長はハズカシフライで攻めますが、(ここで釣れば先週の牛道の借りが返せる)これまたヒットには至らず。

 

この先で↑で、出渓。これ以上行くと、林道が離れて上の橋まで行くことになってしまい、あと1.2時間はかかります。腹減ったし、ノドもカラカラです。

 

車に戻り、橋の下に逃げ込んで、昼食です。今回はインスタント物で・・・時々、イワナがライズするらしく、掛け軸さんは3回ほど見たけど、事務局長は1回も見れなかった。

雨はそれほどひどくは降っていないけど、カッパを着ないと釣りは出来ない。

昼食後はどうしましょうか?

西から来た雨雲なんだから、今度は西へ行けば、小降りになっているかもしれない。ってんで、ハズカシ谷はこれで終了として、六厩の小谷へ行くことにしました。

六厩に近づくにつれて、雨も小降りになり、いい感じでないの?って思っておりました。

掛け軸さんの案内で、小谷の近くまで車を入れて、さぁ、釣りましょう。六厩のヤマメのようなアマゴのようなのを久しぶりに釣りたい。って入渓したとたんに、

 

ザー・・・・・・

って本降りになっちまった。

なんてアヒル倶楽部らしいんだろう・・・

それでも掛け軸さんが、六厩ヤマメを釣って、いいなぁ・・・って思って、事務局長もズンズン進んだけど、フライは沈むし、雨は一段と強くなるし・・・で、

100メートル進んだか?っていうところで、

降参しました。

高速の橋の下で着替えをして、白鳥の掛け軸さんの工房に到着したのが午後4時くらいでしょうか・・・

掛け軸さんとお別れして自宅に戻ったのが午後6時で、またまた、はやいねぇ〜って言われました。

明日、掛け軸さんは、船長さんと師匠さんとで、庄川今シーズンお別れ会だそうな・・・。雨らしいけど・・・

なんか明日も、行きたいなぁ〜

毎年のことだけど、9月にはいると、焦ります。

ahiru_de_photo この日のお写真