2014/08/03

新作のテストだったけど・・・

      

8月3日() 先週は猛暑で、お休みしたので今週はでかけました。

ハズカシフライの新型のテストがおもな目的です。

いつもだと午前8時くらいに出発してだいたい午前10時か半ころに入渓っていうパターンが多い。毎年の釣行記を見ると、猛暑の頃は、それでは遅い。ってあたりまえだけど・・・。で、まだ気温水温の低い入渓時にちょっと反応して、その後、気温、水温とも上昇するにしたがって、活性も下がり結局はじめの1.2匹で終わり・・・というパターン。要するに、もっと早くに入渓してサッサと釣って活性が下がってきたら帰るのがいい。

ということで、本日は午前6時の出発です。まっふつう午前3時出発で午前5時着。ってのがあたりまえだけど、そりゃ昔はそうしてたけど、今じゃそんなことやったら、1週間廃人ですがな。

ということでがんばって午前6時出発〜。

現地到着は午前8時ちょい過ぎ。涼しいわ。気温22度。で・・・ 霧雨です。暗いわ〜。別にこんなんだったら、もっと遅くに出てきても良かったかもしれん。あー眠いわ。6時出発だと5時に起きてアレコレしたもんね。

とりあえず新型を投入〜。  感じとしてはいい感じですけど・・・

時々、反応します。が、追尾の途中でお帰りになる。からんでこないです。追尾の途中であわてて帰るのはどうも、こちらの姿が見えたから、ロッドの影が見えたから? でも岩陰からやっても同じようだから、そればかりではないけど、神経質は神経質だな。渇水で狭く浅くなっているから無理もないけどね。ちょっといいポイントからは反応無し。クモの巣も無いので、よく釣り人は来ているんでしょう。

1時間くらい新作をやって、なんとか1匹↓ つきあいのいいイワナが釣れた。

 

このまま新作を続けてもコレといって変わったこともなさそうなんで、ドライフライをやった方がいいんでないの?って思い、何ヶ月ぶりかでドライフライを結びます。

 

いや〜新鮮だわ。ドライフライ。パコパコ出るわ。

 

ってことも無く・・・ しばらく浮かべていると、岩陰から、そーとやってきて、パクッとやるけど食いが浅い。フライは沈まずそのまま。するともう一度食べに来る。っていうトリックを使うヤツが2.3匹。パクッてやる寸前でやめて、帰るそぶりを見せて、それから追いかけてきて食べるヤツが2.3匹。そのイワナのだましにひっかかって、合わせてしまうとそれっきり。

フェイントを我慢してフライが消えたのを確認して合わせると↓釣れる。まっそんなフェイントをやらないチビスケなら何匹か釣れたけど・・・。

 

 

釣れるイワナのお腹が黄色くないなぁ・・・と思っていたら・・・

出渓の堰堤の下で釣れたのは源流のイワナっぽくて、オレンジ色の斑点がやたら赤かった↑ので、パチリとやりました。3匹くらいいたんだけど、結局この1匹しか釣れなかった。ヘタクソだわ。

終わったら午前11時でした。ずっと霧雨というか雲の中にいたような。モヤっていて幻想的な森の中だったけど、後ろでゴソゴソいうとビックリするね。だいたいカモシカだけどね。

 

帰りに種子島トムさんに出会ったよ。久しぶりだな。ひょっとして今年初めて?かもしれんね。

 

ahiru_de_photo この日のお写真