2014/10/11

番外編 スモールマウスバス

      

10月11日() とらうお方が夏にQ湖なるとこでブラックバスを発見したのが始まりです。Q湖は水質抜群というか流れ込んでいる河川に人家がほとんどないんで、こんな場所に生息するブラックバスは旨い!であろうと・・・とらうお方も同様に思ったらしく2.3回のチャレンジで首尾よくしとめて、渓流お別れ会のメインディッシュとして、ムニエルにされてふるまわれ、掛け軸さんはじめ、「こりゃ、美味だわ」って。

アヒル倶楽部総統閣下(って誰?)のダック鈴木(ひさしぶりのお名前登場ですな)に話したら、ぜひ釣ってくれ。食う!っていうので、そんなもん、ブラックバスやろう・・・ 渓流フライのついでに簡単に釣れるわさ。って思ったけど、甘かった・・・。

と気がついて、一応、そのQ湖のブラックバスについて調べてみたら、スモールマウスバスってヤツらしい。こいつは低水温にも強くて流れのあるところも平気で・・・ウンヌン。こりゃ、いかんでないの?アマゴやイワナの稚魚が食べられちゃうじゃないの?たとえば庄川とかで、やった〜って思ったらスモールマウスバスだった・・・って事になるのは、考えても、「嫌や〜」

で、Q湖で平成19年だかに初めてコクチバス(スモールマウスバス)が確認されてから、漁協も県も「えらいこちゃ」って今では年に数回、刺し網を入れて、駆除に乗り出しているっていうではないですか!

ということは、コクチバスを釣って食べてやれば、漁協も喜んで、ダック鈴木も喜んで、イワナもアマゴも喜んでもらえるという事だよね。コクチにゃ罪はないけど・・・

渓流シーズンも終わって手持ちぶさたなんで、とりあえず1回は行ってみようということです。

一応、トラウト用のスピニングロッドも持っているし、アブのリールも持ってるモンね。いつ使ったか忘れたけど・・・。海でエギ投げたあれが最後かな・・・ スプーン各種も持っているけど、ミノーは持っていないんで、ミノーを購入しようとしたけど、もう行かないかもしれないんで、それ相応のお値段のするヤツはチト手が出ない。

そんな時、ネットで知ったのは100円ショップ・ダイソーにミノーがある!っていう話。そんでもって、動画サイトでそのダイソー100円ミノーでコクチバスを釣っている。こりゃ買うしかあるまい。てんで、↓

一応、棚にあったのをチョイスして買ってきた〜。100円だよ。税込み108円。なんかスゲーなダイソー。エギもあったわ。ワームみたいなのもあったし・・・。ジグヘッド?もあったような・・・

と、ここまでは、なぜに?どうして?コクチバス?でした。

 

で、この3連休、台風が来るってんでその前に行ってみようっかな?で午前8時半出発〜。一応、フライマンの端くれの端くれなんで、シューティングロッドとスペイロッドも搭載しました。

順調に進んで午前10時ちょい前に掛け軸さんの所に寄りました。ちょっとお仕事みたいな事?されていましたけど、横を向いたら、ハズカC45の量産体制を目撃!来年の分らしい。タジタジ。

もう来シーズンのテフテフ谷の鶏団子鍋ツアーまで会うことはないだろう・・・と思っていた事務局長が突然来たのでビックリ。とりあえずコーヒーを出してもらって、これからQ湖へ行く。と話せば、ヒマヒマしてるんで同行してくれることになりました。うれし〜い。でも掛け軸さんってルアーの道具あるの?って聞いたら、何をおっしゃいます!あたしゃ、九頭竜川でサクラマスをヒットさせた事があるんですよ。船長さんも師匠さんもボーズだったけど、あたしゃヒットさせたんですよ。それにミッチェルのリールだってありまっせ。と、力強いお言葉。感激いたしました。ちなみに釣り上げたという訳ではないらしい・・・

それじゃあ、コクチ退治に行きますか!ってんで、Aコープっていう農協がやっているスーパーでお昼の用意と缶ビールを調達してQ湖へ。

 

Q湖到着〜。とらうお方が釣られたところとは違うけど、一応ネットで調べた結果、ここらあたりもいいんでないの?(ひょっとすると全然ちがうかもしれんけど) 外来種がどうのこうのって書いてある看板もあるし。(あとで聞いたけどそれはいたるところにあるらしい) とらうお方が釣られた所なら実績もあるけど、寂しいところで、クマがねぇ〜。とか言ったら、掛け軸さんが、この奥にもクマ棚があるよ。クマ見てみたいわ。って、野生のクマみてみたいけど、出来ることなら、向こう岸の写真が撮れるようなところがいいな。今年は山の木の実が不作らしくって、白鳥町でもあちこちで目撃されているらしい。

ドッピーカンで暑いです。当然木陰もないし・・・。向こうの方で鯉ねらいの方がいらっしゃいます。のどかです。缶ビールのみながら、ロッドをセットしてダイソーの108円ミノーのをぶん投げて、リトリーブ。ぶん投げてリトリーブ。しばらくやって、ミノー交換して、以下同文

飽きてきます。

飽きたら缶ビールです。Aコープで買ったイカとミョウガの「かき揚げ」はうまかった。アナゴの天ぷらピリ辛ソースもうまかった。甘エビのカラアゲもうまかったわ

そしてまたダイソーの108円ミノーのをぶん投げて、リトリーブ。ぶん投げてリトリーブ。しばらくやって、ミノー交換して、以下同文

飽きます。

で、足元のヌマチチブっていうハゼの仲間(いっぱいいます)にちょっかい出して遊びます。そしたら釣れちゃった。というか引っかかったんだけど・・・

流れ込みの方に掛け軸さんが行って、コクチバスらしき魚影を発見したようで、行ってみたら、なんか30pか40pくらいの妙に黒いズングリとした魚影が3.4匹みえる。コクチバスの大きいのは黒いって、ネットで見たので、ありゃコクチバスだろう・・・ってことになって、投げまくりますが、チラっと興味を示すだけで終わりでした。あと60pくらいの鯉とニゴイが数匹いました。みんな、まったりとしてました。

ちなみに、ラージマウスバスは障害物とか物陰を好むけど、コクチバスは回遊性が強いって書いてあったんで、どこからか来て、行き止まりのバックウォーターでUターンするところだったのかも・・・。戻っていくであろうルートに投げまくったけど、その後、なにも起こらず。ウグイやハスでもいいから、何か釣れるとやる気になるんだけどねぇ〜。

まっ、ドッピーカンの午後2時はあかんのかもしれんね。夕方とかいいかもしれん。

時々、小魚の群れがやってきて、ライズするんで、フライマンの端くれの端くれとしては気になってしまいます。ありゃワカサギかな?って掛け軸さんが言うけど、日中にライズするとは思えん。日中は深いところにいて夕方から岸辺にやってくると思うんだけど、ワカサギは・・・ それにQ湖ではワカサギがいないと思うけどな。調べたら過去に調査で数匹の確認はあるけど、福井の湖産のアユにまじって入ったと思われる。繁殖は確認されていないっていうのが報告書にあったんで、この小魚はシロハエ?ぽいな。こんなにワカサギがいたなら、ワカサギ釣りが来てるよね!

ライズみると釣ってみたいが道具がね・・・って思っていたら、そーだ、バックにミッジボックスがあったよな。(シーズン中に使うベストには入っていないけど・・・汗) で、13Ftのスベイロッドにシューティングヘッドのフローティングラインをつけて、さすがにミッジ用のティベットは持っていないので6Xをつけて、20番くらいのパラシュートを結んでキャストー。2回ほど出たけど、かからなかった。

絶対釣ってやるって思ったら、風が吹いてきて、波立ってきて。そしたら小魚の群れもライズも無くなってしまいました。(哀れな13Ftの我がロッド・・・↓)

もー撤退だわ。

午後2時45分。Q湖をあとにしました。

もう一度行く?釣れるんなら、フライロッドでやってみたいな。スモールのファイトはラージの2倍らしいし・・・。おいしい魚だし・・・