2015/04/18

 ハシゴ釣り?

 

4月18日() なんとか釣りに行けるので行きました。まだ本調子ではないけど・・・。仕事は無理しちゃいかん!体が資本。と言って休みますが、釣りは、人間、明日はわからん。行けるときに行くべし。悠々として急げ。ウンヌン・・・ と言って行きます。

何処へ行こうか?  と思いながら毎度の156号を北上。

さくらネイチャー・マラソンらしい。まだ郡上には来ていないみたいだけど・・・

美並では毎年恒例の、鯉のぼり。それのワイヤーをかける作業?をしているようで、な〜るほど。そうやってやるのね。

長良川は水位は落ち着いているみたいですが、雪代のようにちょっと青いわ。

前回の続きで、とりあえず大間見川。趣きもないけど、前回、釣れなんだから、俗に言うリベンジってヤツですねぇ・・・。

午前10時半に到着。晴天なれど、風強し。んでもって寒いッス。ボチボチ支度して、目の前から、レッツ・ゴー。ふと見たら、なんか大きい青いシート?を持っている二人組が歩いてきた。餌釣りさん?と思ったけど、彼らは、小さな谷へ入っていった。よく見たら、その大きな青いシートのようなのは、巨大なタモだった。どうも、ギフチョウが目当てらしい。ギフチョウって採取してもいいんだろうか?

まっ餌釣りさんでなくて良かったわ。

と思って前を見たら、餌釣りさんがいた・・・。この大間見川は護岸の川なので、餌釣りさんはやり易いね。対岸まで届くような長竿なら、こっちの護岸の上から釣れるよな。川が小さいから、餌釣りさんは、落ち込みとかドン深とか堰堤のプールとかしかやらないから、こっちとしてはあんまり影響ないでしょうな。反対にフライが先行者だと、餌釣りさんは悲しいだろうな。最近じゃフライロッドもスイッチかなんか知らんげと、長くなっているけど、それでも護岸から釣れるほどじゃないんでどうしても立ち込むし、接近するから、後攻の餌釣りさんは、苦い思いをするでしょうな。

とかなんとか思いながらキャストしてたら餌釣りさんも気がついたようで、(この人、事務局長が支度しているときに車で通っていった人、いわゆる頭ハネをしたんだけどね) さっと上流へ行ってしまった。まっ、その先は浅いヒラキが続いたからだと思うけど。

そうそう、とりあえずドライです。寒いです。水も冷たいです。足が冷えてジンジンします。それと向かい風が強いんで困りました。

まったりしたところからはカワムツが・・・ 3匹釣りました。カワムツ釣ったのは久しぶりです。1匹小さいアマゴが来たけど帰って行きました。

1時間ほどやって、退却〜。あんまり反応無いわ。昨夜、とても冷えたのがイカンかった?魚に聞かないとわからんけど・・・・餌釣りさんは釣れたんかな?釣れるのが深場の底だとすると、こっちは苦しいわ。ハッチもない。全然、虫が飛んでないモンな。ワクワク感が無いな。

グチばかり・・・

ナニするにしても風が強いのが困る。

で、小間見川へ行ってみます。小間見川は途中から禁漁です。たぶんお寺の先あたりだったかな?

こちらは風も強くなくて、ほんと春の小川って感じで、ほのぼの〜する感じ 

ここなら小さいアマゴちゃんに遊んでもらえそうな気がする。病み上がりの体にゃ、これくらいがええわ。ウキウキしながらキャスト。すぐに出たけどかからなかった。うんうん、いいんだよ。まっそのうち釣れるでしょ! うふふ。

 

しかし、その後は・・・

あかん・・・

釣れん。出もしない・・・

どーなっとん?

 

大間見川の支流、小間見川の奥には天然記念物が居ます。こいつです。60pか、もう少しあるかな?ちょっとビックリしました。オオサンショウウオがいるから、ここは護岸されないのか? 他県の他所ではこれがいても、適当にやっちゃっているところもNHKで見たけど・・・。コンクリートの護岸に横穴つけて、これでオオサンショウウオも住み家が出来て、こっちは護岸工事できて、万々歳。っていうのを昔々見たよーな気がする。長良川本流にも普通にいたけど、今でもいるんかな?本流釣ってないからわからんわ。

そーいえば、アヒル倶楽部では、オオサンショウウオを見ると釣れないというジンクスがあったよーな気がする。

そのサンショウウオの横にはカメが甲羅干しをしてた。おおー、久しぶりに見る日本のイシガメさんじゃないの!最近近所で見るのは、キモイお顔のアメリカニシシッピのカメさんばかりだもんな。イシガメさんナイーブだから、すぐに逃げたのを捕まえて、記念撮影をお願いしました。 

そーいえばアヒル倶楽部では、サンショウウオとカメをセットで見ると、不幸が・・・っていうのがあったよーな。アヒル倶楽部HPのサイト内検索で山椒魚とかやって検索してみ〜や。

 

前の橋を見たら、黒いネコがこっちを見てた。 親子みたい2匹いる。

こっちはずっと釣れないんで、アセアセ。ネコといえども釣れないところを見られているってのは・・・ なんか焦るわ〜。しばらくしたら、行ってしまいました。「おかあちゃん、あの人、ちっとも釣れないニャー」 「かわいそうだから見ちゃダメニャー」 

 

ネコの橋からさらに上に行ってまもなく禁漁区かも?ってところくらいで、う〜。ギブアップ。腹減ったわ〜天気も良くて、昼前から気温も上がって暖かくなって、水もゆるんで、なんで釣れないの?

まぁ、そ〜いう事もありますわな・・・

トボトボと帰り道。ニリンソウが気持ちよさそうだったので、一枚いただきました。

 

さて・・・ これからどーしようか?

毎年恒例のテフテフ谷へ花を探しに行こう。とか思ったけど、あそこも釣れないモンなぁ・・・ 思案の結果、そーだ、白鳥のハズカシ谷へ行ってみよう。と思いつき、車を走らせました。

白鳥ハズカシ谷に到着したら、2.3台の車が・・・。愛知県のナンバーばかり。ガッカリ。この谷で釣り人に遭遇するってのは未だ無いんだけどねぇ・・・。小さい谷だし行程も短いんで・・・ダメだわ。行くところが無くなった。とりあえず、昼ご飯にしようか・・・とか思っていたら、大間見川で見たような、大きな青いタモを持った人が・・・。なんだ、ギフチョウのマニアの人たちだったのね。

お昼ご飯を頂きます。毎度のカップ麺。しか〜し、コンロを忘れた。とりあえずポットにお湯を入れてきたので、それで作ったけど、麺はいわゆるシコシコになりました・・・ははは。やっぱりアツアツの方がいいね。缶ビールも頂いて、しあわせ。

さてさて、ちょっとまったりしたところで、釣ってみます。ドライです。ここのところ、おかしなフライ?にのめり込んでいるんで、ドライのボックスの中は出来損ないばかり・・・。いかんなぁ巻かないと・・・

すぐに反応有りました。ここはアマゴの谷だからチビアマゴだろう。

そのあと、釣れたのは、なんとイワナでした。痩せ痩せのチビ・イワナ

でも今日の初物だし、今年の初イワナなんで、とりあえず、一枚。これでボーズじゃないモン。となると気も楽になって、この付近で一番大きな淵にハズカシE型を入れてみたり、ウエットにしてみたりして、余裕です。たった1匹。小さいイワナで余裕になれるのはエコだな。

 

ウエットで10pのイワナを釣ったけどウエットの威力はあんまり感じなかったし、ドライの方がおもしろいんで、またドライに戻して、を釣りました。

初めのよりは多少大きいけど、こいつも痩せ痩せだわ。ちょっとニッコウ・イワナの感じがするなぁ・・・

 

ショウジョウバカマが咲いていたので、一枚頂きました。春一番のオウレンも咲いていた。あちこちに融け残った雪の固まりもあるし、今年の春はなんか変だね。これではギフチョウも羽化しても蜜を吸う花もないんじゃないの? これにギフチョウが止まっているとメチャかっこいいんだけどな。

 

アマゴが釣れると思っていたのに、イワナだよ。アマゴどうした? とグチっていたら、やっとこせアマゴさん登場です。砂で埋まっているんで、体色も白い感じ。アマゴは痩せておらずイワナとは対照的でした。

谷も小さくなって、出てくる魚も稚魚っぽいのになってきた。そろそろ終わりです。

時刻は3時半。

よし!テフテフ谷へ行こう。運が良ければミツバコンロンソウが発見できるかも・・・

白鳥町の156号に出たら、ちょうどサクラネイチャーランのランナーが走っている。沿道では、声援を送る156号沿線の方々。それはずーと続いていて、大和町〜八幡町でも。彼らは金沢の兼六園まで行くんだよね。明日は雨らしいよね・・・

 

テフテフ谷に到着は午後4時ちょい過ぎ。

釣り人らしき車が1台。ひょっとするとギフチョウハンターだったかもね。奥の橋から林道が曲がるところまで。花を探しながら・・・。 

釣れる気はしないんで、ハズカシE型を投入。淵でハズカシE型を追う黒い影が・・・割と大きかったなぁ・・・足元まで来てからんだけど、ちょっとの感触を残して帰って行っちまった。

さらにその上でも2匹反応したわ。こちらは小さかったけど・・・

ちょっと気をよくした。ヒットさせてみたいわ。フッキングがどうかはまだ未確認だもんなぁ〜。

で、肝心の花だけど、ミツバコンロンソウはありませんでした。春のテフテフ谷は花がいっぱいで楽しいんだけど、今年はダメだなぁ。去年の大水の影響があるみたい。ハナネコの咲く谷も入ったけど、たくさんあったハナネコは1株だけになっていた。悲しいわ。シロガネソウも去年はたくさんあったけど、今年は2つ見ただけ。でもオオバタチツボスミレのような大きい葉のタチツボスミレのようなのは咲いていた。もう終わりかけだったけど。やっぱり普通のタツチボスミレは今が盛りという感じなのに、花の咲くのがこれは早いから、やっぱりオオバタチツボなのかな?でも岐阜県には無いんじゃないのか?まっいっか。イガリマサシさんに聞いてみようかな。なんちゃって〜 日本海側にあるというテリハタチツボらしきのもあるし。この谷はおもしろいわ。釣れないけど・・・。

終了したのは午後5時も過ぎたころ。ここでウェーダーを脱ぎました。

いやいや、今日はハシゴしたわ。楽しかった。サンショウウオとカメを見たけど、ちょこっと釣れたし、何事もなかったんで、よかったわ。

 

長文のおつきあい、ごくろうさまでした。